[ 今注目のキーワード ]  ハ・ソンウン日本単独コンサート決定! │  韓国ドラマ視聴率ランキング │  公式キャラクター“コアリちゃん”LINEスタンプ販売! │ 

KOARIへようこそ!

ゲスト 様

サイト内の商品について
CDやDVDをはじめ、すべて正規品を取り扱っておりますので、ご安心の上お買い求めいただけます。

TOP  >   総合エンタメ

ヨ・ジング主演「王になった男」、3つの期待ポイントとは?

2018/12/26 13:01  芸能

ヨ・ジング,王になった男


[韓国エンタメニュース]
 
 
「王になった男」が2019年tvNドラマの砲門を華麗に開く。
 
韓国にて1月7日より放送スタート予定のtvN新月火ドラマ「王になった男」は、王イ・ホン(ヨ・ジング)が自身の命を狙う者から逃れるため似通った容姿を持つ道化師ハソン(ヨ・ジング1人2役)を宮廷に迎え入れ、展開していく物語だ。
 
「王になった男」は放送前にもかかわらず、演技・演出・ストーリーが視聴者の期待を集めており、新しい年の始まりを揺るがす強烈なドラマを予告している。ここではその3つの期待ポイントを紐解いてみる。
 
 
◆ヨ・ジングの1人2役、イ・セヨン、キム・サンギョン、チョン・ヘヨン、チャン・グァン、クォン・ヘヒョ、チャン・ヨンナム、演技派俳優軍団
ヨ・ジングは「王になった男」にてデビュー以来、初めて1人2役を演じる。これに先立って、スペクトラムの広い演技と魅力的な声で老若男女を問わず深い信頼を得ている彼のキャスティングのニュースは大衆から熱い反響を受けた。その後、公開されたティーザーでは“シャイン・ジング”と“ダーク・ジング”を行き来しながらキャラクターの明暗を完璧に対比させる姿が話題を集め、彼の1人2役への期待感が一層高まっている。
 
一方、ヒロインを演じるイ・セヨンもヨ・ジングに劣らず多くの関心を集めている。ジャンルを問わずしっかりとした演技力を披露してきた彼女は清楚ながらも芯のある王妃ユ・ソウン役を演じ、繊細な感情演技を予告している。さらに、ヨ・ジングとイ・セヨンは“同じ顔、二つの愛”という興味深い三角関係ロマンスを描くことも予告されており、彼らの恋愛演技にも注目が集まっている。
 
また、彼ら以外にもキム・サンギョン、チョン・ヘヨン、チャン・グァン、クォン・ヘヒョ、チャン・ヨンナムなど、有名な演技派俳優軍団がドラマを一層重厚感のあるものにしてくれるだろう。
 
 
◆キム・ヒウォン監督の“信じて見る”演出力
「王になった男」はチャン・ヒョク主演の権力争いと復讐、哀しい愛を描くラブサスペンスドラマ「カネの花」キム・ヒウォン監督の最新作という点でドラマファンを熱狂させている。キム・ヒウォン監督は「カネの花」で彗星のごとく登場した実力派の演出家。当時「カネの花」は週末ドラマの常識を覆したウェルメイドドラマという絶賛を受け、多くのファンを獲得した。
 
このように、優れた演出力で認められたキム・ヒウォン監督であるだけに、次期作の「王になった男」がどのような映像美を披露するのか期待が高まる中、「王になった男」側は予告映像にて映画を凌ぐほどの演出力を見せ、再び大衆を驚かせるとともにキム・ヒウォン監督の手掛ける時代劇への期待を高めた。
 
 
◆興行力が保障されたしっかりとしたストーリーライン
「王になった男」は韓国にて1200万人を動員したイ・ビョンホン主演映画のリメイクであり、“王が自身の命を狙う者から逃れるために双子のように似通った道化師を宮殿に迎え入れる”という中心ストーリーをモチーフにしている。これに先立って、映画「王になった男」が観客から作品性と興行力を同時に認められただけに、ドラマ「王になった男」も骨太で大衆性のあるストーリー展開が期待できる。
 
また、「王になった男」は短いランニングタイムの原作を16話で再構成するため、一層豊かになったストーリーの誕生が予告されている。これについて「王になった男」側は、「2年以上の長い期間企画した作品」とし、企画段階から格別な努力を傾けた作品であることを明らかにした。ドラマ「王になった男」が原作に比べ繊細になったラブラインとエピソードで、より一層深まったストーリーを披露するだろうと期待が高まっている。
 
 
一方、tvN新月火ドラマ「王になった男」は韓国にて2019年1月7日夜9時30分より放送スタート予定。
 
 
写真提供:tvN「王になった男」
 
 
韓国エンタメ総合情報サイトKOARI
 


ヨ・ジング インタビュー翻訳付き!「COSMOPOLITAN」2019.1月号を購入する


 

ドラマ「王になった男」関連記事を読む


 
ヨ・ジング関連商品を購入する
 
ヨ・ジング関連記事を読む
 
ヨ・ジング関連コラムを読む

TOP

もっと身近に、もっと気軽に!韓国エンタメ総合情報サイト

KOARI

Copyright(C) KOARI All Rights Reserved.