フリーワード検索

おすすめタグ

2014.10.16 09:31

【会員レポ】10/12「TEAM H PARTY」福岡公演レポ

台風直撃の予報に、参戦うなぎさんもお留守番うなぎさんもグンちゃんの雨男っぷりにドキドキした「TeamH Party Raining on the dance floor福岡公演」二日目10/12(福岡マリンメッセ18時開演)。
みんなの祈りが通じたのか、無事開催され参戦しました。

今回は主人が初参戦で、席のエントリーの都合で9歳のうな娘と主人がペアで、私は一人での参戦でした。
二人の感想はあとで読んでいただくとしてMCを中心にレポしたいと思います。
台風の影響で会場にどうしても来れなくて涙したうなぎさんもいらっしゃると思います。少しでも伝われば…。

まずはグンちゃんのアナウンス。
真面目に?読んでるけど、ダメダメダメ~や、(優しく語尾をあげて)お待ちください↗とちゃんとグンちゃんらしさがあってテンションアップ~。

そして照明が落ちて「Raining on the dance floor」のPV~みんなの手拍子とコントロールされてるグンサギライトが更に一体感を増していきます。
前日も参戦してたんですが、この日の会場のパワーはすごくてなんかすごいライブになりそうな予感がしました。

レーザーでTeamH Partyと浮かびあがり生ギターソロが響き渡りいよいよPartyスタート!
「Open the door」でカートくん登場~ふくおかジャンプ~~そして赤スーツにポニテのグンちゃん登場!
神がかり的なビジュアルに会場の温度は一気にヒートアップ「Do it on the speaker」で踊るグンちゃんはセクシーでその破壊力は半端じゃなかったです。
こんなグンちゃん、見られるなんて。

「ふくおか~声出して~福岡での最後の公演、準備OK?いけるか~?」
「I just wanna have fun」でははやりのイロッケ~の掛け声がさっそく登場。
たたみかけるように「What is your name?」ふくおか~とカートくんもすごく叫んでくれてより盛り上がります。
「今日もうなぎパワーみせて!」オレオレオレオレ~で「Can’t stop」へ。

「OK そろそろTeamHのpartyいってみましょう~ふくおか!」の掛け声で「Listen to me」でジャケットを脱いで白シャツに。汗で身体にピッタリ張り付いて色っぽさがまたアップ。
二人で向かい合って手を叩き合ってほんとに楽しそうにDJing。

「NO human smell」でアリーナに降りてスモークガンをあっちこっちに噴射~ドエスっぷりを発揮していました。水鉄砲も登場してアリーナは大盛り上がり。

それからグンちゃん退場で裏の姿をカメラが追いかけます。
水飲みながら踊ったり、刀みたいなものをもったらそれがしゃぼん玉で吹いてみたり、バランスボールをシュートしたり。
一番はエレベーター乗る乗る詐欺。グンちゃんが乗ろうとするからSPさんとマネが急いで乗って扉が閉まりかけるとダッシュで降りる~5歳児炸裂。
「Still working」で生着替えに。Hマークのスーパーマンにセクシービキニのお姉さんのパネルにはお約束の胸をセクシーにもみもみ(笑)。

曲が終わると「Still working」を歌いながらスクリーンにTカードを持ってグンちゃん登場。
衣装は迷彩柄だけどライトが当たるとキラキラ光る服とキャップにチェンジ。
「今日はすごく盛り上がって雰囲気が半端じゃないし。みんな盛り上がってるでしょ?」(うなぎ:イェー)

そして「昨日うなぎ攻撃時間に選んだのは80歳くらいのおばあちゃん。親孝行した。なので今日はどうする?いつも公演が終わってスタッフの方とお母さんとマネージャーと会議して、明日はどう?って。でも僕は負けない」と言い「今日は福岡に住んでる20歳の女の子」でブーイングの嵐も、負けずに手をあげさせるグンちゃん。
選ばれたのはお母さんと一緒に来たうなぎさんで、そのお母さんも一緒に。

その後、いきなりのピンクレディのUFOのイントロが!
もちろんカートくんは頭の上で手を開くあのポーズ!「とても好き~UFO」
お母さんに娘さんは彼氏がいるのか、結婚の計画とかを確認。早くしてほしいというとカートくんが立候補、するとすかさずグンちゃんがX girlfriendの話を出して「gold digger」誕生の話に。今彼氏がいること、とっても有名な韓国の芸能人とカミングアウト(汗)。
カートくんがUFO連発すると「僕にはうなぎがたくさんいるから、BBさん、娘をアタックしてください」と。
うなぎさんたちとの絡みはかなり抑え目にしてるように見えました。

続いて「gold digger」、「I’m so ghetto」へ。
ここで「TeamHのチャングンソクです」「What’s up? Team Hのビッグブラザーです」と挨拶。
「福岡の二回目の公演、みんな楽しんでる~?」
「今日は雨ですよね、雨男だから。今日帰れる?帰れない?同じ同じ、明日飛行機乗れないかも」「でもタイフーンに負けないようにマリンメッセはすごく熱いでしょ?」「明日何する?(うなぎ:ドライブ~)死ぬかも~ホテルから出たら。カラオケとか、昼から部屋でお酒とか」

「ではセカンドフルアルバム、説明してくださいBBさん」
話そうとするカートくんに「もうめんどくせーから新しい単語とか勉強しろ~」だけどカートくん負けずに「このアルバムはとっても新しいアルバム」「エレクトロニックスタイルとヒップホップスタイルと演歌…」
え、演歌ってどれ?うなぎがみんな思ったところにいきなり「UFO」日本スタッフさんと考えて選んだとのこと。カートくん、とても好きだそうです。

