フリーワード検索

おすすめタグ

2022.06.24 11:30

カンヌでも絶賛☆日韓で話題の韓国映画『ベイビー・ブローカー』をご紹介!


画像出処:韓国映画『ベイビー・ブローカー』韓国公式サイト

 

日本を代表する映画監督である是枝裕和と、韓国映画界がタッグを組んだ韓国映画『ベイビー・ブローカー』(2022年)!

2022年5月に開催された「第75回カンヌ国際映画祭」では主演のソン・ガンホが“主演男優賞”を受賞するなど、日本でも韓国でも大きなニュースとなりました。

今回は大注目の韓国映画『ベイビー・ブローカー』について解説します^^

 

 

〇韓国映画『ベイビー・ブローカー』のあらすじは?

古びたクリーニング店を営みながらも借金に追われるサンヒョン(ソン・ガンホ)と、〈赤ちゃんポスト〉がある施設で働く児童養護施設出身のドンス(カン・ドンウォン)。ある土砂降りの雨の晩、彼らは若い女ソヨン(イ・ジウン/IU)が〈赤ちゃんポスト〉に預けた赤ん坊をこっそりと連れ去る。彼らの裏稼業は、ベイビー・ブローカーだ。しかし、翌日思い直して戻ってきたソヨンが、赤ん坊が居ないことに気づき警察に通報しようとしたため、2人は仕方なく白状する。「赤ちゃんを大切に育ててくれる家族を見つけようとした」という言い訳にあきれるソヨンだが、成り行きから彼らと共に養父母探しの旅に出ることに。一方、彼らを検挙するためずっと尾行していた刑事スジン(ぺ・ドゥナ)と後輩のイ刑事(イ・ジュヨン)は、是が非でも現行犯で逮捕しようと、静かに後を追っていくが…。

(『ベイビー・ブローカー』日本公式サイトより抜粋)

 


写真出処:韓国映画『ベイビー・ブローカー』韓国公式サイト

 

 

〇豪華主演陣をご紹介!

 

■ソン・ガンホ(ハ・サンヒョン役)

 


写真出処:韓国映画『ベイビー・ブローカー』韓国公式サイト

 

韓国映画界を代表する俳優と言えば、ソン・ガンホ!

韓国映画『殺人の追憶』(2003年)、『グエムル-漢江の怪物-』(2006年)、『スノーピアサー』(2013年)、『タクシー運転手〜約束は海を越えて〜』(2017年)、『パラサイト 半地下の家族』(2019年)、『非常宣言』(2021年)と、出演する映画は瞬く間に話題となり、世界で評価されています!

韓国映画『ベイビー・ブローカー』では、クリーニング店を営みながらも借金に追われるサンヒョン役を演じています。

ベビーボックス(赤ちゃんポスト)に届けられた赤ん坊の新しい両親を探す、自称善意のブローカーという難しい役どころですが、名優ソン・ガンホの深い演技が際立っています…!

 

■カン・ドンウォン(ユン・ドンス役)

 


写真出処:韓国映画『ベイビー・ブローカー』韓国公式サイト

 

映画を中心に活躍する韓国俳優カン・ドンウォンは、『オオカミの誘惑』(2004年)にて一躍トップスターの仲間入りを果たしました。

韓国映画では『デュエリスト』(2006年)『プリースト 悪魔を葬る者』(2015年)、『華麗なるリベンジ』(2016年)、『MASTER マスター』(2016年)、『ゴールデンスランバー』(2018年)、『新感染半島 ファイナル・ステージ』(2020年)など話題作に多数出演し、韓流人気を牽引する俳優として男女問わず人気があります。

『ベイビー・ブローカー』では、ベビーボックス(赤ちゃんポスト)がある施設で働く児童養護施設出身のドンスを演じ、サンヒョンのパートナーとしてブローカー役を演じます。

ソン・ガンホとは韓国映画『義兄弟 SECRET REUNION』以来12年ぶりの再会を果たしたカン・ドンウォン!

