フリーワード検索

おすすめタグ

2019.04.30 12:01

チ・チャンウク、新ドラマ「僕を溶かしてくれ」出演決定!

チ・チャンウク

[韓国エンタメニュース]
 
 
俳優チ・チャンウクが除隊後初の作品としてtvN新ドラマ「僕を溶かしてくれ」への出演を決めた。
 
韓国にて今年下半期に放送予定の「僕を溶かしてくれ」は、24時間冷凍人間プロジェクトに参加した男女がミステリアスな陰謀によって20年後に目覚めた後、生存するためには平均体温31.5℃を維持しなければならないという副作用と、胸が熱くなるときめきの間で際どい綱渡りをする解凍ロマンスドラマだ。
 
「僕を溶かしてくれ」はパク・ボヨン&パク・ヒョンシク主演「力の強い女ト・ボンスン」、キム・ソナ主演「品位のある彼女」、キム・ミョンミン主演「私たちが出会った奇跡」のペク・ミギョン作家と、パク・シニャン&イ・ドンゴン共演「パリの恋人」、ヒョンビン主演「シークレット・ガーデン」、チャン・ドンゴン主演「紳士の品格」のシン・ウチョル監督という最高のヒット作メーカーの出会いが話題を集めているだけでなく、チ・チャンウクの合流でさらに完璧な組み合わせが完成し、期待と信頼を同時に高めている。

 
チ・チャンウクは冷凍人間になって目を覚ました芸能局のスターPDマ・ドンチャンを演じる。作る作品は必ず大当たりする時代のトレンドを読み取る放送局の能力者だ。彼は自身が制作した放送“人体冷凍保存プロジェクト“に直接参加し、24時間だけ冷凍されて目を覚ます予定だったが、目が覚めたときには20年経っていた。両親と弟、放送局の先輩と後輩、恋人など皆が20歳の年齢を重ねる間、老化せず20年前の姿そのまま目覚めたため、完璧なフィジカルとハンサムな顔は強制的に剥製となってしまった。このような設定は2年間の軍隊の空白にも変わらないビジュアルを誇りファンたちを驚かせたチ・チャンウクとシンクロ率200%のキャスティングだという声が上がっている。

これに先立ち、2017年に入隊を控えて開催したファンミーティングにてアクションとロコ(ロマンティックコメディー)のうち再び挑戦してみたいジャンルを問う質問に「僕の体質はロマンス」だとし、「アクションももちろんまたしたいが、軍除隊後ロマンスを中心の作品を多くしてみたい」と答えたチ・チャンウク。除隊後、どんな作品を次期作に選ぶか関心が集まっていた彼は最初の復帰作として「僕を溶かしてくれ」の出演を決め、「あやしいパートナー ~Destiny Lovers~」に次ぐさらなるロコ職人の姿を披露する予定だ。
 
制作陣は「元祖マンチンナム(漫画から出てきたようなビジュアルを持つ男性)のチ・チャンウクが熱い胸を持った男マ・ドンチャン役として20年間冷凍されたミステリーとロマンスを解凍し、視聴者の皆さんの心も溶かすだろう」とし、「2019年、胸が熱くなる解凍ロマンス『僕を溶かしてくれ』に多くの関心をお寄せください」と伝えた。
 
一方、「僕を溶かしてくれ」は韓国にて2019年下半期放送予定だ。
 
 
写真提供: Glorious Entertainment
 
 
韓国エンタメ総合情報サイトKOARI

 チ・チャンウク関連商品を購入する
 チ・チャンウク関連記事を読む
 チ・チャンウク関連コラムを読む
 


特集