フリーワード検索

おすすめタグ

2020.10.15 11:09

キム・ナムギル出演「海路先発隊」、ハイライト映像公開!

キム・ナムギル、海路先発隊

 

[韓国エンタメニュース]

 

tvN新バラエティ番組『海路先発隊』の初放送を控え、先発隊員の旅程を予告するハイライト映像が公開された。

 

『海路先発隊』は、親友たちと共に西海から東海(日本海)まで船に乗って韓国の海路を一周しながら隠れた島たちを旅する24時間船上ライフプログラムだ。

 

公開されたハイライト映像からは、先発隊員たちの旅程が垣間見られ視線を集める。昼夜問わず4人が直接船を運転して美味しそうな料理を作るのはもちろん、時には海に飛び込み、時には島に停泊して積み重ねた思い出が予告されている。木浦を出発し、最初の目的地であるテハ島を経てチュジャ島、済州島、メムル島、鬱陵島など韓国の美しい島々を経て、最後の目的地である竹島に至るまで、彼らがどんなエピソードを作っていくのかも期待を刺激する。

 

演出を手掛けたイ・チャンヒョンPDは、番組の企画意図から先発隊員の日課まで直接伝え、更に期待を集めている。彼は「先発隊は見知らぬ旅行を先にしてみるというコンセプトを持っている。海外旅行が簡単ではない現状の中“韓国でまだ行ったことのない旅行地はどこか?”という質問に対する答えがまさに“海の上の旅行”だった」と世界で4番目に島が多い韓国の海でアンタクト(アン+コンタクト/非対面の意)旅行としてこの時期に適した先発隊の挑戦を企画することになったことを明かした。

 

また昨年放送された『シベリア先発隊』との違いについては、出演陣が直接木浦から竹島まで船を運転して旅行した事を挙げている。イ・チャンヒョンPDは「鉄道の上と海の上では天地の差だ。天候によって変わる海の上を直接航海することは容易ではない旅程だったが、だからこそ前回の旅行よりも予想できないドラマチックなエピソードが繰り広げられ、瞬間瞬間の旅行の達成感も大きかったようだ」と伝えた。

 

そして、先発隊員として活躍するキム・ナムギル、パク・ソンウン、コ・ギュピル、コ・アソンについてもビハインドストーリーを伝えた。先発隊旅行は11泊12日、24時間という長時間の撮影のため、共にする先発隊員の関係が最も重要だったという。これについてイ・チャンヒョンPDは「長時間の撮影は大変で疲れるが、その度にお互いを頼れる本当の友達が行かなければいけないと思った」とし「前回参加したキム・ナムギルを中心に新しい先発隊員が構成された。前回共にしたコ・ギュピルと、7年来の親友パク・ソンウン、そしてパク・ソンウンとコ・ギュピルと作品を通じて縁がある女優コ・アソンが合流することとなった」と明かした。

 

また「先発隊員の1日のルーティンは、一緒に“食べて寝て航海する事”だ。1日10時間から長くて20時間以上航海しながら、揺れる船では最も基本的な寝食をすることさえ容易ではなかった。生活の一部となった船酔いが隊員たちを苦しめたが、それぞれ船の生活に適応しながら船乗りに成長する姿も見られるはず」と出演陣の変化も教えてくれた。

 

 

一方『海路先発隊』は、韓国にて来る18日夜10時50分より放送スタート予定だ。

 

 

写真提供:tvN

 

 

韓国エンタメ・トレンド情報サイト KOARI

 

 「海路先発隊」関連記事を読む

 

 キム・ナムギル関連商品を購入する
 キム・ナムギル関連記事を読む


特集