フリーワード検索

おすすめタグ

2021.05.10 14:00

『滅亡』ソ・イングク、パク・ボヨンの守護神に変身!

ソ・イングク、パク・ボヨン、滅亡

 

[韓国エンタメニュース]

 

tvN新月火ドラマ『ある日、我が家の玄関に滅亡が入ってきた(以下:滅亡)』ソ・イングクがパク・ボヨンと日常を共にし、意図せず守護神として生まれ変わったスチールが公開された。

 

『滅亡』は、消えるすべての理由になる存在“滅亡”(ソ・イングク)と、消えないために命を懸けた契約を結んだ人間“ドンギョン”(パク・ボヨン)の命を懸けたファンタジーロマンスだ。

 

劇中パク・ボヨンはある日余命100日と宣告される人間タク・ドンギョン役を、ソ・イングクは消える全ての理由になる特別な存在滅亡役に扮して、お茶の間を魅了する予定だ。

 

そんな中公開されたスチールの中のソ・イングクは、時間と場所を問わずパク・ボヨンを追う姿で目を引く。出勤中であるパク・ボヨンの前に突然現れたり、会社や写真館までドンギョンが行くあちこちに存在するソ・イングクの姿が笑いを誘う。これにパク・ボヨンは驚いたのもつかの間、ソ・イングクの出没にも気にせず仕事に没頭する姿で2人の存在が一つの空間に共存しながら見せるケミストリーを期待させる。

 

またソ・イングクはパク・ボヨンに視線を固定する姿で見る者の視線を奪う。パク・ボヨンを見つめるソ・イングクの眼差しと微笑みが“こんな滅亡なら滅亡してもいい”と思うほど甘い。しかしソ・イングクはすべての死を司る存在。これにダークな消滅の気運を抱いた滅亡が披露する甘くも危険なときめきに期待が高まっている。

 

制作陣は「ソ・イングクは自身の存在を証明するようにパク・ボヨンの周囲にまとわりつく。パク・ボヨンの人生に侵入したソ・イングクと、そんなソ・イングクに自分も知らないうちにハマっていくパク・ボヨンのロマンスが今春、視聴者の心拍数を高めるだろう」と伝えた。

 

一方新ドラマ『滅亡』は、韓国にて本日(10日)夜9時より放送スタート。

 

 

写真提供:tvN

 

 

韓国エンタメ・トレンド情報サイト KOARI

 


【韓国ドラマピックアップ】
「ある日、我が家の玄関に滅亡が入ってきた」あらすじやキャラクター詳細を見る

 

ドラマ「ある日、我が家の玄関に滅亡が入ってきた」関連記事を読む

 

ソ・イングク関連記事を読む
ソ・イングク関連商品を見る

 

パク・ボヨン関連記事を読む
パク・ボヨン関連商品を見る