フリーワード検索

おすすめタグ

2020.07.31 16:00

第15回「ソウルドラマアワード」、9月10日に無観客で開催!

ソウルドラマアワード

 

[韓国エンタメニュース]

 

第15回「ソウルドラマアワード」授賞式が来る9月10日に無観客で開催される。

 

30日ソウルドラマアワード組織委員会側は「第15回『ソウルドラマアワード』授賞式を9月10日に上岩MBC公開ホールで行う」と明らかにした。

 

授賞式はオンラインプラネットフォームを通じて生中継され、MBCの録画中継も編成される予定だ。特に今回の授賞式は新型コロナウイルスの拡大防止のために無観客で行われ、国家間の移動が制限されている状況を考慮して、国内の授賞者及び受賞者だけが招待される。また受賞式以外にも出品作、OSTなどを楽しめる多様なイベント用意される予定だ。

 

ソウルドラマアワードの受賞部門は、国際経済部門、国際招待部門、韓流ドラマに区分される。特に今年は新型コロナウイルスの影響にもかかわらず世界41ヶ国で212作品が出品され、国際ドラマ授賞式としての地位を固めた。出品作の中でアジアでから出品された作品は、計10作品で最も大きな比重を占める。75作品を出品したヨーロッパを含めアメリカ、オセアニア、中東も出品に参加することによって、今年も多様な文化圏を代表するドラマが熾烈に競争を繰り広げる予定だ。

 

特に今回の授賞式には、30分ほどの短いエピソードで構成されたドラマを意味する“Short-Form”が新たな出品部門として新設された。これに合わせて37本のショートフォーム作品が出品され、トレンディなウェブドラマの競争も注目される。

 

一方「ソウルドラマアワード」は、去る2016年から韓国放送協会とソウルドラマアワード組織委員会が主催してきた国際受賞式だ。毎年、世界のTVドラマの中から大衆性と優れた作品性を持つ作品を選定し、受賞している。今年の授賞式の本選進出作は、8月に発表される予定だ。

 

 

写真提供:ソウルドラマアワード組織委員会

 

 

韓国エンタメ・トレンド情報サイト KOARI

 

 ソウルドラマアワード2020関連記事を読む


特集