フリーワード検索

おすすめタグ

2018.10.15 11:01

イ・ナヨン、イ・ジョンソクと初共演!ドラマ「ロマンスは別冊付録」出演決定

イ・ナヨン

[韓国エンタメニュース]
 
 
女優イ・ナヨンが「ロマンスは別冊付録(仮題)」にて約9年ぶりにドラマ復帰する。
 
出版社を背景に本を作る人々の話を温かく描いたtvN「ロマンスは別冊付録」側は15日、イ・ナヨンをキャスティングしたと伝えた。
 
イ・ジョンソクがロマンチックコメディーに初挑戦することでも期待を集めている中、トップスターのイ・ナヨンが約9年ぶりのドラマ復帰作として本作を選び、さらに話題を呼んでいる。
 
また、本ドラマは好評のうちに放送終了したチョン・ギョンホ主演「ライフ・オン・マーズ」、カンヌ映画祭にて主演女優賞を受賞したチョン・ドヨン主演「グッド・ワイフ」を通じて演出力を立証したイ・ジョンヒョ監督と、多くの共感を呼んだラブコメディ「ロマンスが必要」シリーズにて呼吸を合わせたチョン・ヒョンジョン作家が手掛けることでもドラマファンの期待を集めている。
 
イ・ナヨンは高スペックの経歴断絶女(キャリアが途切れた女性)カン・ダニ役を演じ、破格の変身を見せる予定だ。一時は人気を集めたコピーライターだったが、いつの間にか一文無しに転落した“経断女”(経歴断絶女)のカン・ダニ。高いスペックのために再就職に失敗した彼女は学歴を偽ってチャ・ウンホ(イ・ジョンソク)が編集長を務める出版社に就職し、新しい人生を切り開く。イ・ナヨンが一層深まった演技で描いていくカン・ダニという人物に早くも興味を引かれると共に、何よりもイ・ジョンソクとの特別なロマンスがいかなるシナジーを発揮するのかにも注目が集まっている。
 
独特なビジュアルと個性の強い演技で長い間愛されてきたイ・ナヨンは、出演作ごとにファンの熱い支持を得てきた。MBC「勝手にしやがれ」(2002)、「アイルランド」(2004)など数々の作品をヒットに導き、スクリーンでも「フーアーユー?」(2002)、「英語完全征服」(2003)、「私たちの幸せな時間」(2006)、「非夢」(08)、「ハウリング」(2012)などを通じて大衆の関心を集めた。ドラマ復帰に先立ち、釜山国際映画祭の開幕作に選ばれた「ビューティフルデイズ」にて映画カムバックも控えている。
 
空白期にも演技についていつも考えてきたという彼女はドラマ復帰作として「ロマンスは別冊付録」を選んだ理由について、「チョン・ヒョンジョン作家の温かく愉快な笑いが溶け込んだ脚本が胸に響いた。イ・ジョンヒョ監督との作業も楽しみだ」と明らかにし、「久しぶりに温かい作品で視聴者のみなさんにお会いできることにときめいている」と期待感を示した。
 
一方、ドラマの制作は今年、作品性と興行性を認められたキム・ナムジュ主演 大人の極上ミステリードラマ「ミスティ」を制作したグル&グリムが担当し、差別化されたウェルメイドドラマ(よく作りこまれたドラマ)の誕生を予告している。「ロマンスは別冊付録」は韓国にて来年上半期放送予定。

  
写真提供:eden9
 
 
韓国エンタメ総合情報サイトKOARI

「ロマンスは別冊付録」関連ニュースはこちら





イ・ナヨン関連ニュースはこちら

 


特集