フリーワード検索

おすすめタグ

2021.04.21 17:00

リュ・ジュンヨル×キム・ウビンら『エイリアン』、13ヶ月の撮影を終えクランクアップ!

リュ・ジュンヨル、キム・ウビン、キム・テリ、エイリアン

 

[韓国エンタメニュース]

 

チェ・ドンフン監督の新作『エイリアン』が去る19日に13ヶ月間の撮影を終えた。

 

『エイリアン』は高麗末期、噂の神剣を手にいれようとする道士たちとエイリアンが出没する2021年現在の間に時間の扉が開いて繰り広げられる奇想天外な物語を描いた映画だ。

 

前作『チョン・ウチ 時空道士』でこれまでにない刀術の世界を描き出し、『10人の泥棒たち』『暗殺』で相次いで1200万人以上の観客を動員したチェ・ドンフン監督が新たに試みるSFアクションファンタジー映画として制作段階から多くの話題を集めた。また主演を務めるリュ・ジュンヨル、キム・ウビン、キム・テリはもちろん、ソ・ジソプ、イ・ハニ、ユ・ジェミョンなど豪華キャストが出演することでも注目を集めた。今作はエイリアンと人間の出会い、現代と高麗時代を行き来するストーリーと個性溢れるキャラクターの活躍を通じて前代未聞の世界に観客を案内する予定だ。

 

最後の撮影を終えたチェ・ドンフン監督は「387日間の撮影が終わった。これまで撮影した映画の中で一番大変で、最も紆余曲折が多かったが終わってみたら喜びが一番大きい映画だ。一緒に苦労したスタッフたちが完成した映画を見て、面白いと思ってくれることが一番の望みだ。これまで共にしてくれた俳優たちにもとても感謝している」と感想を伝えた。

 

リュ・ジュンヨルは「1年以上、本当に疲れずに走ってきたと思う。とても楽しくて幸せな撮影だったので、観客の皆さんもこの映画を見ながら俳優たちが感じた楽しい感情を感じられるのではないかと期待する」と伝えた。またキム・ウビンは「終わりそうになかった長い旅行が終わるので信じられない。こんなに長い時間撮影をした作品はないので、それだけスタッフとの情が深まった。お別れだと思うと残念ですが、個人的にはついに作品を観客の皆さんにお見せできるという幸せな気持ちだ」と感想を伝えた。

 

キム・テリは「『エイリアン』撮影現場は幸せな瞬間がとても多く、日常に疲れたときも現場にきてエネルギーをもらうことが多かった。共にしたすべて方々に感謝した現場だった」と語り、ソ・ジソプも「すべての俳優とスタッフが苦労して撮影しましたが無事に終えられて感謝する。監督と作業しながら多くのことを学んだ現場だった」と撮影を終えた感想を明かした。

 

 

写真提供:CJ ENM

 

 

韓国エンタメ・トレンド情報サイト KOARI

 

リュ・ジュンヨル関連記事を読む
リュ・ジュンヨル関連商品を見る

 

キム・ウビン関連記事を読む
キム・ウビン関連商品を見る

 

キム・テリ関連記事を読む
キム・テリ関連商品を見る

 

ソ・ジソプ関連記事を読む
ソ・ジソプ関連商品を見る