[ 今注目のキーワード ]  ビューティーキャンペーン実施中! │  たまたま見つけた一日 │  韓国ドラマ視聴率ランキング │  公式キャラ“コアリちゃん”スタンプ販売! │ 

KOARIへようこそ!

ゲスト 様

サイト内の商品について
CDやDVDをはじめ、すべて正規品を取り扱っておりますので、ご安心の上お買い求めいただけます。

TOP  >   コラム

コアリスタッフおすすめ!!韓国ドラマ特集~♪

2015/05/01 13:17  色々コラム



ついにGWに突入!!
時間に余裕ができるので、これを機に気になっていた韓国ドラマを見よう!と考えてる方も多いはず!!

そこでコアリスタッフのおすすめドラマをみなさまにご紹介♪
たくさん作品がありすぎて何を見ようか迷ってる。。。という方の少しでも参考になればと思います^^

では早速、作品紹介へ!!
 


君たちは包囲された -アクシデント・ラブ-
너희들은 포위됐다



【韓国放送】SBS 全20作 2014.05~2014.07

【ストーリー・あらすじ】
ある刑事の失敗により母を目の前で亡くしたウン・デグ(イ・スンギ)。そんなウン・デグは、“母の仇”である刑事ソ・パンソク(チャ・スンウォン)に近づくために本名を隠して江南警察署の刑事課に入る。その江南警察署には、なんどデグの幼ななじみオ・スソン(コ・アラ)が!名前を変えているウン・デグに気づかないオ・スソンだが、楽天的で向こう見ずな彼女とデグは反発し合いながらも仕事上のパートナーになる。オ・スソンと共に捜査に取り組むうちに、徐々に彼女の明るさに惹かれていくデグ…。
そんなデグとスソン、そして個性的な同僚パク・テイル(アン・ジェヒョン)とチ・グク(パク・ジョンミン)の新米刑事4人は、パンソクの厳しい指導の元で事件解決に奔走する日々。
一方パンソクも、切ない過去を背負ったまま去ってしまった元妻のサギョンと再会。そんな中、デグの母の死に真相に関する意外な事実が明らかになり…
 
【出演】
イ・スンギ、チャ・スンウォン、コ・アラ、アン・ジェヒョン、パク・ジョンミン、オ・ユナ 他
 
【おススメポイント】
イ・スンギが今までの好青年役から脱皮して、心に傷を抱えた主人公を演じたことで話題となった「君たちは包囲された」。チャ・スンウォン演じるパンソクのミスにより母を自分の目の前で殺されたウン・デグ(イ・スンギ)の過去がなんとも辛いです。しかしパンソクも同じく辛い過去を背負っており、また母の死に関しての真実が徐々に明らかになりながら…
というと、なんともくら~~い、そしてつら~~い、ドラマを想像してしまいがちですが、そうは一筋縄ではいきません。警察署が舞台ということもあり、スピーディーで緊張感溢れる事件解決、そして新米刑事4人が繰り広げるドタバタ劇、そしてパートナーであるデグ(イ・スンギ)とオ・スソン(コ・アラ)の思わず胸がキュンとなるラブラインまで、緩急のついた見る者を飽きさせないストーリー展開が続きます。
また、なんと言ってもイ・スンギが今までの元気はつらつな好青年とは打って変わって辛い過去を持つ心に傷を負った青年役として登場するのも注目ポイント。この作品でイ・スンギの新たな一面を知ることが出来るのは間違いありません。
(スタッフ mari)

君たちは包囲された 関連商品

 


大丈夫、愛だ
괜찮아, 사랑이야



【韓国放送】 SBS 16部作  2014.07~2014.09 

【ストーリー・あらすじ】
洗練された外見とは違い、残忍な推理小説家として有名なチャン・ジェヨル(チョ・インソン)は、人気時間帯のラジオDJとしても活躍しながら、誰もが羨むロマンティックな男として人気を博していた。ジェヨルは、ある日トークショーで出会った精神外科医 チ・ヘス(コン・ヒョジン)に興味を持ち、ヘスと彼女の先輩であるドンミン(ソン・ドンイル)が住む建物の所有者であるジェヨルは、彼らと共同生活を始めることにする。ジェヨルにはベッドで眠れない、特定の色に執着するなどの変わった一面があるものの、彼自身日常生活には全く問題ないと思っていた。しかし、彼の熱烈なファンだという青年、ガンウ(D.O)が現れ、ジェヨルの過去が書かれた小説を持ってくることからドラマは意外な方向へと発展していく…
 
