フリーワード検索

おすすめタグ

2014.11.26 05:40

映画界へ進出する”演技ドル”たち

アンニョンハセヨ!mariです。

最近の韓国では、アイドルたちの映画界への進出がとても活発に行われているのをご存知でしょうか??

今までもアイドルが映画に出演することが無かった訳ではありませんでしたが、最近は俳優に劣らないその演技力で映画界から高い評価を得ているアイドルも続々登場しているのです。

ではそんな映画界で活躍する“演技ドル”たちを少し見ていきましょう^^

パク・ユチョン(JYJ)

JYJとして活動をしながら俳優としても大活躍してきたユチョン。「成均館スキャンダル」から始まり「屋根部屋の皇太子」「会いたい」「スリーデイズ」などドラマを次々とヒットさせ、その演技力を磨きなが確実に俳優としての地位を確立してきた彼ですが、今年満を持してスクリーンデビュー。

その作品がこちら。

「海霧」(2014年8月公開)

夢を抱いて出航した6人の船員が一寸先も見えない海霧の中で密航者たちを運ぶことになり、取り返しのつかない事件に巻き込まれていくストーリー。「殺人の追憶」「グェムル怪物」「スノーピアサー」などのポン・ジュノ監督が初めて企画・制作を手掛けたことでも話題を集めました。

ストーリーが少しダークなこともあり興行成績自体はそこまで伸びなかったものの、ユチョンのその演技力は高い評価を受けました。第34回映画評論賞の新人賞、そして先日行われた第51回大鐘賞映画祭でも新人賞を受賞するなど、アイドルから演技派俳優への道を確実に歩んでいると言えるでしょう。

「海霧」キャラクター映像(日本語字幕付)

イム・シワン(ZE:A)

もはや説明不要?なくらい演技への評価がものすごく高いイム・シワン。
もともとキム・スヒョン主演の「太陽を抱く月」で“あの可愛い子は誰?!”と注目を集めた彼ですが、そんな彼の演技が全国区でお茶の間に広まったのがこちら。

「弁護人」(2013年12月公開)

名だたる演技派俳優たちに囲まれる中でも全くと言っていいほど見劣りしない彼の演技に、またもや「この演技のうまい子は一体誰?!」と大注目を浴びました。

その後はドラマ「トライアングル」でイ・ボムス、JYJジェジュンと共に主演を務め、現在はケーブルテレビの超人気ドラマ「未生」に主演中。(ちなみにこの「未生」、本当に大人気で、私の周りでこのドラマを面白くないと言っている人を見たことがありません。笑 「未生」については以前こちらのコラムでも取り上げましたので、ぜひこちらをご覧ください^^)もはや俳優イム・シワンとしての知名度のほうが高いのでは?!というくらいの彼ですが、今後もZE:Aでの活動と共に期待大です^^

ファン・チャンソン(2PM)

2PMの末っ子であるチャンソン。2013年には「7級公務員」を始めドラマでは活躍していた彼でしたが、今年から本格的に映画界へ進出をし、出演作品がこの秋から冬にかけて2作連続で公開されています。
まずは彼のスクリーンデビュー作がこちら。

「レッドカーペット」(2014年10月公開)

「レッドカーペット」は成人映画のアベンジャーズ軍団と、彼らにまんまと(?)釣られた元国民的女優を描いたコメディ映画で、劇中でチャンソンはひょんなことからエロ映画の制作会社に入社するもその変態(?)の才能が開花する末っ子をコミカルに演じています。

基本的にコメディ調で描かれていく中に、ぐっときてしまう感動がある本作品の中で、チャンソンはほんわかでププッとなるその演技で“コメディが出来る俳優ドル”として高い評価を受けました。

そしてそんな彼の二作目がこちら

「トクス里の5兄弟」(2014年12月公開予定)

ポスターを見た瞬間に「うん。コメディだな」とすぐにわかってしまうほど、とっても楽しそうな作品^^
本作品でチャンソンが演じるのは5人兄弟の4番目、“文句とムダ口のアイコン”スグン。口ばっかりで、気持ちはあるんだけど行動が追いつかない、そんなちょっと残念な(笑)キャラクターを演じます。

「レッドカーペット」でそのコメディ演技が認められたチャンソンが息つく暇もなくまたもやコメディ演技に挑戦した「トクス里の5兄弟」、注目です^^

「トクス里の5兄弟」キャラクター映像(日本語字幕付)

ちなみに2PMは他のメンバーも続々と映画界に進出中!

