フリーワード検索

おすすめタグ

2014.08.25 11:37

韓国エンタメランキング[8/18~8/24]

【CD売上ランキング】 8/18~8/24 HANTEOチャート調べ
1位 テミン-ACE ミニアルバム1集
2位 防弾少年団 1集-DARK & WILD
3位 KARA-DAY & NIGHT ミニアルバム6集
4位 Block B-H.E.R ミニアルバム4集
5位 WINNER 1集-2014 S/S Limited ED.


 
人気アーティストのカムバックが続いた今週、SHINee テミンのソロアルバムが1位の座を獲得した。
続いて2位には防弾少年団 1集が、3位には新メンバー ヨンジを迎え4人体制でカムバックしたKARAのミニアルバム4集がランクイン。
 
テミン-Danger

【映画ボックスオフィスランキング】 8/22~8/24 韓国ボックスオフィス調べ
1位 海賊:海に行った山賊
2位 鳴梁
3位 さよならを待つふたりのために
4位 海霧
5位 ビギン・アゲイン


 
7月26日の公開以来1位の座を守り続けていた「鳴梁」を引きずりおろしたのは「海賊:海に行った山賊」。
「鳴梁」は観客動員数1600万人を突破、韓国映画史上最多観客動員数を更新する歴史的な偉業を成し遂げた。
「海賊」も500万人を突破し600万人を目前としており、この夏、韓国映画の歴史上に残る大作が2作誕生した。

【ドラマ視聴率ランキング】 8/18~8/24 ニールセンコリア調べ
1位 MBC週末ドラマ「来た!チャン・ボリ」   29.3%
2位 KBS2週末ドラマ「家族同士どうして」 23.0%
3位 KBS1毎日ドラマ「猫はいる」 22.5%
4位 KBS連続ドラマ「カッコウの巣」   19.3%
5位 KBSテレビ小説「スングムの土地」     14.4%

 
 
今週も「来た!チャン・ボリ」が1位の座を守る。
「来た!チャン・ボリ」は連日視聴率の上昇を見せており、24日の放送では31.8%の自己最高視聴率を記録した。(ランキングの数値は2話平均)
上位5位内は全て連続ドラマや週末ドラマのみとなっており、ミニシリーズの苦戦は続いている。


特集