[ 今注目のキーワード ]  キュレーター大募集! │  ハ・ソンウン日本単独コンサート決定! │  韓国ドラマ視聴率ランキング │  公式キャラクター“コアリちゃん”LINEスタンプ販売! │ 

KOARIへようこそ!

ゲスト 様

サイト内の商品について
CDやDVDをはじめ、すべて正規品を取り扱っておりますので、ご安心の上お買い求めいただけます。

TOP  >   総合エンタメ

「王になった男」ヨ・ジング&キム・サンギョンの感動的なブロマンス

2019/02/26 11:01  芸能

王になった男,ヨ・ジング,キム・サンギョン


[韓国エンタメニュース]
 
 
ヨ・ジングとキム・サンギョンが互いを信じる心を見せ、厚いブロマンス(ブラザー+ロマンス)を披露した。
 
25日、韓国にて放送されたtvN「王になった男」第14話では王イ・ホン(ヨ・ジング)を殺害したことを認め苦しむ都承旨イ・ギュ(キム・サンギョン)をハソン(ヨ・ジング1人2役)が包みこむシーンが視聴者の心を打った。
 
ハソンはイ・ホンの死について「あなたの罪ではなく私の罪」としイ・ギュを庇い、「君主の席は人を捕え血を流す惨めな席だと言いましたね。その残酷なことに一人で苦しまれたのでシン・チスのような者はあなたが王の役割をしていると誤解したでしょう」と信頼を示した。
 
これにイ・ギュは目頭を赤くした。これまで彼はハソンが権力に酔ってしまい聖政が変わり、死んだイ・ホンのように心が病み取り返しがつかなくなることを恐れて焦りを感じていた。しかし、イ・ギュはハソンはイ・ホンと違うことを確信し、「これ以上は恐れません。臣下の道理を守り、殿下を信じて仕えます」と頭を下げた。これにハソンも同じく膝を折り、聖君と忠臣の信頼を示す名シーンが誕生した。
 
このように宮殿の事情を把握し、政治に慧眼を持つようになったことで真の王として生まれ変わっているヨ・ジングが今後どのように成長するのか、またキム・サンギョンの忠誠心がどのように彼を支えてゆくのか、注目が集まっている。
 
一方、「王になった男」第14話の視聴率は平均8.7%、最高10.1%(ニールセンコリア ユーロプラットホーム加入世帯基準)で地上波を含め月火ドラマ1位を記録した。第15話は韓国にて本日(26日)午後9時30分より放送予定。
 
 
写真提供: tvN「王になった男」
 
 
韓国エンタメ総合情報サイトKOARI
 


ヨ・ジング来日ファンミーティング「Brilliant Spring Day」詳細を見る




ドラマ「王になった男」関連記事を読む


 
ヨ・ジング関連商品を購入する
 
ヨ・ジング関連記事を読む
 
ヨ・ジング関連コラムを読む
 

TOP

もっと身近に、もっと気軽に!韓国エンタメ・トレンド情報サイト

KOARI

Copyright(C) KOARI All Rights Reserved.