【出演】
チョ・インソン、コン・ヒョジン、ソン・ドンイル、イ・グァンス、D.O(EXO)他
 
【おススメポイント】
現代のストレス社会に住む人なら誰もがかかり得る心の病。このドラマは私たちが日頃語ることを避けてきた心の病に向き合い、優しく癒してくれる作品です。チャン・ジェヨル(チョ・インソン)とチ・ヘス(コン・ヒョジン)との単なるラブロマンスではなく、人と人とが互いに理解し深く関わっていくことの大切さ、人間の温かさを感じることが出来るストーリー展開に、きっと誰もが共感できるはず。僕だけがつらいのではなく、君もつらかったんだろう…脚本家が伝えたかった相手の気持ちに寄り添えることの素晴らしさ。これって平和で楽しく生きていく上でとっても大事なことなんだよな、と気づかせてくれる秀作です。
と、私のコメントでなんだかテーマが重そう…と思ったあなた、ドラマは明るく軽い進行でジェヨルの胸キュンセリフも満載なので是非気負わず気軽にご覧くださいませ^^ ジェヨルと一緒に住むことになる一風変わったシェアハウスの面々やジェヨルとヘスの家族など、複雑な人間関係も見どころ。また、ジェヨルの熱狂的ファンを自称するガンウ役に只今人気絶調のアイドルグループEXOのD.O、主題歌は同じくEXOのチェンが歌うなど、K-POPファンも必見の作品となっています!
(スタッフ ヒマワリ) 

大丈夫、愛だ 関連商品

 

ママ~最後の贈りもの~
마마



【韓国放送】MBC 全24話 2014.08~2014.10

【ストーリー・あらすじ】
カナダの人気民話作家のスンヒ(ソン・ユナ)はシングルマザーとして一人息子 グル(ユン・チャニョン)と暮らしていたある日、余命6ヶ月であることを宣告される。
自分が死んだ後にグルが一人ぼっちになってしまうことに不安を感じたスンヒはグルと共に韓国に帰国することを決意。
韓国での生活を始めたスンヒは、グルを身ごもっていることを知らないままスンヒを捨て他の女性と結婚し家庭を築いているテジュ(チョン・ジュノ)の妻 ジウン(ムン・ジョンヒ)に意図的に接近する。グルに新しい家族を作る為だ。
何も知らないジウンはスンヒを本当の親友のように思い、複雑な気持ちを持ちながらも純粋なジウンに徐々に心を開き始めるスンヒ。
「夫の昔の恋人」と「昔の恋人の妻」という、決して親しくなれない二人はかけがえのない親友になっていく。
 
【出演】
ソン・ユナ、チョン・ジュノ、ムン・ジョンヒ、ホン・ジョンヒョン、ユン・チャニョン 他
 
【おススメポイント】
ソン・ユナの6年ぶりのドラマカムバック作として放送前から注目を集めていたこのドラマ。
“余命6ヶ月のシングルマザーが、自分の子供を別れた恋人の妻に託す為に友情を築いていく物語”という設定を読むと、韓国ドラマによくあるドロドロ&無理のあるストーリーを想像してしまいがち…。しかし、このドラマは違います。
ドロドロになりがちなストーリーであるにもかかわらず、素晴らしい「ヒューマンドラマ」と表現できる作品です。
 
余命わずかで息子の為に強い志をつらぬく主人公スンヒはもちろんのこと、様々な苦悩に立ち向かい成長していくジウン、素直に表現できなくても母を愛しているグル、それぞれのキャラクターに共感することができることと思います。
また、注目ポイントはスンヒを愛する年下のカメラマン ジソブ役を演じたホン・ジョンヒョン。
実際にも年齢差がある二人のラブライン設定に最初は違和感を感じるものの、スンヒを愛する中で人間としても成長していくジソブの姿は本当に魅力的。後半に向けて更に献身的になっていくスンヒへのジソブの愛は感動です!
 
