フリーワード検索

おすすめタグ

2019.04.12 01:02

チャン・グンソク、世界のファンと共に9300万ウォン相当の寄付金品を伝達…「少しでも力になれたら」

チャン・グンソク

[韓国エンタメニュース]
 
 
俳優チャン・グンソクと彼のファンたちが11日、ソウル社会福祉共同募金会「愛の実」へ江原道の山火事被災地域の被災者のために9300万ウォンの寄付金品を渡した。
 
今回の寄付を通じてチャン・グンソクからは4800万ウォン相当の米やラーメンなどの救護物資、韓国公式ファンクラブ「Cri-J」と日本公式ファンクラブ「JANG KEUN SUK JAPAN OFFICAIL FANCLUB」をはじめ全世界のファンたちが自発的に集めた支援金4500万ウォンが被災者に伝達される予定だ。
 
現在兵役中のチャン・グンソクは所属事務所を通じ、「突然の山火事で苦労されている被災地域の被災者の方々に少しでも力になればと思います」と伝えた。
 
また、チャン・グンソク公式ファンクラブ「Cri-J」はソウル「愛の実」分かち合いリーダーズクラブとなり、救護物資の伝達のため山火事から被災者が逃れていった現場である高城郡・土城面(コソングン・トソンミョン)を訪ねた。世界のファンを代表して「Cri-J」は「現場に来てみると被災者の方たちがどれだけ大きな困難を強いられているかが分かりました。小さな手助けですが、その方々が希望を失わないよう少しでもお役に立てたらと思います」と伝えた。
 
「愛の実」キム・ヨンヒ事務局長は「失意に陥った江原道被災者の方々へ迅速かつ、きめ細かに伝達できるよう最善を尽くしたい」とし、「今後、スターとファンクラブが共に分かち合うことを実践する美しいファンダム文化が広がっていって欲しい」と話した。
 

愛の実,チャン・グンソク
 

一方、チャン・グンソクはこれに先立って6年連続で「Cri-J」と共に「分かち合い写真展」を開き、これまで入場料と募金活動で得た収入約3億2000万ウォンを寄付、「2018平昌冬季五輪・パラリンピック」をはじめ江原道広報大使に委嘱された。
 
 
写真提供: ソウル社会福祉共同募金会「愛の実」
 
 
韓国エンタメ総合情報サイトKOARI

 

a.cp_btnJKS {font-size: 124%;width: 300px; padding: 0.8em 0.8em;text-align: left;text-decoration: none; color: #006CB0; border: 2px solid #b2d2e7; border-radius: 3px;display: block;transition: .4s;background: #b2d2e7;}a.cp_btnJKS:hover {background: #006CB0;color: #fff;border: 2px solid #006CB0;}a.cp_btnJKS img{vertical-align: bottom;}

 チャン・グンソク関連商品を購入する
 チャン・グンソク関連記事を読む
 チャン・グンソク関連コラムを読む


特集