フリーワード検索

おすすめタグ

2020.09.29 11:04

チャン・グンソク、韓国ファンクラブが2億4000万ウォンを寄付

チャン・グンソク

 

[韓国エンタメニュース]

 

俳優チャン・グンソクの韓国公式ファンクラブCri-Jが2億4000万ウォンを社会団体に寄付した。

 

Cri-Jは26日、恵まれない人々を助けるために使われるよう、寄付金を南山院、愛新園、愛のカタツムリ、胆友会、チュモンリハビリ院にそれぞれ寄付した。

 

今回の寄付金は、8月4日にオンラインで行われた「第8回チャン・グンソク 誕生日記念分かち合い写真展」を通じてファンが自発的に集めたものだ。

 

寄付金はそれぞれ、“南山院”に児童福祉費・暖房費などの支援金6000万ウォン、“愛新園”に保護犬の餌の支援金6000万ウォン、“胆友会”に胆道閉鎖症児童の手術費支援金6000万ウォン、“愛のカタツムリ”に聴覚障害児童の手術及びリハビリ支援5000万ウォン、“チュモンリハビリ院”にルー・ゲーリック病の子供達及び身体·精神障害児の支援金として1000万ウォンずつ支援された。

 

なかでも6年間続けてきた愛のカタツムリ支援は、これまで9人の児童が人工渦巻菅手術を受けて言語リハビリを行い、今後さらに5人の児童が音を取り戻す予定であることから、より感動を与えている。

 

何よりも今年の写真展は、新型コロナウイルス拡散防止のためオンラインで行われた展示会にもかかわらず、過去最も多い収益金2億4000万ウォンを集めたことで意味を加えた。Cri-Jは、皆が辛い時期に最も必要な助けを通じて分かち合いの意味を正しく知らせ、良い影響力を与えている。

 

チャン・グンソクの所属事務所関係者は「俳優とファンが一緒に周りの人々に助けの手を差し伸べることにチャン・グンソクも喜んでおり、誇らしく思っている。チャン・グンソクも今後、善行と分かち合いを続けていく」と伝えた。

 

一方チャン・グンソクの韓国公式ファンクラブCri-Jは、寄付金支援以外にもチャン・グンソクと共に9年間ボランティア活動や救援品の伝達、練炭配達など地道な寄付とボランティア活動を通じて、社会の至る所に良い影響力を与えている。

 

 

写真提供:Cri-J

 

 

韓国エンタメ・トレンド情報サイト KOARI

 

チャン・グンソク
復帰後初となるオンラインステージの様子が収録された
DVD&フォトブックの商品詳細をみる

 

 チャン・グンソク関連商品を購入する

 チャン・グンソク関連記事を読む


特集