このアルバムで一番好きな曲は?という話になり、カートくんは「gold digger」と自爆。
グンちゃんが好きなタイプは~今から歌う曲で「liquor shot」に。
ステージを走り回りながら「Getting over」で「死んでもいいから最後までいってみよう。みんな準備OK?明日帰りたくないから」
グンちゃん、うなぎも同じ気持ちだよ~

「shake it」「R&R tonight」「Welcome to my world」とますます盛り上がる福岡。
生ギターが入ると曲の表情がまた変わって素敵でした。
三人でするパフォーマンスもかわいかった~。
 
そして「Raining on the dance floor」へ。
やっぱり水柱の演出は圧巻。私は逆サイドで遠目にしか見えなかったけど、すぐそばで見たうな娘は“グンちゃんが手を動かすと水が生きてるみたいに動き出すんだよ~すごい輝いてた”と興奮していました。

「As time goes by」が始まり、グンちゃんはTシャツにスキニーパンツ、ハットで登場。
「Beautiful world」へと続きます。私の好きな曲が続く幸せ~。

「とってもすごい最高~」とカートくん。
グンちゃんは「ふくおかに初めて来たのは2010年のファンミーティング、うなぎも食べたし、すごく静かでリラックスができるところと思った。Cri showII、ZEPP TOUR、今回のteamH partyまで。自分で自信があることはふくおかに来るときには新しいコンテンツで来て、みんなにひとつだけじゃなくていろんなチャングンソクの姿を見せることがラッキーだと思う、みんな、ありがとう~」

そして「ZEPPの公演から始めたteamHというユニットが今日まで来ちゃった。ZEPP、ホール、そして今日のアリーナツアー、ずっと僕の隣でいつも遠目のところで、そして一番近くにいる僕の友達ビッグブラザーにありがとう」「ビッグブラザーがいなかったら、今日もなかったかも。ありがとう」
この二人の出会い、絆に私も感謝せずにはいられませんでした。

「それではこの曲一緒に歌ってみよう、まずは練習から。お願いBB」
「Driving to the highway」のアコーステックバージョンでみんなで振りの練習。グンちゃん、カートくんの優しい声がアコギに乗って心にしみわたります。そしてUPテンポバージョンへ。

「Take me」では大量の紙ふぶきが会場を覆って幻想的に。
それらがライトに照らされキラキラ輝いてその中で歌う二人は圧巻でまさにWonderlandそのものでした。

アンコールでは「Party tonight」からparty再開!ここでイロッケ連発~。
「Feel the beat」ダンサーさんが自撮棒でみんなで記念撮影大会。
グンちゃん、カートくん、ダンサーさん、ギターリストさん、会場のうなぎも楽しくてこのまま夜明けまで~と願わずにはいられませんでした。

今日の最後のアホゲームはグンちゃんVSカートくんで、カートくんが負け、マイク等外してTシャツを破られ噴水の中へ。
続いてグンちゃんも自ら噴水でずぶ濡れに。
最後あんにょんと投げキッスしながら消えていきました。

途中、近くのスタンドにグンちゃんが来て小さいうなこちゃんと握手していました。
グンちゃん、スタンドもちゃんとみてくれてるんだな~て。今度はうちのうな娘もみつけてね!

名古屋初日にも参戦していましたが、福岡に来てライブがすごく進化していることにびっくりすると共に、少しでもうなぎやプロテインと楽しく遊ぼうとしてくれるグンちゃんとカートくんの気持ちが伝わってきました。
あんな幸せな空間はないですね。後半戦、また楽しみです。
いっぱい元気や笑顔をもらってまた今日から頑張れるよ。ありがとう~。

記憶+走り書きのメモで一字一句正確ではありませんが、空気が伝われば幸いです。
最後に、我が家の二人の感想も読んでみてください。

【主人(うな男予備軍)目線】
曲はいつも聞かされているので知っていたけど、ライブを見るのは初めて。
ステージのクオリティの高さにびっくりした。会場の一体感がすごかった。センターステージはどこからも見やすくてとてもいい。
見ていて面白いから妻や娘が何回も行きたがるのがよくわかった。近くに年配のご夫婦がいて、最初静かに座って見ていた旦那さんが最後はノリノリになっていてライブのパワーを感じた。
なによりも楽しかったからまたぜひ行きたい。
一番聞きたかった「Gotta getcha」がなかったのが残念。「What is your name」が一番気に入った。
男から見てもグンちゃんはかっこよかった。
 
【うな娘(9歳)目線】
今回でお父さんがうな男になるようにがんばった。
最初はちいさくノッていたお父さんの手がだんだん上がっていって「Driving to the highway」ではちゃんと一緒にやってくれてすごい楽しかった。振りの練習があるからお父さんもできるようになった。
アホゲーム、何回やっても全然早くできないし、負けるからグンちゃんはすごい!
ライブにうなこも参加できるようにしてくれてほんとにありがとう!

TEAM H関連商品はこちらから

■チャン・グンソクTEAM H アリーナツアー
http://www.jang-keunsuk.jp/team_h/
 
■チャン・グンソク JAPAN OFFICIAL FANCLUB
http://www.jang-keunsuk.jp/top.html
 
■「キレイな男」オフィシャルサイト
http://www.kirei-t.jp/
DVDレンタル・発売ついに開始!
リリース記念チャン・グンソクTカード登場!


特集