テギョンは2013年に公開された「結婚前夜」(2013年11月公開)に映画初出演にして初主演。

有名レストランのシェフで、イ・ヨニと交際9年目で少し倦怠期を迎えた恋人同士を演じました。

またジュノも映画に続けて出演中です。ジュノは2013年に公開されたチョン・ウソン&ソル・ギョング&ハン・ヒョジュ主演の「監視者たち」(2013年7月公開)でスクリーンデビュー。その時の演技が非常に高い評価を受けました。

その後イ・ビョンホン&チョン・ドヨン主演の「侠女:刀の記憶」にキャスティングされ、時代劇に初挑戦。こちらは来年に公開を控えています。そしてまたまたその後キム・ウビン&カン・ハヌルと共に「20歳」に主演としてキャスティング!こちらも先日すでにクランクアップしており、来年に公開を控えています。時代劇に青春劇という違ったジャンルの2作品で一体ジュノがどんな姿を見せてくれるのか、そちらにも期待です!

ド・ギョンス(D.O. EXO)

EXOのメインボーカルとして活躍していたD.O.ですが、今年は本名ド・ギョンスとして俳優の才能を開花させました。彼の演技デビューは今年放送された話題のチョ・インソン&コン・ヒョジン主演のドラマ「大丈夫、愛だ」

劇中で彼はチョ・インソン演じる売れっ子作家ジェヨルのファンという設定でしたが、ストーリーが進むにつれて実はジェヨルだけに見える、“ジェヨルのもう一つの自我”という難しい役柄をドラマ初挑戦ながら見事に演じ切り、その演技が高く評価されました。

そしてその後今年11月にスクリーンデビューした作品はこちら。

「カート」(2014年11月公開)

主人公ヨム・ジョンファの息子役で、母親に反抗しながらもアルバイトにいそしむ普通の高校生役を演じています。

自然体で、どこか憂いのある彼の演技は、俳優ド・ギョンスとしての才能と今後の可能性を期待させてくれます!またD.O.として「カート」のOST「叫び」を歌っており、こちらも注目です!

「カート」キャラクター映像はこちら(日本語字幕付)

SUPER JUNIORイ・ドンへ&4Muniteナム・ジヒョン&FTISLANDソン・スンヒョン

ちょっと毛色の違う(?)と言いますか、現在公開中の映画「レディーアクション青春」(2014年11月公開)にてスクリーンデビューを飾った3人。

本作は4編からなるオムニバス映画で、それぞれがストーリーの主人公を演じています。アイドルが出演、そして「青春」というタイトルから、なんとも爽やかなのかと思いきや、割と重めなテーマを扱っている部分もあり、キラキラストーリーというよりは、誰もが青春時代に感じる葛藤や悩みなどをリアルに描いている作品でもあります^^

「レディーアクション青春」予告編(日本語字幕付)

さて、最後はソロではなくメンバー全員での出演?!と思いきや、こちらは今までとは違った少し番外編的な視点で^^
それぞれのグループを追ったドキュメンタリー形式の作品をご紹介します。

INFINITE「GROW:INFINITEのリアル青春ライフ」(2014年12月公開予定)

まずINFINITEは、昨年行われたワールドツアーにカメラが密着しながら、ツアーを通じて彼らが感じた成長の痛み、そしてそれぞれが抱える悩みや葛藤などを描いたドキュメンタリー映画。

華やかな舞台の裏で一体彼らはどんなことを感じ、思い、悩んできたのかを垣間見ることのできる作品です。

予告編はこちら(日本語字幕付)

神話「SHINHWA LIVE 3D THE LEGEND CONTINUES」(2014年12月公開予定)

続いては神話(SHINHWA)。こちらは昨年3月にソウル・オリンピック公園内体操競技場にて行われたデビュー15周年記念コンサート「2013 SHINHWA 15TH Anniversary Concert」をドキュメンタリー化した作品。

韓国で現役最長寿アイドルと言われている神話。そんな彼らの15周年を記念したコンサートの模様を中心に、その後行われたアンコールコンサートの様子や、ミュージックビデオのメイキングなどを含めなんと3Dでの上映となるそう!
まるでライブを見ているかのような臨場感溢れる3Dであの時の感動を再び味わうことが出来、また15年という長い期間お互いを支え合ってグループとしての結束力を年々高めている彼らの真の姿にも迫ることができるということでこちらも期待大です^^

ざっと並べてみましたが、その他にもMBLAQのイジュンBoAB1A4のジニョンなど映画界へ進出するアイドルは後を絶ちません!たとえどんな人気のあるアイドルでも、演技が下手ならば容赦ない評価を下される風潮のある韓国。そんな中で今後も一体どんなアイドルたちがスクリーンをにぎわせてくれるのか、とっても楽しみなのでした^^

*関連コラム*
「韓国で映画を観よう!~ソウル映画館ガイド~」

コアリでは映画チケット(韓国)も取り扱い中!
詳しくはこちら


特集