フリーワード検索

おすすめタグ

2020.10.12 17:00

キム・ミョンス主演「暗行御史」、幻想的なケミ溢れる台本リーディング現場公開!

キム・ミョンス、クォン・ナラ、暗行御史

 

[韓国エンタメニュース]

 

「暗行御史」の情熱溢れる初台本リーディング現場が公開された。

 

KBS2新月火ドラマ「暗行御史」は、不正腐敗を清算し、不正に対抗して民衆の無念を晴らす朝鮮時代王室の秘密捜査官である暗行御史と御史団の痛快なコミックミステリー捜査劇だ。

 

この日の台本リーディング現場にはキム・ジョンミン監督、パク・ソンフン作家、カン・ミンソン作家をはじめ、キム・ミョンス(ソン・イギョム)、クォン・ナラ(ホン・ダイン)、イ・イギョン(チャン・テスン)、イ・テファン(ソン・イボム)、アン・ネサン(チャン・テスン)、チェ・ジョンウォン(カン・インチュン)など、今作をリードする主要俳優たちが集まった。

 

キム・ジョンミン監督は「撮影スタートから終わりまで大きな事故なく無事に終えられることを願いながら、最善を尽くして作品を作っていきたいです」と俳優・制作陣を配慮する感想で視線を集めた。

 

台本リーディングが本格的に始まると、俳優たちは瞬時に与えられた役になりきり完璧な呼吸で合わせていった。初呼吸であるにもかかわらず、まるで朝鮮時代にタイムスリップしたようなリアルな演技を見せながら、ドラマに対する期待を高めた。

 

暗行御史“ソン・イギョム”役のキム・ミョンスは、一気に役になりきり、野望もなく今日だけを生きる弘文館の副修撰から素人暗行御史に変身する魅力で視線を集めた。クォン・ナラは、話せない秘密を持つ朝鮮最高の妓生“ホン・ダイン”の姿を見せると同時に茶母のガールクラッシュな魅力をアピールし、現場を盛り上げた。2人はキャラクターにピッタリのシンクロ率で幻想のケミストリーを誇り、コミックミステリー捜査劇の誕生を知らせた。

 

またイ・イギョンは、暗行御史ソン・イギョム(キム・ミョンス)を補佐するパク・チュンサム役を演じ、眼差し・言葉使い・雰囲気まで彼だけの魅力でアピールし、図々しさと面白さで現場を笑いの渦に巻き込みながら視線を集めた。ソン・イギョムの腹違いの弟ソン・イボム役のイ・テファンは、強烈な眼差しと台詞で重い存在感を見せることを予告した。

 

それだけでなくベテラン俳優アン・ネサン、チェ・ジョンウォン、ソン・ビョンホのカリスマ溢れるリーディングが雰囲気を圧倒し、ドラマに重さを加えた。このように「暗行御史」台本リーディングは、興味津々な台本と俳優たちの完璧な呼吸がシナジーを発揮し、今から予備視聴者の心をときめかせている。

 

一方ドラマ「暗行御史」は、韓国にて12月より放送スタート予定だ。

 

 

写真提供:iWILL Media

 

 

韓国エンタメ・トレンド情報サイト KOARI

 

 ドラマ「暗行御史」関連記事を読む

 

 キム・ミョンス関連商品を購入する
 キム・ミョンス関連記事を読む

 INFINITE関連商品を購入する

 INFINITE関連記事を読む

 

 クォン・ナラ関連商品を購入する
 クォン・ナラ関連記事を読む

 

 イ・イギョン関連商品を購入する
 イ・イギョン関連記事を読む


特集