フリーワード検索

おすすめタグ

2020.06.04 18:00

キム・ジュンス、“赤い髪…観客の皆様のおかげで”

ジュンス

 

[韓国エンタメニュース]

 

歌手兼ミュージカル俳優キム・ジュンスがミュージカル「ドラキュラ」での自らのトレードマークである赤い髪について言及した。

 

キム・ジュンスは、2日ミュージカル「ドラキュラ」100回を迎え、V LIVEを通じファンたちと交流した。

 

彼は、2014年7月15日ミュージカル「ドラキュラ」の初公演を始め、2020年6月2日に100回を迎えた。出演中のミュージカル「ドラキュラ」は、アイルランドの小説家ブラム·ストーカーの同名小説を脚色し、数100年間たった一人の女性だけを愛したドラキュラ伯爵の物語を描いた作品だ。

 

先だってSBSバラエティ番組「新SBSテレビ芸能」で赤い髪と関連し彼が直接アイディアを出したと明かしていた。彼は「イメージであったりビジュアル的な部分が重要な要素だと思っています。血を飲んだのが頭に移動したというような想像をしたら、強烈に見えると思いました」と説明していた。

 

またこの日キム・ジュンスは「僕が完璧に真っ赤でない日もありました。本当に努力しました。毎回染める時はしんどかったですがピンクの髪の毛自体も悪くないと思いました。でも、そんな姿で舞台に立つということが皆さんに対して気が緩んだ姿に見えないだろうか。もしくは、そうでなくてもその瞬間、僕自身の緊張を緩める感じがすると思ってハングリー精神でピンク色になると思ったら、すぐに赤色に染めました」と語った。

 

また「ご存じのように4か月以上維持するのは容易ではなかったです。毎回公演で皆様が送ってくださる歓声や拍手に力を得て、そのエネルギーでカラーリングを僕自身でするようになりました。皆様のおかげでもあり、皆様のエネルギーでしていることなので本当に感謝しています。健康な(僕の)頭皮にも感謝しています」と語り、笑いを誘った。

 

一方「ドラキュラ」は、7日までソウル・シャルロッテシアターで公演される。

 

 

写真出処:V LIVE 放送画面キャプチャー

 

 

韓国エンタメ・トレンド情報サイト KOARI

 

 韓国ミュージカル関連記事を読む
 韓国ミュージカル関連コラムを読む
 韓国ミュージカルOSTを購入する

ジュンス関連商品を購入する
ジュンス関連記事を読む


特集