フリーワード検索

おすすめタグ

2020.08.20 17:00

チュウォン主演「アリス」、強烈な予告編を公開!

チュウォン、アリス

 

[韓国エンタメニュース]

 

SBS新金土ドラマ「アリス」の2分予告映像が公開された。

 

「アリス」は、亡くなった母親に似た女性と感情を失った男性の魔法のようなタイムトラベルを描いたヒューマンSFドラマ。2020年下半期最高の期待作として注目が集まっている。

 

公開された2分の予告映像は、神秘的な雰囲気を漂わせる未知の空間、その上を走る車シーンから始まる。続いて「悲劇は彼女が時間の門を開けて始まる」というキム・ヒソンのナレーションが聞こえてくる。そして、すぐにこの悲劇が何なのか暗示される。キム・ヒソンが放射能で覆われたワームホールを通過した子供を産んだのだ。時間の門を開けて生まれた子供はまさにチュウォンだ。

 

時間が流れ、高校生になったチュウォンとチュウォンの傍を守るキム・ヒソンの姿が描かれる。時間の門を開けて生まれただけにチュウォンは決して平凡ではない。にもかかわらず、彼らに短いが幸せが訪れる。しかし幸せは長続きしないようだ。キム・ヒソンが謎の死を遂げたのだ。血を流しながら、チュウォンの胸の中で死んでいくキム・ヒソンと嗚咽するチュウォンの姿が今後のストーリーに対する期待を高める。

 

最も幸せだった日、母親の死を経験したチュウォンは、母親を殺した犯人を捕まえるために警察になり、10年間しがみついた。そんなチュウォンを取り巻く謎の事件たちが発生する。この事件の共通点は、犯人の指紋が照会されないという点だ。これは時間旅行者の存在を意味する。そんな中チュウォンは、死んだ母親とそっくりなキム・ヒソンと出会う。

 

2050年から来たという正体不明の時間旅行者、その時間旅行者たちを必ず捕まえるというチュウォン、何としても彼らの存在を証明するというキム・ヒソン、母親を殺した犯人を自分の手で殺すというチュウォンの叫びまで。2分の予告映像は、時間旅行という劇の主要素材はもちろん、母親を殺した犯人を追うチュウォンと死んだ母親に似たキム・ヒソンの登場など、興味津々なストーリーを見せてくれた。

 

チュウォンとキム・ヒソンの次元の違う存在感と演技力でこのストーリーを吸収力あるように表現した。チュウォンの身を惜しまないアクション演技や爆発的なカリスマ、キム・ヒソンの顔は同じだが全く違う2人の人物を描き出した繊細な表現力は感嘆を誘う。ストーリーと魅力的な俳優たちが出会い、一瞬も目を離せない没入度最高のドラマの誕生を知らせた。

 

 

一方ドラマ「アリス」は、韓国にて28日夜10時より放送スタート予定だ。

 

 

写真提供:SBS

 

 

韓国エンタメ・トレンド情報サイト KOARI

 

【韓国ドラマピックアップ】
「アリス」あらすじやキャラクター詳細をみる

 

 ドラマ「アリス」関連記事を読む

 

 チュウォン関連商品を購入する
 チュウォン関連記事を読む

 

 キム・ヒソン関連商品を購入する
 キム・ヒソン関連記事を読む


特集