フリーワード検索

おすすめタグ

2014.10.16 09:29

【会員レポ】10/11「TEAM H PARTY」福岡公演レポ

10月11日、マリンメッセ福岡で行われた「TEAM H PARTY Raining on the dance floor福岡公演」に行ってきました。

台風が近づく中、もう1つの台風…チャン・グンソク(以下グンちゃん)とDJ Big Brother(以下BB)のユニットTeam H(以下TH)がついに福岡に上陸しました。
ウナギ(グンちゃんのファン)とプロテイン(BBのファン)にとっては待ちに待ったTHとしての福岡での初Party。
どんな2人の姿を見ることができるのか、どんな風に楽しませてくれるのか…期待と興奮でいっぱいになる中、開場しました。

会場の中はもうTHの世界。センターステージ、そして十字の花道が目に飛び込みます。
色とりどりの光が飛び交い、THの2人が選曲したのでしょうか(そうだと嬉しい)思わず踊りたくなるような曲が流れます。
前回のTHツア-から恒例となった(?)グンちゃんによる開演前の場内アナウンスが始まります。
グンちゃんの一言一言にウナギは耳を傾け、かわいい言い回しに笑顔、そして時に突っ込みを入れていました。
待つ時間も楽しませるグンちゃん。やってくれますね。センターステージ上にあるスクリ-ンに“Raining on the dance floor”のPVが流れ始めると、会場は興奮に包まれました。

~Opening~
スクリ-ンから聞こえてくるのはヘリコプタ-の音と映像。
だんだんヘリの音が近づきます。その時、客席に浮かび上がる“TEAM H”の文字。
グリ-ンの光が包み込む中、ギターリストのイム・ハンギョル氏が登場。ヘリがH(THのロゴマ-ク)のヘリポ-トに降り立つ映像が流れます。
そうです!THが間もなくこの会場に登場するのです。胸は高鳴ります。
次の瞬間、ステ-ジにBBの姿が現れました。会場から大歓声が起こります。

体の奥に響く音と、光の演出。その中に浮かぶ気持ち良さそうに目を瞑り、上を見上げ、サウンドと歓声をを体全体で感じ、楽しんでいるように見えるBBの姿。プロテインの目にはハ-トが浮かんでいたはず☆
そして、グンちゃんの登場です。
彼の手にはレーザービーム。あのレーザービームが自分に当たるとまるでグンちゃんと光で繋がったようで、嬉しくなるのは私だけでしょうか(笑)
「Jump!!」とグンちゃんが叫ぶと会場は揺れ、熱気に包まれました。THの2人がDJブ-スに入るといよいよPartyのStartです!

~2人のパフォーマンス~
今日のキーワードは「イロケ(このように)」。
これを連呼するTH。曲の間にも何度も「イロケ」を言いながら2人で爆笑している姿が見られました。
グンちゃんが「BB、お前イロケ言い過ぎなんだよ」と言いた気な表情をしたかと思うと、すかさず自分が「イロケ」を言う(笑)
BBも「イロケ」を言うタイミングなのにわざと言わずグンちゃんを罠にはめて遊んでいました。
何とも高校生・・・いや・・・中学生のような2人ですね。
グンちゃんはステージから客席に降り、楽しそうにスモークガンをみんなに吹きつけたり、時に1人に集中攻撃してみたり。
水鉄砲で遊び、本当にこの人はファンパボ(ファンが大好き)なんだなと思いながら見ていました。
ファンと遊ぶ時間を心から楽しんでいて、ファンが喜ぶ顔を見て自分も喜ぶ。お互いが適度な距離感で想い合い、楽しむ。そんな時間が流れていました。

BBは会場の盛り上がりをとても気にかけているようで、ステージをかけ回り、声を出して!こんな風に踊るんだよ!と振りを見せてくれたりと、みんなを盛り上げます。
グンちゃんがBBに連続投げキッスをする一幕もありましたが…BB完全無視(笑)。
BBが「Fukuoka楽しいですか?楽しいか?Great!」と言うとグンちゃんが「寂しいですか?」と聞く。なんともお茶目な2人ですね。

