フリーワード検索

おすすめタグ

2021.06.30 11:00

イム・シワン主演、日本リメイク『スマホを落としただけなのに』クランクアップ!

イム・シワン、スマホを落としただけなのに

 

[韓国エンタメニュース]

 

日常と最も近い現実密着スリラーを披露する同名日本映画の韓国リメイク作『スマホを落としただけなのに』が去る27日にクランクアップした。

 

『スマホを落としただけなのに』は、平凡な会社員が自分のすべての個人情報が入ったスマホを紛失した後、日常全体を脅かされ始めて発生する事件たちを追跡する現実密着スリラーだ。

 

去る3月にクランクインした今作は3ヶ月に渡る撮影の末、今月27日にクランクアップした。今作は奇抜なコンセプト、独特なタイトル、没入感ある展開まですべてが新鮮な現実密着スリラー。イム・シワン、チョン・ウヒ、キム・ヒウォンなど個性ある演技派俳優たちが作品に参加し、注目を集めている。

 

『スマホを落としただけなのに』は、日本のミステリー小説ブックランキング『このミステリーがすごい!』の大賞を受賞した同名のベストセラー小説を基にしている。該当小説は日本でも高い人気を集めた。

 

携帯修理技師ジュニョン役はイム・シワンが演じた。ジュニョンは携帯を紛失したナミと絡むことになる。『弁護人』『名もなき野良犬の輪舞』など作品ごとに大物俳優との特別な呼吸を披露したイム・シワンは「良いエネルギーに満ちた現場でした。日常の話に観客の皆さんが共感してくれることを期待しています」と伝えた。

 

スマホを無くした後、日常が脅かされる平凡な会社員ナミ役を演じたチョン・ウヒは「全てのスタッフ、俳優たちがシナリオの新鮮さを映画に盛り込むために努力した現場でした。面白く読んだシナリオなだけに良い映画になったようです」とクランクアップの感想を伝えた。チョン・ウヒは『哭声/コクソン』『ハン・ゴンジュ 17歳の涙』に続き爆発的な演技力を見せるものと期待される。

 

スマホを落としただけなのに

 

『担保』『神の一手:鬼手編』など多数の作品で観客を魅了してきたキム・ヒウォンは怪しく発生する事件を追跡する刑事ジマン役を演じた。キム・ヒウォンは「もう一度、普段から好きな後輩たちと呼吸を合わせることができて楽しい時間でした。見たことのないスリラーが誕生すると思うので、楽しみにしていてください」と伝えた。

 

スマホを落としただけなのに

 

一方映画『スマホを落としただけなのに』は後半作業を終えた後、観客に出会う予定だ。

 

 

写真提供:CJ ENM

 

 

韓国エンタメ・トレンド情報サイト KOARI

 

イム・シワン関連記事を読む
イム・シワン関連商品を見る

 

チョン・ウヒ関連記事を読む
チョン・ウヒ関連商品を見る