[ 今注目のキーワード ]  ビューティーキャンペーン実施中! │  たまたま見つけた一日 │  韓国ドラマ視聴率ランキング │  公式キャラ“コアリちゃん”スタンプ販売! │ 

KOARIへようこそ!

ゲスト 様

サイト内の商品について
CDやDVDをはじめ、すべて正規品を取り扱っておりますので、ご安心の上お買い求めいただけます。

TOP  >   コラム

超豪華キャスティング!ミュージカル「チェス」をチェック!

2015/06/26 19:49  ピックアップ

アンニョンハセヨ! mariです。
 
突然ですが、皆さん韓国でミュージカルをご覧になられたことはありますか?
ご存知の方もたくさんいらっしゃると思いますが、韓国ではミュージカルがとっても盛んに行われています。
 
その中でも現在注目のミュージカルと言えば…


 
「デスノート」

 

日本の同名漫画をミュージカル化した本作品。日本でもアニメ、映画化され、またドラマ化もされるなど、大ヒット作品です。韓国でも多くのファンを持つこの「デスノート」。主演のLをJYJのジュンスが演じるということでミュージカルファンのみならず多くの注目を集めている作品です。
 
 


 
そしてもうひとつ!要注目の作品はこちら!



 
「チェス」

 
 
 
ミュージカル界の巨匠ティム・ライスが原案、そして世界的バンドABBAのメンバーが楽曲を書き下ろしたという注目の作品「チェス」。


作品の舞台は米ソの冷戦時代。チェスの世界一を決める選手が開催されるが、世界チャンピオンはアメリカのフレディ。そして彼の傍らには助手のフローレンスがいる。対戦相手はソビエト代表のアナトリー。チェスの天才フレディは、フローレンスの忠告も聞かずに記者会見でアナトリーを挑発する発言をし、周囲から非難を浴びる。
天才という名の元で苦悩するフレディと、共産主義のソ連という国を背負ってチェスをプレイすることに重圧を感じるアナトリー。
そんなアナトリーはフレディの助手であるフローレンスと敵同士にも関わらず恋に落ちていく…
 
 


このミュージカル「チェス」、

なんといっても注目は主演のアナトリー役を演じる4人!



 
チョグォン(2AM)





Key(SHINee)





シヌ(B1A4)





ケン(VIXX)





という、人気アイドルグループのメンバーがひとりの人物を演じます。
 

 
 
チョグォンとKeyは今までいくつかのミュージカル作品に出演しており、その実力はお墨つき。
そしてシヌとケンは、今回の「チェス」がミュージカル初挑戦ということで韓国でも大きな話題となりました。
 
 
 
そして先日火曜日、ミュージカル「チェス」のプレスコールが行われ、わたくしお邪魔してまいりました!
 
 


会場となったのはソウル・ 鍾路区にある世宗文化会館大劇場





ソウルにいらっしゃったことのある方なら一度は訪れているだろう、景福宮の前にあります。
写真右奥が景福宮です^^


 




 
 
会場外にはたーーーくさんの米花輪たちが!
 

 

 

 
 


特にシヌとケンは今回がミュージカルデビューとなるだけあり、本当にたくさんの米花輪がありました^^
 


日本のファンの皆様からの米花輪も^^




 

 
 
 
会場内はこんな感じでした!


 


 
プレスコールでは、作品の1幕を演者全員が交代で出演し作品の概要を見せてくれた後に、記者懇談会が行われました。
 
 

 
この「チェス」、なんと言っても注目は主演の4人ではないでしょうか!!!
 


ということで、KOARIでもニュースでたくさんアップさせて頂きましたが、
こちらではニュースに乗せ切れなかった写真たちと、ちょこっと作品を見させて頂き感じたことなどを少しご紹介していこうと思います^^
 
 

 
まずは・・・


チョグォン


















 
今回でミュージカルは3作品目となるチョグォン
今まで「ジーザス・クライスト・スーパースター」、「PRISCILLA」の2作品に出演してきました。
記者歓談会で本人も語っていましたが、この「チェス」の話をもらった当時、 主人公アナトリーとチョグォンのイメージがあまりにも違っていたために本人はすごく慌てたそう。しかし、「考えてみると今までは自分に合っているものばかり演じてきたのではないか」と考え、自分のイメージの殻を破るために出演を決めたそうです。
彼の言葉通り、今までのチョグォンのイメージが良い意味で壊れる作品になっていると思いました。

