[ 今注目のキーワード ]  たまたま見つけた一日 │  キュレーター大募集! │  韓国ドラマ視聴率ランキング │  公式キャラ“コアリちゃん”スタンプ販売! │ 

KOARIへようこそ!

ゲスト 様

サイト内の商品について
CDやDVDをはじめ、すべて正規品を取り扱っておりますので、ご安心の上お買い求めいただけます。

TOP  >   総合エンタメ

日韓2人組「JBJ95」、日本公式ファンクラブ創立記念イベント開催!

2019/09/18 16:00  芸能

「JBJ 95 Starting JJAKKUNG Fanmeeting」愛と優しさと笑顔あふれた時間
 

©LIVE RANGE / Hiramatsu Michiko



[韓国エンタメニュース]


2018年に韓国デビュー、2019年6月にJAPAN OFFICIAL FANCLUB がオープンするなど日本での活動も精力的に行っている日韓2人組グループJBJ95(ジェイビージェイクオ)のジャパンオフィシャルファンクラブ‘JJAKKUNG(チャックン)’の結成を記念し、ファンミーティング「JBJ 95 Starting JJAKKUNG Fanmeeting」が9月14日に東京・豊洲ピット、9月16日に大阪・松下IMPホールで開催された。

 

©LIVE RANGE / Hiramatsu Michiko

 

 

JBJ95は、2017年に韓国で放送され、社会現象を巻き起こしたサバイバルオーディション番組「PRODUCE101シーズン2」で惜しくも最終メンバーには選ばれなかったメンバーのうち、ファンからの熱い応援を受け所属事務所の垣根を越えて、ついにデビューまで果たした‘本当に望ましい組み合わせ’という意味の英語Just Be Joyfulの頭文字をとったグループJBJ(ジェイビージェイ)として2017年10月から2018年4月の期間限定グループとして活動したメンバーのうち、95年生まれの日本人ケンタと韓国人サンギュンによって結成された、日韓2人組の男性グループ。

JBJ95として2018年10月にミニアルバム『HOME』でデビューすると、2019年3月に発表したセカンドミニアルバム『AWAKE』、今年8月にはサードミニアルバム『SPARK』を発表し、性格や生い立ちは全く異なりながらも、磁石のように不思議なほどぴったり合う2人の相性の良さと、どこか切なく美しいメロディの楽曲、高いパフォーマンス力で韓国はもちろんアジア各国でも多くの人気を得るグループに成長した。

 

 

©LIVE RANGE / Hiramatsu Michiko

 

 

 

©LIVE RANGE / Hiramatsu Michiko

 

今年の6月にケンタの故郷でもある日本で、JAPAN OFFICIAL FANCLUB ‘JJAKKUNG(チャックン)’がオープンしたことを記念し行われた今回のイベント「JBJ 95 Starting JJAKKUNG Fanmeeting」では、韓国語で双子のように親しい仲、仲間、パートナーを表す‘JJAKKUNG(チャックン)’というファンクラブ名の通り、ファンの皆さんと一緒に歩いていく、友達のような存在になりたいという2人の思いが強く伝わる時間となった。

イベントでは、最新アルバムの収録楽曲で‘君の存在が僕を完成させる’という愛の歌「UNREAL」からスタート。セカンドミニアルバムのリード曲でトロピカルハウスを基調としたポップな「AWAKE」で盛り上げ、スペシャルステージとしてこの日のために準備したというJonas Brothersの大ヒット曲「Sucker」のカバーでは、ストーリー仕立てのようなパフォーマンスで魅せる。ファンからも人気のファンクポップ「WHO I AM」では会場との息もぴったり。さらに、夏の花火の楽しく華やぐ気持ちと儚さを感じさせる最新曲「SPARK」では、難易度の高いダンスパフォーマンスも軽々とこなし、未発売の日本語バージョン「MILKY WAY」では2人の美声に酔いしれる。

ファンミーティングという事で、アンコールで披露したファンのことを想って作った楽曲「In Dreams」まで、バラエティ豊かでクオリティの高いJBJ95の楽曲で楽しませただけでなく、この日の主役であるファン=JJAKKUNG(チャックン)たちと、とにかく近い距離で!とにかく一緒に楽しみたい!という2人の思いを反映したコーナーも盛り沢山。

客席に降りてファンクラブでやりたい事をファンから直接聞き、ファンクラブに関するマニアックなクイズにチャレンジし、ファンクラブのCMを会場で撮影しイベントの最後に完成版を一緒に見たりとファンを飽きさせない。さらに、2人が書いた1年後の自分への手紙を入れたタイムカプセルの鍵を 来年のファンミーティングまで抽選で選ばれたファン1名に預けるという前代未聞の企画まで!まさにJBJ95と ‘JJAKKUNG(チャックン)’の信頼関係があればこその企画が満載。