単純な恋愛ドラマではなく、深い部分で色々なことを考えさせられるこのドラマは老若男女問わずオススメです。
(スタッフ コムドリ)

ママ 関連商品

 


恋愛の発見
연애의 발견



【韓国放送】 KBS2 全16話 2014.08~2014.10

【ストーリー・あらすじ】
32歳の家具デザイナー、ハン・ヨルム(チョン・ユミ)は、5年前に5年間の交際を経て別れた彼氏カン・テハ(エリック)との辛い経験のおかげで、計算高く恋愛において主導権を握る方法も覚え、今は整形外科医のイケメン彼氏ナム・ハジン(ソンジュン)と順調に交際中。そんなある日、ハジンが隠れてお見合いをしているというホテルに乗り込むヨルム。乗り込んだホテルには偶然なんとあの元彼カン・テハが!その後テハが経営する建築事務所からインテリアデザインの依頼を受けたヨルムは、悩みながらも二人の過去をハジンに隠したまま仕事を請けることに。
一方ハジンは幼い頃に施設で兄妹のように育ったアン・アリム(ユン・ジニ)を探していた。ひょんなことからアリムを見つけたハジンは、自身の正体を隠したまま昔自分が負わせてしまった彼女の腕の傷を治してあげようとする。
共に仕事をするうちにまたヨリを戻そうと言って来たテハに戸惑うヨルム。そして徐々に距離が近づいていくハジンとアリム。彼らの関係は少しずつ揺れていく…
 
【出演】エリック、チョン・ユミ、ソンジュン、ユン・ジニ、キム・スルギ、ユン・ヒョンミン 他
 
【おススメポイント】
リアルな恋愛を描き出すことで有名な「ロマンスが必要」シリーズのチョン・ヒョンジュン作家が手がけたドラマ「恋愛の発見」。またエリックとチョン・ユミが2007年のドラマ「ケ・セラ・セラ」以来再びタッグを組んだ恋愛ドラマということで話題となりました。
よく“男の恋愛は新規フォルダが作成されていき、女の恋愛は上書き保存されていく”と言いますが、ヨルム(チョン・ユミ)はまさにこのパターン。テハ(エリック)との恋愛で作られたファイルで学んだものを上書き保存しながら次の恋愛へと生かして行く様は、30オーバーの女性なら誰もが経験したことがあるのではないでしょうか…
あとこのドラマの楽しみはなんと言ってもテハとハジン(ソンジュン)の火花散るバトル!(時に小学生のような)二人のやりとりは、思わず笑ってしまいます。
そして二人の間で揺れ動くヨルムに勝手に自分を重ね、“私なら元彼テハと今彼ハジン、どちらを選ぶだろうか…”と割と真剣に考えてしまいます。笑
日々の生活の中で何気なく積もっていくすれ違いや疑い、そして過去の辛い記憶や新たなトキメキ…このドラマは大きな事件が起こったり、なにかスペクタクルなことが起こることはありませんが、繊細でリアルな台詞と感情表現がとっても印象的な作品。現在恋愛中の方はもちろんのこと、恋愛をしばしお休み中の皆さんにもぜひぜひ見ていただきたい作品です。
(スタッフ mari)

恋愛の発見 関連商品

 


ピノキオ
피노키오



【韓国放送】 SBS 全20話 2014.11~2015.01 
 
【ストーリー・あらすじ】
嘘をつくと自然としゃっくりが出てしまう「ピノキオ症候群」(架空の病気)。ピノキオ症候群を患い嘘がつけない主人公イナ(パク・シネ)と、幼い頃、マスコミの心無い報道により家族を失ったダルポ(イ・ジョンソク)。この二人を含む新人記者たちが挫折を経験し、記者とは、報道とはどうあるべきか学びながら、過去の事件の真相を追及していく。
 
ピノキオ症候群を患い、嘘をつけないイナが果たして一人前の記者になれるのか。ダルポの家族をバラバラにした過去の報道の真実とは。また、長年イナに想いを寄せるダルポとイナの関係はどう変化していくのか。新人記者4人を中心に展開される青春ドラマ。
 