“Raining on the dance floor”ではステージに噴水が登場します。
噴水の中に入り濡れながら歌うグンちゃんはセクシ-です。
見所はグンちゃんが水をマジックのように操るところ。グンちゃんの動きに合わせて水が高さを変えたり、色を変化させたりします。必見です。

“Driving to the highway”
BBの優しい声で始まる“I’m running away from the moment”の後にグンちゃんとウナギが”Driving to the highway”と続きます。
振付の練習なのですが、静かな会場に響くのはBBの歌声、そしてグンちゃんとウナギの歌声だけ。
鳥肌が立つくらいの一体感。あの瞬間はきっと誰もが優しい気持ちになり、たとえ不安や悩み、辛い思いをしている人もあの時間は全部忘れられたのではないかと…そう思えるくらいの素敵な時間でした。

それはグンちゃんも同じように感じるのか、何度もリピート。
自分は歌わずにウナギ&プロテインの歌声を愛おしそうに目を閉じて聞いていました。
この曲の間はTHは2人ではなく、2人とあの会場にいたたくさんのウナギ、プロテインがメンバーの一員になったのではないでしょうか。みんなで作り出す世界。そんな素敵な空間でした。
振付がそろったときのグンちゃんとBBの嬉しそうな表情。会場の隅から隅までを見て微笑んでいました。私は今回のPartyでこの時の光景をずっと忘れないと思います。

~THの衣装~
今回はス-ツ姿からHIPHOPスタイル、カジュアルスタイルと衣装でも楽しませてくれました。
・グンちゃん
①Opening~黒地にキラキラのラインストーンが散りばめられたスーツ(今回のアルバムのジャケット写真で着用のもの)中は黒のシャツに黒のネクタイ。足元はスニーカー(最近スーツにスニーカーを合わせるのが好きなのでしょうか)
②“Gold digger”の曲の雰囲気に合わせたHIP HOPスタイル。キャップを被り、白地にブランドロゴが書かれたタンクトップにモノト-ンのチェック柄ジャケット。腰履きした黒の革のパンツ。首元には大きなネックレス。
③“As time goes by”~黒いツバ付きHAT。白地にロゴ入りTシャツ。ボトムスは穴開きジ-ンズ。

・BB
①Opening~ネイビー色地に白ドットストライプのジャケット(今回のアルバムのジャケット写真で着用のもの)にジーンズ。
②キャップを被り、ブランドTシャツにジーンズ
※アンコールは2人ともグンサギトレーナー

~楽屋トーク&アタックコーナー~
“Sunshine”が終わると、ステ-ジでBBがDJで会場を盛り上げます。
“Still Working”の曲が流れ、色とりどりの光が溢れ、BBの歌声が響き渡ります。跳びはねるBB。盛り上がる会場。自信に満ち溢れたBBのDJ、何と言っても彼自身が楽しんでいるのが伝わってきました。

その間、グンちゃんは楽屋に移動していました。
バランスボ-ルを小さなバスケットボールのゴールに投げ入れるなどハチャメチャ度がUP。医務室に入り、ベットにダイブ!横たわったかと思うと廊下を歩きながらネクタイ外し…ボタンを外し…途中で警備員の方にダンスで絡む。警備員さん困りつつ会釈。
ここでグンちゃんのお着換えタイムの始まりです。
ステージではBBが“Nagoya!”と言うので「福岡と名古屋を間違えたな」と思った瞬間、“Fukuoka!Tokyo!Osaka! Everyone jump!!”と繋げたBB。流石だなと一人で感心しました(笑)

スクリーンには衣装チェンジしたグンちゃんが登場。ソファに座り「福岡の何が一番有名?明太子?」と会場のみんなに聞く。
「明太子はいつも俺の家の冷蔵庫に入ってる」←本当でしょうか(笑)
昨日行った屋台について話すグンちゃん。そして…出ました博多弁「めっちゃうまかー!!」会場は拍手。

