フリーワード検索

おすすめタグ

2020.05.08 06:01

キム・スヒョン、新ドラマ「サイコだけど大丈夫」台本リーディング現場公開!

キム・スヒョン

 

[韓国エンタメニュース]

 

俳優キム・スヒョンが韓国にて6月放送スタート予定のtvN新土日ドラマ「サイコだけど大丈夫」台本リーディングに参加しソ・イェジ、オ・ジョンセ、パク・ギュヨンなどの共演俳優たちと初めて呼吸を合わせた。

 

「サイコだけど大丈夫」は、厳しい人生の重みで愛を拒否する精神病棟の保護司カンテ(キム・スヒョン)と生まれつき愛を知らない童話作家ムニョン(ソ・イェジ)がお互いに受けた傷をかばい治療していく一本のファンタジー童話のようなロマンスドラマだ。

 

台本リーディング現場にはパク・シヌ監督とチョ・ヨン作家を始めキム・スヒョン(ムン・ガンテ役)、ソ・イェジ(コ・ムニョン役)、オ・ジョンセ(ムン・サンテ役)、パク・ギュヨン(ナム・ギュリ)など作品をリードしていく主要俳優たちが集まった。

 

開始に先立ちパク・シヌ監督は「今回の作品で俳優の方々が各自の役割とキャラクターを自由で創意的に実現できるよう最善を尽くす。みんなで作っていくドラマであってほしい」との応援の言葉で士気を高めた。本格的に台本リーディングに入ると、キャラクターと1つになった俳優たちの熱演が続いた。

 

精神病棟保護司ムン・ガンテ役を演じるキム・スヒョンは、内面の孤独と寂しさを抱きながらも表に出さないキャラクターの感情を淡泊で重く表現した。反社会的人格の人気児童文学作家コ・ムニョン役のソ・イェジは、キャラクターが持つ寂しいオーラと変化の激しさを自由自在に表現した。特にムン・ガンテとコ・ムニョンの妙な緊張感をうまく生かす2人の俳優の呼吸がロマコメの火力を引き上げた。

 

続いてオ・ジョンセは、ムン・ガンテの実兄であり自閉スペクトル(ASD)障害を持つムン・サンテに扮し、演技トーンと発声を異にし、キャラクターの特性を生かした。台本リーディングだけでも実感できるキム・スヒョンとオ・ジョンセの兄弟ケミは、これから2人が見せてくれるブロマンスの期待を高めた。

 

また、ムン・ガンテの同僚で精神保健看護師のパク・ギュヨンもナム・ジュリというキャラクターを落ち着いて表現した。それだけでなく、ベテラン俳優や青春俳優たちの演技も目立ち、台本を1枚1枚めくるたびに自分の役柄に完全に溶け込んだ俳優たちの情熱が台本リーディング現場を埋め尽くした。

 

 

一方ドラマ「サイコだけど大丈夫」は、韓国にて来る6月より放送スタート予定だ。

 

写真提供:tvN

 

韓国エンタメ・トレンド情報サイト KOARI

 

 

psycho

【韓国ドラマピックアップ】
「サイコでも大丈夫」あらすじやキャラクター詳細をみる

 

 ドラマ「サイコだけど大丈夫」関連記事を読む

 

キム・スヒョン関連商品を購入する
キム・スヒョン関連記事を読む

 ソ・イェジ関連商品を購入する
ソ・イェジ関連記事を読む


特集