フリーワード検索

おすすめタグ

2018.10.24 12:01

ソ・イングク、意識不明+血だらけの衝撃…緊張感高まる

ソ・イングク

[韓国エンタメニュース]
 
 
tvN「空から降る一億の星」ソ・イングクが意識不明の状態で救急室に運ばれる様子が捉えられ衝撃が走っている。果して彼に何があったのか。
 
「空から降る一億の星」(以下、「一億の星」)側は、本日(24日)第7話の放送を控え、ソ・イングク(キム・ムヨン役)とチョン・ソミン(ユ・ジンガン役)の応急室でのツーショットを公開した。
 
第6話にてソ・イングクは自分の感情に率直にならず心の扉を閉めようとするチョン・ソミンに「心が無いのが可哀そうなのか、心があるのに知らんぷりするのが可哀想なのか?」というストレートな言葉を投げかけ、視聴者の心を揺さぶった。その後、決心をしたようにソ・イングクの元へ駆けつけるチョン・ソミンの姿と、怪しい男たちから暴行を受けるソ・イングクの姿が描かれ危機感を高めた。
 
そんな中、ソ・イングクが意識を失い、倒れている様子が公開され緊張感が高まっている。苦しそうな顔で薄れつつある意識に、目を開けることが出来ない彼の姿が衝撃を与える中、彼の体をぎゅっと握り、心配するチョン・ソミンの姿が悲しみを誘う。
 
また、顔にできたたくさんのあざや、首につけられたコルセットだけでも彼の状態が深刻であることをうかがわせる。一方、チョン・ソミンの眼差しからは不安でいらだつ感情と共に彼を心配する感情を感じ取ることができる。一体、ソ・イングクが怪しい男たちから暴行を受けることになった理由は何なのか、なぜ彼は死の危機に直面したのか、疑問が高まる。
 
このシーンを撮影当日、ソ・イングクは長時間にわたって準備をし現場に登場した。彼はカメラの細密な角度に合わせきめ細かく動線をチェックする一方、台本に集中してチョン・ソミンと演技を合わせ、現場の熱気を引き上げたという。
 
「一億の星」制作陣は「第7話ではソ・イングクが受けた暴行事件の顛末が明らかになる予定だ」とし、「特に今回の事件はチョン・ソミンがソ・イングクへ心の扉を開く起爆剤になるだろう。2人が強烈に惹かれ合い、互いの気持ちを確認することが出来るのか、放送でご確認ください」と語った。
 
一方、「空から降る一億の星」は怪物と呼ばれた危険な男ムヨン(ソ・イングク)と、彼と同じ傷を持つ女性ジンガン(チョン・ソミン)、そしてムヨンに立ち向かう彼女の兄ジングク(パク・ソンウン)に訪れる衝撃的運命のミステリー恋愛ドラマ。第7話は韓国にて本日(24日)夜9時30分より放送予定。
 
 
写真提供:tvN「空から降る一億の星」
 
 
韓国エンタメ総合情報サイトKOARI

「空から降る一億の星」紹介コラムを見る
 


特集