[ 今注目のキーワード ]  キュレーター大募集! │  ハ・ソンウン日本単独コンサート決定! │  韓国ドラマ視聴率ランキング │  公式キャラクター“コアリちゃん”LINEスタンプ販売! │ 

KOARIへようこそ!

ゲスト 様

サイト内の商品について
CDやDVDをはじめ、すべて正規品を取り扱っておりますので、ご安心の上お買い求めいただけます。

TOP  >   総合エンタメ

パク・ボゴム❤ソン・ヘギョ「ボーイフレンド」 “ドキドキ名台詞”ベスト6

2019/01/14 19:01  芸能

パク・ボゴム,ソン・ヘギョ,ボーイフレンド


[韓国エンタメニュース]


tvNドラマ「ボーイフレンド」が何度もかみしめたい詩的な台詞で毎回深い余韻を残している。

最終回まで4話を残す「ボーイフレンド」は、さらに強くなったチャ・スヒョン(ソン・へギョ)とキム・ジニョク(パク・ボゴム)の愛がお茶の間をますますときめかせている。そんな中、「ボーイフレンド」制作陣はこれまで視聴者をときめかせた名台詞を公開した。


#1 「人が人の心に入るということは、ほんの少しでも、意味のある事だと思います」
4話にて、スヒョンの秘書チャン・ミジン(クァク・ソンヨン)はジニョクを訪ね「スヒョンとこれ以上関わらないでほしい」とし、スヒョンへの想いはジニョクの単なる好奇心だと片付けた。これに対しジニョクは「ただの好奇心ではありません」と伝え、さらに「人が人の心に入るということは、ほんの少しでも、意味のあることだと思います」と力を込めて話した。人の感情を大切に思うジニョクの価値観とスヒョンへのジニョクの本当の想いが表れた台詞だった。


#2 「何になってまた会ったことにしましょうか」
5話にて、押しつぶされそうな現実に疲れたスヒョンはジニョクと一緒に歩いた弘済川(ホンジェチョン)で約束したかのようにジニョクと再会する。ジニョクは詩『夕方に』の一説を引用して「何になってまた会ったことにしましょうか」と聞き、大切なものができる恐怖を感じているスヒョンのためにゆっくりと近づくことを伝えた。また彼は「この感情が好きの感情なのか、確信と疑問をそのままにしておいたらどうでしょうか」とし、「僕たちはここで、サム(正式な交際ではない男女関係、友達以上恋人未満のような関係)としてまた会ったことに。どうですか?」とスヒョンへ慎重に告白をした。韓国のエッセイ『言語の温度』の一節を引用した告白は視聴者の感性をさらにときめかせた。


#3 「僕たちが並んで自転車に乗って、コーヒーも飲んで。もう春ですね」
6話にて、スヒョンとジニョクのサムが始まった。ジニョクからプレゼントされた口紅を塗らないスヒョンにジニョクが残念な表情を浮かべる中、スヒョンは「春に似合うのでは」と申し訳ない気持ちと感謝の気持ちを伝えた。これにジニョクは「リルケという詩人が、肌寒い都市でもお互いに手をつないで並んで歩く人だけが春を見ることができると言うんです。僕たちが並んで自転車に乗って、コーヒーも飲んで。 もう春ですね」と伝え、スヒョンを笑わせた。二人が暖かな春の陽気で満たされ、視聴者をも笑顔にしたシーンだった。


#4 「波が海の仕事なら、あなたを思うのは僕の仕事。僕は僕の仕事をするつもりです 」
10話では、チェ理事(パク・ソングン)の計略でスヒョンが長い間力を入れてきたキューバ支店の竣工が立ち消えになる危機に晒された。それを知ったジニョクは、キューバ旅行の際に出会った敷地の主人に会う為キューバに向かった。ここで彼はスヒョンの心配を軽くする為キューバ行きを伝える代わりに「波が海の仕事なら、あなたを思うのは僕の仕事。僕は僕の仕事をするつもりです」と、小説『波が海の仕事なら』の詩を引用してときめきを誘った。ジニョクの人生においてスヒョンがどれほど特別な存在かを感じることの出来る台詞だった。


#5 「僕は座標ができました。 チャ・スヒョンの1メートル先が僕の座標です。いつもそこにいます
11話にて、スヒョンはジニョクと屋台でのデートを楽しみながら本音を打ち明けた。「夢じゃないかって。昨晩、夢を見たんじゃないよね、そうやって確認して安心して、また怖くなって。あなたが消えるのではないかと。」と自身に訪れた幸せを不安に感じ、涙を見せた。そんなスヒョンにジニョクは「僕は座標ができました。チャ・スヒョンの1メートル先が僕の座標です。 いつもそこにいます」とスヒョンを守ることを約束し、視聴者の涙をも誘った。


#6 「僕の中はあなたでいっぱいです」
11話にて、ジニョクは「あなたが去っていかないか心配だ」というスヒョンの本音を聞き、切ない気持ちを隠せなかった。そんな彼はスヒョンのために指輪をプレゼントし「僕の中はあなたでいっぱいです。離れることも、消えることもありません。 僕はチャ・スヒョンが全てだから。 僕があなたの眠るその日まであなたのそばを守ります」とし、さらに「ゆっくり尽くしてあげる」とスヒョンを胸に抱く姿は視聴者の心を震わせた。


このように、「ボーイフレンド」では、感性を刺激する文学的表現が多く引用され、文学を愛するジニョクの性格を深みのある台詞で表現し、視聴者の心に深く余韻を残している。
 
一方、12話ではスヒョンが元夫の実家の代わりにジニョクの家を訪れる姿が描かれ、キム会長(チャ・ファヨン)が二人の仲を本格的に引き裂こうと行動することが予想される。果たしてスヒョンとジニョクの愛は美しい結末を迎えることができるのか、残りの4話に関心が集まっている。
 
一方、tvN「ボーイフレンド」は自身が選択した人生を歩んでこれなかったチャ・スヒョン(ソン・ヘギョ)と、自由で明るいマインドを持ったキム・ジニョク(パク・ボゴム)の偶然な出会いから始まる恋愛ドラマ。韓国にて毎週水・木曜午後9時30分より放送中。


写真提供:tvN「ボーイフレンド」


韓国エンタメ総合情報サイトKOARI

 

 ドラマ「ボーイフレンド」関連記事を読む



 パク・ボゴム関連商品を購入する
 パク・ボゴム関連記事を読む
 パク・ボゴム関連コラムを読む


 ソン・ヘギョ関連商品を購入する
 ソン・ヘギョ関連記事を読む
 

TOP

もっと身近に、もっと気軽に!韓国エンタメ・トレンド情報サイト

KOARI

Copyright(C) KOARI All Rights Reserved.