そしてアタックコーナーでは「今日も緊急会議を開き、きちんとプランニングしたので、今日も2人のウナギを選びます」と宣言。
「今日のトピックです。ぼくより目上の人、親孝行をするためにぼくのお母さんより年上のおばあちゃんを選びます!!」となり、2人のおばあちゃんが選ばれ、グンちゃんは背中をそっと押して丁寧にステージまでエスコート。
そしてmusicスタート!!BBのお相手のおばあちゃんはBBを置いて進んでしまい、追いかけるBB(笑)。
なぜか最後は4人で盆踊りのようなダンスをしながら爆笑するグンちゃんとBB。本当に微笑ましい光景でした。会場もあたたかい空気に包まれました。
この間も常に2人はおばあちゃんを気にかけながら、そっと背中に手を当ててあげたり、手を繋ぎ丁寧にエスコート。そんな2人のさりげない優しさを見てホッコリ。

~トーク(※一部抜粋)~
①「初めて福岡にTHで来ました。去年のツアーでは来られなかったので福岡に行きたいと言ってツアーに入れてもらいました」と。
今回のアルバムについてBBに聞くグンちゃん。「このアルバム、とってもとっても楽しいと、とっても素晴らしいと、とっても…あっ!…あっ!とってもすごいアルバム!Yeah!」とYeahで誤魔化すBBにグンちゃんは爆笑。
“Gold digger”はBBの体験談からうまれた曲らしく、そのモデルとなった元彼女について聞くグンちゃん。
どうやら、BBの元彼女は新しい彼氏ができたらしく、とても元気にしているとのこと(笑)

②多くのウナギが涙したのではないでしょうか…
「たぶん、いつか、ぼくが来たときに(空港に)誰も待っていなかったらどんな気持ちになるだろうって思って、寂しい気持ちになるだろうって…そう思いながら昨日も飛行機に乗ったけど、福岡に着いたら、たくさんみんなが待っててくれて、俺が出てきたらキャーーーーー!!って。嬉しかったよ。いっぱいエネルギーもらうんだよ」と。
以前、20年先までずっと一緒にいようねとウナギと約束したグンちゃん。そんなあなたを見守り、いつも応援してる人が世界には沢山いますよ ^^。

アンコ-ルではTHもウナギもプロテインのテンションもマックス!最高に盛り上がりました。
最後にグンちゃん「福岡には綺麗な女性やかわいな女性が沢山いる…かも…」
BBが「どこ?どこ?」と聞くけど、会場を見渡し「いない!いない!ここにはいない!」と…会場からのブーイングに「じゃあ、自信がある人は立って!」と…みんなが立つと「座ってください」とニヤリとして一言。
最後までグンちゃんの悪戯&意地悪を楽しめたPartyでした。

Partyが終わるとスクリーンにはTHのダンス練習風景やLIVEの映像が流れます。これから行かれる方は最後までお楽しみください。

~最後に~
去年よりも更にパワーアップしたTH。音楽と光を使った演出が最高に綺麗です。
そして、今回はやんちゃな部分と大人な部分(少年のような大人)、そして飾らない2人の姿を見ることができました。
グンちゃんとBBを見る度に思うことがあります。この2人は磁石みたいだなって。磁石には別々の異なる性質を持ったN極とS極の2つがあり、単独で存在することはなく必ず両極が一緒になっています。
切っても切ってもどちらかが1つになることがあり得ない。まさにグンちゃんとBBのようだなと。
その2人が作り出す曲、ライブ、雰囲気にみんなは魅かれていくのではないでしょうか。

それはファンだけでなく、会場スタッフの方までも魅了していました。
ライブ中、足でリズムをとったり、頭を少しだけ揺らしたりしてTHワールドに惹きこまれていた会場スタッフの方々を私は見逃しませんでしたよ(笑)!みんなTHが大好きなんですね!

さて、これからもTHのDriveは続いていきます。みなさんHigh wayで振り落とされないようにしっかりとシートベルトをお締めください☆

TEAM H関連商品はこちらから

■チャン・グンソクTEAM H アリーナツアー
http://www.jang-keunsuk.jp/team_h/
 
■チャン・グンソク JAPAN OFFICIAL FANCLUB
http://www.jang-keunsuk.jp/top.html
 
■「キレイな男」オフィシャルサイト
http://www.kirei-t.jp/
DVDレンタル・発売ついに開始!
リリース記念チャン・グンソクTカード登場!


特集