制作報告会では12年前よりもお互いに息が合った演技ができたと話されていました^^

 

■イ・ジウン/IU(ムン・ソヨン役)

 


写真出処:韓国映画『ベイビー・ブローカー』韓国公式サイト

 

“国民の妹”や“CM女王”などの異名を持つ、韓国では不動の人気を誇るシンガーソングライターIU。

音楽活動だけでなく、本名イ・ジウンの名前で女優としても活躍の幅を広げています。

SBS韓国ドラマ『麗 ~花萌ゆる8人の皇子たち~』(2016年)、tvN韓国ドラマ『マイ・ディア・ミスター ~私のおじさん~』(2018年)、tvN韓国ドラマ『ホテルデルーナ ~月明かりの恋人~』(2019年)などヒット作に主演として続々と出演しています。

この映画では、ベビーボックス(赤ちゃんポスト)に赤ちゃんを預ける若い女ソヨン役を演じています。

予期せずブローカーの2人と里親探しの旅に出ることになりますが、IUのリアルな演技がこの映画への没入感を高めてくれます。

 

 

〇是枝裕和監督×韓国俳優、気になるキャスティング秘話は?

 

 

韓国俳優ソン・ガンホとは映画公開時から遡ると約6~7年前頃から交流があり、釜山(プサン)映画祭で初めてミーティングをしたという是枝裕和監督。

カン・ドンウォンとも約6~7年前に東京で初めて会い、映画化の話を進めていたそう!

ぺ・ドゥナとは是枝監督の作品である日本映画『空気人形』(2009年)に出演していた頃から交流があり、いつか一緒に映画を撮影しようと約束していたんだとか!

また是枝裕和監督はIUのキャスティングの理由について「コロナ禍によりステイホームが続いたが、その時韓国コンテンツをたくさん見ました。その中でもドラマ『マイ・ディア・ミスター~私のおじさん~』を見てイ・ジウンさんの魅力にハマりました。ドラマの後半部分ではイ・ジウンさんの姿を見るだけで涙が出ました」とし、「この役にはイ・ジウンさんしかいないと思い、オファーをしました」と明かしました!

同じくイ・ジュヨンについても、是枝裕和監督がJTBC韓国ドラマ『梨泰院クラス』(2020年)にハマり、中性的な役を演じた彼女の存在感が印象的だったという理由で主演キャストとして選んだそうです!

 

 

〇「第75回カンヌ国際映画祭」で大絶賛!!

 


写真出処:韓国映画『ベイビー・ブローカー』韓国公式サイト

 

2022年5月28日に閉幕した「第75回カンヌ国際映画祭」では2冠の快挙を果たしました。

ソン・ガンホは“主演男優賞”を受賞、映画作品として“エキュメニカル審査員賞”を受賞しました。

特にソン・ガンホの“主演男優賞”は韓国人俳優で初の受賞となり、授賞式では名前が呼ばれると隣に座っていたカン・ドンウォンや是枝監督と抱き合って喜んでいました!

受賞スピーチでは、「本当にありがとうございます。とても感謝していますし、光栄です。偉大な芸術家是枝裕和監督に深く感謝申し上げます」と語っていました。

 


写真出処:韓国映画『ベイビー・ブローカー』韓国公式サイト

 

この快挙は韓国、そして日本でもトップニュースで報道されました。

2022年6月に行われたVIP試写会では、BTS Vイ・ミンホキム・スヒョン、イ・ビョンホンやRainといった男性スター、ユ・インナ、カン・ハンナなど多くの女性スターが駆けつけました。

また、『ベイビー・ブローカー』に出演した子役俳優イム・スンスのインスタグラムに掲載されたBTS Vとカン・ドンウォンのツーショットでは2人の関係性にも注目が集まり、世界中で話題に!

韓国では2022年6月8日の公開初日に14万6221人の観客を動員し、ボックスオフィス首位となりました!

 


写真出処:イム・スンス公式Instagram

 

日本では2022年6月24日より公開!

韓国、日本、そして世界でも称賛されている韓国映画『ベイビー・ブローカー』、ぜひ劇場でご覧になってみてはいかがでしょう^^

 

 

映画「ベイビー・ブローカー」関連記事を読む
映画「ベイビー・ブローカー」関連商品を見る

 

ソン・ガンホ関連記事を読む
ソン・ガンホ関連商品を見る

 

カン・ドンウォン関連記事を読む
カン・ドンウォン関連商品を見る

 

ペ・ドゥナ関連記事を読む
ペ・ドゥナ関連商品を見る

 

IU関連記事を読む
IU関連商品を見る

 


▶キュレーターコラムはこちら

 

文:kanako(KOARIキュレーター)