フリーワード検索

おすすめタグ

2020.06.29 11:08

チャン・グンソク、オンラインファンミが成功裏に終了!全世界から22万ビュー突破!

チャン・グンソク

 

[韓国エンタメニュース]

 

俳優チャン・グンソクが召集解除後、約2年ぶりにファンミーティングを行った。

 

チャン・グンソクは先日28日、“JKS FANMEETING Online STAGE_夢(Dreams)”を開催、世界中のファンと出会った。

 

今回のファンミーティングは、新型コロナウィルスの感染拡大防止のためにストリーミング方式で全世界に生放送された。彼の復帰を誰よりも待っていたファンたちは、韓国を始め日本、メキシコ、インド、サウジアラビアなど多様な国家から今回のイベントに参加。累積ページビュー数が22万を越えるなど“アジアプリンス”としての人気を今一度証明した。

 

特にこの日は召集解除後初めて公式的な場でファンと会う場なだけに、いつの時よりも感動的な瞬間で溢れていた。チャン・グンソクは、長い期間待ってくれていたファンのためにたくさんの準備を行ってきたが、円形ステージで行われた今回のファンミーティングのテーマ“夢”に合わせた幻想的な雰囲気を演出。様々なアングルからのカメラを活用しファンたちとより近くコミュニケーションを行った。カメラが舞台を360度回転し、チャン・グンソクの全てを収めるためのファンサービスを惜しまなかったという。

 

チャン・グンソク

 

チャン・グンソク

 

この日は『一緒に作ったメロディ』からスタートし『Turn off』、『In My Dream』など全7曲をライブで披露。またファンたちのリクエストにより『どうしよう』、『セレナーデ』などを即興で披露するなど、楽しい時間を共有した。

 

チャン・グンソクはライブパフォーマンス中にも、まるで客席のファンたちとコミュニケーションするかのように画面の向こうにいるファンに向けてマイクを差し出すと、チャッティングルームには歌詞を送るファンが殺到した。そんなファンに対して「その思いがとても美しい」とし「この場にどれだけ一緒にいたかっただろうか」と語り、直接顔を合わせることが出来ないファンたちの想いに共感を寄せた。

 

空白期となった2年間について語った近況トークコーナーでは、チャン・グンソクの変わらないトークスキルがライブの雰囲気を高めた。彼は「服務でいただいた給料は交通ICカードのチャージに使った」と素朴な日常を語りリラックスした雰囲気を見せたかと思えば、「若い頃は僕だけが熾烈な人生を生きていると思っていた。なぜそんな高慢に生きてきたのか後悔している」と真摯に語る姿まで、感動と面白みの全てを兼ね備えた魅力でファンを魅了した。

 

またファンのためのコーナー“うなぎの夢”で、「私の夢はあなたです」というファンからのメッセージに「誰かの夢になれるほどの人間なのかはわかりませんが、責任を感じる。大事に思っていきたい」と語った。

 

またファンに向けて最も歌いたかったという『家に帰ろう』では、夕焼けを背に歌うかのような印象的なステージ演出が視線を集めた。楽曲の最後には“ただいま”とあいさつし、ファンたちは熱い反応を寄せた。

 

チャン・グンソク

 

チャン・グンソク

 

最後には「まっすぐに一生懸命歩いていきます」と今後の活動に対する思いを語り、「早く会いましょう~」とファンに向けた挨拶で幕を閉じた。

 

 

写真提供:AG Corporation

 

 

韓国エンタメ・トレンド情報サイト KOARI

 

 

 チャン・グンソク関連商品を購入する

 チャン・グンソク関連記事を読む


特集