フリーワード検索

おすすめタグ

2021.11.16 11:00

ソ・イングク×オ・ヨンソ、新ドラマ『美男堂』にキャスティング!

ソ・イングク、オ・ヨンソ

 

[韓国エンタメニュース]

 

ソ・イングクとオ・ヨンソがミステリーコミカル時代劇『美男堂』でお茶の間に復帰する。

 

『美男堂』は元プロファイラーであり、現在は巫堂(ムーダン)のミステリーコミカル時代劇を描く。今作は『夕食、一緒に食べませんか?』『プレーヤー~華麗なる天才詐欺師~』を通じてロマンスからアクションまで相反するジャンルを行き来しながら優れた演出力を認められたコ・ジェヒョン監督がメガホンを取り、『仮面の王 イ・ソン』の脚本家パク・ヘジンがダックを組む作品だ。

 

ソ・イングクはドラマ『ショッピング王ルイ』『空から降る一億の星』『ある日、私の家の玄関に滅亡が入ってきた』をはじめ、映画『君に泳げ!』『パイプライン』などドラマとスクリーンを行き来しながら限界のない演技スペクトルを誇ってきた。そんな彼は今作で、元プロファイラーで現職は詐欺師の巫堂ナム・ハンジュン役を演じる。ナム・ハンジュンは素晴らしい占いと優れたビジュアル、華麗な話術を誇る巫堂界の異端者で、プロファイラー能力を利用して顧客が望むことを確実に把握して解決し、アフターサービスまで完璧にしてあげる。ソ・イングクはナム・ハンジュンというキャラクターに完璧になりきり、自身の魅力を最大に発揮するものと期待が集まっている。

 

ドラマ『私はチャン・ボリ!』『花遊記』などジャンルとキャラクターを問わない演技力を披露してきたオ・ヨンソは、正義具現を叫ぶ強力係3年目の女性刑事ハン・ジェヒに扮する。ハン・ジェヒは正義に溢れ、突拍子もないが真摯な人物だ。そのうえ一度ピントが合うと相手の地位など関係なくディス戦を繰り広げ、たまに拳も使う。オ・ヨンソは自分の所信を守る刑事ハン・ジェヒに最適化された姿を披露するものと期待される。

 

特にソ・イングクとオ・ヨンソは、誰よりも自分にピッタリの服を着たように原作キャラクターと高いシンクロ率を見せ、キャスティングに説得力を加えたという。

 

一方『美男堂』は、韓国にて2022年上半期放送を目標に撮影をスタートさせる予定だ。

 

 

■ソ・イングク主演映画『パイプライン』2022年2月に日本公開決定!

■ソ・イングク×チャン・ドンユン、映画『オオカミ狩り』で強烈な演技変身!

 

 

写真提供:各所属事務所

 

 

韓国エンタメ・トレンド情報サイト KOARI

 

ドラマ「美男堂」関連記事を読む

 

ソ・イングク関連記事を読む
ソ・イングク関連商品を見る

 

オ・ヨンソ関連記事を読む
オ・ヨンソ関連商品を見る