フリーワード検索

おすすめタグ

2013.10.23 10:25

イ・ジョンソク「露出シーン…僕は綿棒みたいだった」

22日、ソウル 往十里CGVにて映画「ノーブレシング」のマスコミ試写会が開催され、主演のイ・ジョンソクが出席した。

映画の撮影の中で一番気を遣った点について尋ねられたイ・ジョンソクは「露出シーン」と答えた。
競泳をテーマにした映画ということもあり殆どが露出シーンだった為、イ・ジョンソクは「脱いで登場しなければならないので体にすごく神経を遣った。イングクさんが『今日は断食した』と言えば僕も断食した。僕は骨格も細くて肌も白いので、フルショットで撮られると綿棒みたいに見えた」と話し笑いを誘った。

映画「ノーブレシング」は「呼吸を止めて泳ぐ泳法」を意味する水泳の専門用語で、幼い頃は競泳のホープと呼ばれていたが突然競泳を辞め姿を消していたウォニル(ソ・イングク)が再び競泳選手として再起し、幼少時代の親友で現在は競泳界のトップ選手となったウサン(イ・ジョンソク)と熾烈な争いを見せる映画で、10月31日に公開される予定だ。
 


特集