アナトリーという少し影のあるキャラクターと、チョグォンの持つ特有の柔らかさと明るい魅力が合わさり、彼にしか表現できないキャラクターが生まれたのではないかと思います。
 
 
 
 




Key




















 
 
今回でミュージカルは5作品目となるKey。今まで「Cath Me If You Can」、「ボニー&クライド」、「三銃士」、「ゾロ」と立て続けに作品をこなしてきました。今回はSHINeeとしてのカムバック活動と並行して練習を行わなければならなかったためタイトなスケジュールだったようで、記者懇談会でも「ほかの皆さんにご迷惑をかけて申し訳ない。たくさん助けて頂いて感謝しています」と語っていました。また一方でそこまでしてでも「チェス」をやりかった理由として“挑戦精神”を挙げ、今まで演じたことのない新たなキャラクターに挑戦することで成長することが出来ると思ったと力強く語っていました^^

Keyが演じるアナトリーは辛い過去を持つキャラクター。感情表現も常に自制された中で行われます。そんな難しいキャラクターを、Keyが持つキュートさとセクシーさ、そしてモダンで洗練されたその魅力でうまく消化しているように感じました。今までの作品では見れなかった少し大人っぽいKeyが見れるのではないかと思います^^
 
 
 




次は・・・

シヌ





















 
今回がミュージカル初挑戦となるシヌ。
元々ミュージカルが好きだったそうで、今までも出演の機会はあったものの中々タイミングが合わなかったのだとか。そんな中で「チェス」という良い作品にタイミング良く出演することができたそう^^

実際にシヌが演じるアナトリーは、すごく落ち着いた大人の男性というイメージでした。4人の中でも特に大人っぽい雰囲気を持つシヌのアナトリーはとりわけスマートでセクシーで、B1A4では見ることの出来なかった新たなシヌの魅力を垣間見ることができるのではないかと思います^^
 
 






最後は・・・

ケン

 






















こちらもシヌ同様にミュージカル初挑戦!
初日は「とにかく間違えないでおこう」と必死だったそうなのですが、無事に終えて周りの先輩方からほめてもらいましたとうれしそうに語っていました^^これからは自分が舞台で楽しめる余裕を持ちたい!とキラキラした瞳で語るケンがとっても印象的でした。
 
なんといってもケンの魅力は少年っぽさの残る純粋さ。歌声も少年っぽさが残っており、ほかの3人とはまた違った純粋でまっすぐ、そしてどこか影のあるアナトリーをうまく表現しているように感じました。
 






 
というわけで、4人4様のアナトリーが楽しめるミュージカル「チェス」。
記者懇談会でチョグォンが 「4人が同じ人物を演じるミュージカルにしては公演期間が1ヶ月ととても短く、それがとっても惜しい」と語っていたのですが、確かにそのとおり。年齢も近い4人は、お互いにアドバイスをし合いながら助け合って一生懸命練習をしたそうです^^
 


そんなミュージカル「チェス」、作品を楽しむのももちろんですが、4人それぞれが演じるアナトリーを見てそれぞれの魅力を探してみる、というのもまた違った面白みがあるのではないでしょうか^^???







 

 
みなさん、ソウルへいらっしゃることがあれば、ぜひミュージカルにも足を運んでみてくださいね^^
 


<ミュージカル「チェス」プレスコール関連記事>
[Photo]ミュージカル「チェス」プレスコール
[Photo] B1A4シヌ&VIXXケン、ミュージカル初挑戦の心境はいかに?
[Photo]チョグォン、“既存のイメージから脱皮した姿を見てほしい”
[Photo]Key、SHINeeのカムバ活動と両立してでもやりたかった理由は?



チョグォン関連ニュースはこちら

2AM関連商品はこちら


キー(SHINee)関連ニュースはこちら

SHINee関連商品はこちら


シヌ(B1A4)関連ニュースはこちら

B1A4関連商品はこちら


ケン(VIXX)関連ニュースはこちら

VIXX関連商品はこちら




 

TOP

もっと身近に、もっと気軽に!韓国エンタメ・トレンド情報サイト

KOARI

Copyright(C) KOARI All Rights Reserved.