フリーワード検索

おすすめタグ

2013.11.26 11:07

ミュージカル『Jack The Ripper』シアタービューイングレポ

2013年11月は、「切裂きジャック」を題材にしたミュージカル『Jack The Ripper』が熱い!
ということで、大阪ORIX劇場で行われたシアタービューイングを観に行って参りました~!
シアタービューイングとは、『Jack The Ripper』の横浜公演を遠く離れた大阪の劇場の大画面で上映するという
壮大な企画。

~舞台は1888年、ロンドンの貧民街。売春婦を狙って殺人を続ける“切裂きジャック”を追う捜査官アンダーソン。金のためにジャックの情報を探るロンドンタイムズの記者モンロー。突如二人の前に現れた犯人を知っているという外科医師ダニエル…
この恐ろしい殺人鬼ジャックを作り上げた者はいったい誰なのか。
愛のために悪魔と取引をしたダニエルか、欲のために魂を売ったアンダーソン、記者モンローか、それとも残酷な殺人記事に興奮する群衆か。~

なかなか重~くて深~いテーマでしたが、このミュージカル、韓国ではアン・ジェウク主演の2009年ソウル公演から、今年で5年目となるロングラン作品で、昨年初めて行われた日本公演もほぼ売り切れ、約4万人を動員したという人気公演なのだとか。
ORIX劇場という決して小さいとは言えない劇場でシアタービューイングをするという試みも納得できました。

韓国版『Jack The Ripper』の成功の秘密は、演出家ワン・ヨンボムが、実際にロンドンで起こった迷宮入り連続殺人事件「切り裂きジャック」を研究し、チェコ産のミュージカル『Jack The Ripper』を、自身の解釈で韓国人向けに大幅に書き換えた、というところにあるようです。
愛のために殺人を犯し、愛のために殺人鬼をこの世から葬る…
物語のカギを愛とすることによって、物語をよりドラマチックに仕上げ、そこにマスメディアと民衆が悪を作り上げていくという現代にも共通する社会的なテーマをプラスして、観客への問題定義も忘れない。韓国版『Jack The Ripper』は、見応えのある大人のミュージカルとなっています。

また、このミュージカルの最大の魅力は、人気と実力を兼ね備えた豪華なキャスト陣。
ミュージカル俳優のみならず、K-POPアイドルを起用するなど、日本の女性ファンの心を掴むポイントもちゃんと押さえているところに、海外進出への意気込みが感じられます。

この日の公演は私も大好きな2PMのメンバーJun.K君がダニエル役^^
開演前の映像で、可愛く楽屋紹介をしてくれた姿からは一転、舞台が始まると堂々としたミュージカル俳優らしく、長いセリフを淀みなく歌いこなして、主演という大役を務めあげていました。

ライブビューイングならではの魅力といえば、舞台では見ることのできない、舞台の詳細な小道具や出演者のドアップを大画面で見れるところ(?)
熱演中のJun.K君の汗のしずく一滴一滴まで目に入ってきて、舞台への一生懸命さが胸に迫ってくるほど!
しかし、女優さん達は舞台用の厚化粧(失礼…)なので、あまりアップで映して欲しくはないと思われますが…

ジャック役のキム・ボムレさんは迫力満点ですが、とにかく怖い…
いかついドラキュラ伯爵(?)と一瞬思わしき貫録ある風貌に、迫力の低音で、大人に連れられて公演を観に来たキッズたちを震え上がらせていました。
 

さらに怖いと言えば、ダニエルの研究室のセット。
おどろおどろしい作業が繰り広げられるであろう研究室には、怪談には欠かせない必須アイテム、内臓の飛び出した人体模型と、怪しげにバカでかい冷凍装置(もちろん臓器保存用)やベッドが置かれ、独特な雰囲気を醸し出しておりました。
ダニエルが研究室で自分の革製らしきカバンから、切り取ったばかりの女性の臓器を取り出すのが、私的にはとっても気になりましたが…(まあ、細かいところは気にしないということで)

この『Jack The Ripper』の世界観を緻密に表現したセットの中で、Jun.K、キム・ボムレ、パク・ソンファン、ソ・ジヨン(ソ・ジヨンさんの歌声がとっても素敵でファンになりました^^)を始めとする俳優たちの素晴らしい歌唱力に圧倒される衝撃の舞台。

シアタービューイングin大阪は、11月30日にも行われるそうです。
もちろん、生の舞台を観たいという方は、「KAAT神奈川芸術劇場」へ是非足を運んでみてくださいね。
今週からはアン・ジェウク&シン・ソンウの『Jack The Ripper』がご覧いただけるみたいですよ!

また、『Jack The Ripper』に興味をお持ちの皆様、本場韓国でこのミュージカルをご覧になる場合、韓国語でのタイトルは「잭더리퍼」(ジェッドリパ)?と同じ英語でも日本語とは、かなり発音が違いますので、ご注意を。

以上、KOARIスタッフのヒマワリでした^^


特集