フリーワード検索

おすすめタグ

2020.07.27 11:40

韓国ドラマ視聴率ランキング[2020年7月4週目]

【韓国ドラマ視聴率ランキング】7/20~7/26 ニールセンコリア調べ

1位 KBS2週末ドラマ「一度行ってきました」          28.8%
2位 KBS1毎日ドラマ「素晴らしい遺産」                  21.9%
3位 KBS2TV毎日ドラマ「危険な約束」            15.3%
4位 SBS毎日ドラマ「ママが浮気した」            6.7%
5位 SBS金土ドラマ「コンビニのセッピョル」         6.5%
6位 tvN週末ドラマ「サイコだけど大丈夫」          5.5%
6位 TV朝鮮土日ドラマ「風と雲と雨」            5.5%
8位 tvN月火ドラマ「(知っていることはあまりないけれど)家族です」  4.9%
9位 JTBC金土ドラマ「優雅な友人たち」           4.5%
10位 JTBC月火ドラマ「模範刑事」             4.3%

 

「コンビニのセッピョル」

コンビニのセッピョル

 

ランキングは先週と大きな変化は無し。

放送スタート時から安定した視聴率をキープしているのが5位にランクインしたチ・チャンウク&キム・ユジョン主演の「コンビニのセッピョル」。「コンビニのセッピョル」は変わり者のアルバイト・セッピョル(キム・ユジョンとおっちょこちょいのイケメン店長がコンビニを舞台に繰り広げる24時間予測不可能なコミカルロマンスを描いた作品。

キム・ナムギル主演で大ヒットした「熱血司祭」の監督がメガホンをとることでも放送前から話題となっていた本作。チ・チャンウクのコミカルな演技も話題を集めており、放送はちょうど折り返し地点を過ぎた段階。今後最終回に向けてどれだけ視聴率を上げることが出来るのか注目だ。

 

konbini

【韓国ドラマピックアップ】
「コンビニのセッピョル」あらすじやキャラクター詳細をみる

 

 チ・チャンウク関連商品を購入する
 チ・チャンウク関連記事を読む

 

 

「(知っていることはあまりないけれど)家族です」

(知っていることはあまりないけれど)家族です

 

8位にランクインしたのは最終回を迎えたtvN月火ドラマ「(知っていることはあまりないけれど)家族です」。

「家族です」は、家族のような他人、他人のような家族の誤解と理解についての物語を描いた作品。私たちの人生に欠かせない“家族”を題材に、様々な関係性について考えさせられるヒューマンドラマ。

派手なテーマではないものの家族を繊細にそして丁寧に描き出した本作は、癒しと共感、そして温かな笑いまで届けるウェルメイドドラマとして愛され、最終回は最高視聴率6%を越えるなど有終の美を飾った。

 

 

視聴率
過去の韓国ドラマ視聴率ランキングをみる>>

 


KOARIスタッフおすすめ韓国ドラマ&映画特集コラムをみる>>


特集