フリーワード検索

おすすめタグ

2021.01.13 12:00

イ・スンギ主演新ドラマ『マウス』が期待できる理由

イ・スンギ、マウス

 

[韓国エンタメニュース]

 

2021年上半期の期待作tvN新水木ドラマ『マウス』に出演するイ・スンギ、イ・ヒジュン、パク・ジュヒョン、キョン・スジン、アン・ジェウク、P.Oなどが出席した台本リーディング現場が公開された。

 

『マウス』は、自他共に認める正しい青年で町の巡査であるチョン・バルム(イ・スンギ)と、幼い頃に殺人鬼に両親を殺され復讐に向けて走っていく無法刑事コ・ムチ(イ・ヒジュン)がサイコパスの中で上位1%と呼ばれる最も悪辣なプレデターと対峙し、運命が変わる姿を描く本格“人間ハンター追跡劇”だ。

 

何よりも今作は、『神様がくれた14日間』などを執筆したチェ・ラン作家と、スリラーメロ劇『ここに来て抱きしめて』を通じて繊細な演出力を披露したチェ・ジュンベ監督の初タッグ作品として関心を集めている。ここにイ・スンギ、イ・ヒジュン、パク・ジュヒョン、キョン・スジン、アン・ジェウク、P.Oなど信じて見る演技派俳優たちが幻想的なラインナップを構築、2021年を輝かせるドラマの誕生を予告した。

 

これと関連して『マウス』だけの情熱とケミが溢れた台本リーディング現場が公開され、期待を高めている。まずイ・スンギは、正義感溢れる交番の新人巡査チョン・バルム役で温かくも愉快な姿性格の“正しい青年”チョン・バルムに完璧になりきり、台詞一つ一つを丁寧に表現して皆の感嘆を誘った。強力係内の組織暴力団刑事として通じるコ・ムチ役を演じたイ・ヒジュンは、数々の危機を乗り越えても一瞬一瞬に直面する予想外の事件によって少しずつ変わっていくアクティブな人物コ・ムチの感情をリアルに表現した。

 

パク・ジュヒョンは祖母と2人きりで暮らす“問題的高校生”オ・ボンイ役に扮し、か弱そうな外見とは異なり格闘技、柔術など出来ない運動はないタフな高校3年生のクールな性格から内面に秘密を持つ多面的な姿まで、多彩な演技を披露しながら緊張感を高めた。キョン・スジンは若くして各種マスコミ賞や特ダネ賞を席巻した時事教養PDチェ・ホンジュ役を通じて、幼い頃殺人鬼によって犯罪対象を誘引する道具になるしかなかった秘密を持ったキャラクターの性格を繊細に表現した。

 

またアン・ジェウクは、天才的な才能の話術とマナーを兼ね備えた脳神経外科のスター医師ハン・ソジュン役を個性溢れるカリスマで表現した。強力係に発令されたばかりのシン刑事役のP.Oは、台本を読む間中、愉快な魅力を発揮し今後の活躍を期待させた。

 

一方新ドラマ『マウス』は、韓国にて2月より放送スタート予定だ。

 

 

写真提供:tvN

 

 

韓国エンタメ・トレンド情報サイト KOARI

 

 ドラマ「マウス」関連記事を読む

 

 イ・スンギ関連商品を購入する
 イ・スンギ関連記事を読む