自身がK-POPファンだったこともあり、ファンの気持ちを理解しているアイドルともいわれるケンタの、ファンを楽しませたいという一途な思いとカリスマあふれるステージ、サンギュンのキレのあるダンス&ラップパフォーマンスと、天然で愛嬌あふれる素顔の魅力あふれるギャップ。人間力に溢れるケンタとサンギュンのJBJ95が創り出す、どこまでも優しくどこまでも愛しい空間。そんな空間と時間を共有したJJAKKUNG(チャックン)たちの顔には、2人への愛と優しい笑顔があふれていたことが印象的だった。

 

 

©LIVE RANGE / Hiramatsu Michiko

 

 

 

©LIVE RANGE / Hiramatsu Michiko

 

最後に、これからも変わらず僕達と一緒に笑顔でいようと約束した2人。JBJ95と ‘JJAKKUNG(チャックン)’が、これから歩いていく未来はきっとこの日の会場と同じように、愛と優しさと笑顔あふれる未来となるだろう。

(テキスト:Hiramatsu Michiko)

<セットリスト>
UNREAL
AWAKE
Sucker(原曲Jonas Brothers)
WHO I AM
SPARK
MILKY WAY
In Dreams


<イベント詳細>
タイトル:JBJ 95 Starting JJAKKUNG Fanmeeting
■東京公演
【昼公演】2019年9月14日(土)  13:00開場  13:30開演
【夜公演】2019年9月14日(土)  17:00開場  17:30開演
会場:チームスマイル・豊洲PIT
■大阪公演
【昼公演】2019年9月16日(月・祝)  13:00開場  13:30開演
【夜公演】2019年9月16日(月・祝)  17:00開場  17:30開演
会場:松下IMPホール
主催:JBJ95 Japan Official Fan Club JJAKKUNG
製作:Star Road Entertainment&ライブレンジ
主管:コンテンツレンジ


<オフィシャルサイト>
URL https://jbj95fc.com/
年会費:5,000円(税別)※お支払いには「コンビニ決済」「クレジットカード決済」をご利用いただけます
サイトメニュー:NEWS/SCHEDULE/BIOGRAPHY/DISCOGRAPHY/VIDEO/SHOP/MAIL MAGAZINE
有料会員メニュー:MEMBER NEWS/GALLERY/MOVIE/MAIL MAGAZINE
入会特典:会員証/会報誌(年1回予定)/ファンクラブ会員限定イベントチケット購入権利/JBJ95関連公演チケット優先発売 ※イベントによりFC優先が実施できない場合もあり/会員限定グッズ販売

<モバイルサイト>
URL https://jbj95mobilefc.com/
月会費:400円(税別)※お支払いには、「キャリア決済」「クレジットカード決済」をご利用いただけます。
サイトメニュー:NEWS/STAFF BLOG/GALLERY/MOVIE/BIRTHDAY MAIL/デジタル会員証/MAIL MAGAZINE


<放送情報>
「JBJ 95 Starting JJAKKUNG Fan Meeting」
CS放送局「衛星劇場」にて、11月テレビ初放送!
放送日:11月11日(月)午後11:00~深夜0:30 他
https://www.eigeki.com

 

©LIVE RANGE / Hiramatsu Michiko

 

 

■JBJ95 (ジェイビージェイクオ)プロフィール

ケンタ(写真左)
本名:髙田健太 1995年1月10日生まれ 日本・群馬県出身
日本でK-POPカバーダンスチームで活動後、単身渡韓。語学学校に通いながら現事務所の練習生となり「PRODUCE101シーズン2」に唯一の日本人として参加。優しく朗らかな性格と、高いファッションセンスでも人気。

サンギュン(写真右)
本名:キム・サンギュン 1995年5月23日生まれ 韓国・光州広域市出身
2013年に13人組ボーイズグループToppDoggのメンバーA-Tomとしてデビューするが、「PRODUCE101シーズン2」参加時にグループを脱退。JBJとして2017年10月に再デビューを果たす。端正な顔立ちのラッパーでありながら愛嬌も得意というギャップでも人気。


 


JBJ95関連商品を購入する
JBJ95関連記事を読む
JBJ95関連コラムを読む

TOP

もっと身近に、もっと気軽に!韓国エンタメ・トレンド情報サイト

KOARI

Copyright(C) KOARI All Rights Reserved.