【出演】
イ・ジョンソク、パク・シネ、キム・ヨングァン、イ・ユビ、イ・ピルモ 他
 
【おススメポイント】
1話目から、主人公ダルポの父親の事件で、涙なしには見られないストーリーにも関わらず、その後は意外にもコメディタッチなシーンも多く、またイナとダルポ(キ・ハミョン)のキュンっとするシーンも満載で、重くなりすぎずさらっと見ることができます。ドラマのストーリー展開も早く、また話を重ねるにつれ新たな真実が出てくるので、気が付けばドンドンハマっていってしまいます。
そしてこのドラマのもう一つの魅力が、なんといっても出てくる俳優たちがみんなイケメンぞろいなところ!
まず1人目は、もちろん主人公イ・ジョンソク。本当に自分と同じ人間なのかと疑ってしまうほど、肌が白くとてもきれいで…その上、背が高くイケメン。このドラマはイ・ジョンソクを鑑賞するためだけに見ても楽しいドラマです(笑)
また、もう一人イケメンがキム・ヨングァン。イ・ジョンソクもなかなかの背の高さなのに、それを越す背の高さに優しい笑顔。このイケメン二人がパク・シネ演じるイナに思いを寄せるのですが、ドラマを見ながら自分をイナに置き換えて、自分ならどっちの男性がイイかなぁと妄想が楽しめますw
そして忘れてはならないのがダルポの兄役のユン・ギュンサン。こちらもまた背が高くイケメンですが、それだけでなく主人公たちに引けを取らない存在感でドラマの前半を引っ張っていきます。
とにかく、事件の真相が気になり・・・また恋愛の行方も気になり・・・と、1話見ると続きが気になってしょうがないそんなドラマです!
(スタッフ MIHO)

ピノキオ 関連商品

 


キルミー・ヒールミー
킬미, 힐미



【韓国放送】 MBC 全20部 2015.01~2015.03

【ストーリー・あらすじ】
7つの人格をもつ財閥3世と新米精神科医が繰り広げるヒーリングロマンティックコメディドラマ。完璧なビジュアルに紳士的な性格、そして大企業スンジングループの御曹司という一見パーフェクトに見えるチャ・ドヒョン(チソン)。しかし、実際は幼いころのトラウマで「多重人格」を抱え、その症状に常に悩まされている。
また、精神健康医学科のレジデント1年目の女医オ・リジン(ファン・ジョンウム)は
ひょんなことからドヒョンに出会う。ドヒョンの多重人格障害に悩む姿を見て、放っておけないリジンは彼の秘密の主治医となることに。ドヒョンの7つの人格が巻き起こす事件の数々、そしてドヒョンの家族である財閥スンジングループとリジンの家族が絡み、過去の真実が次々と紐解かれていく。
 
【出演】
チソン、ファン・ジョンウム、パク・ソジュン、オ・ミンソク、キム・ユリ 他
 
【おススメポイント】
「多重人格」という難しいテーマであるにも関わらず、コメディタッチで描かれる部分が多く、楽しく見ることができるドラマです。
みどころは、何と言っても主人公演じるチソン。7つの人格を持つというなかなかの難しい役柄ですが、それぞれの人格を見事に演じ分ける演技力には圧倒されます。そして注目なのがチソンのどう見ても38歳とは思えないビジュアル!チソン演じるドヒョンとパク・ソジュン演じるオ・リオン(リジンの兄)は同年代という設定ですが、実際の歳の差は10以上…でもドラマを見ても全く年の差を感じさせません。(チソンが若すぎるのか、パク・ソジュンが大人びているのか…w)
またチソン演じる主格の優しく穏やかでジェントルマンなドヒョンと、その次によく出てくる人格で、見た目はワイルドで男らしく、でも暴力的な性格のシン・セギ。この正反対の人格たちは、どちらも違った魅力があり、この二人に翻弄されるリジンの気持ちが大いに理解できます(笑)
でも、このドラマのラブストーリーはこの二人の人格だけでなく、双子の兄オ・リオンも絡んでくるところが見どころ!リオンの妹・リジンを思う切ない愛に毎回ドキドキさせられます。ドヒョン・セギ・リオンのリジンへの愛情表現はそれぞれ違うのですが、どれも女心をくすぐるものばかり。。。女性の方にはぜひ見てほしい作品です!
(スタッフ MIHO)

キルミ―・ヒールミー 関連商品



おすすめ映画ドラマ
コアリスタッフおすすめ!
韓国映画&ドラマ特集一覧はこちら♪


 

TOP

もっと身近に、もっと気軽に!韓国エンタメ・トレンド情報サイト

KOARI

Copyright(C) KOARI All Rights Reserved.