フリーワード検索

おすすめタグ

2020.06.29 16:00

ユ・アイン×パク・シネ主演映画「#生きている」、公開初週106万観客を突破!

ユ・アイン,パク・シネ

 

[韓国エンタメニュース]

 

緊張感溢れるストーリー、俳優たちの魅力的な演技シナジー、新鮮な見どころで熱い好評を得ている映画「#生きている」が6月27日、28日公開週末の2日間55万観客を動員、公開初週106万34人の観客数を記録した。

 

予測不可能な展開の中、しっかりとした見どころとドキっとする緊張感で口コミを広めてきた今作が公開初週総観客数106万34人を動員、5日連続ボックスオフィスで1位を続けており公開2週目も大ヒット突風を予告している。

 

特に「#生きている」は、公開5日目100万観客を突破したことは勿論、同時期の競争作たちを全て抜いて週末の2日間55万人の観客数を記録した。このように圧倒的大ヒット作であることを認証した今作は、これまで見ることの出来なかった新しい生存スリラーで強烈なブームを続けている。

 

また今作は、一瞬も緊張感を手放すことが出来ない緊迫感溢れるストーリー、ユ・アインとパク・シネの魅力的な演技シナジー、斬新な生存過程で熱い口コミを得ており、観客たちの心を掴んでいる。

 

映画を見た観客たちは「本当に久しぶりに面白い映画を見て幸せだった」「疲れる暇もなくしっかりと埋め尽くしたストーリー、演技、演出!」「98分が一瞬だったのと同時に心がドキッとした!」「俳優たちの演技が上手すぎて鳥肌だ立つほどだった」など映画の中にある様々な面白さに好評が続いている。

 

一方、観客たちの止まらない推薦と好評に助けられ公開初週から圧倒的人気を得ている映画「#生きている」は、原因不明の症状の人々が攻撃を始め統制不能となった中、データ・Wi-Fi・メール・電話の全てが途切れたまま一人アパートの孤立することになる人々の物語を描いた生存スリラーだ。

 

 

 

写真提供:ロッテエンターテイメント

 

 

韓国エンタメ・トレンド情報サイト KOARI

 

 

 映画「#生きている」関連記事を読む

 

 ユ・アイン関連商品を購入する
 ユ・アイン関連記事を読む

 パク・シネ関連商品を購入する
 パク・シネ関連記事を読む


特集