フリーワード検索

おすすめタグ

2020.06.08 16:00

キム・ジュンス、最後まで完璧だったシャキュール…“機会があればまた帰ってくる”

キム・ジュンス

 

[韓国エンタメニュース]

 

ミュージカル俳優キム・ジュンスが観客たちの熱い声援と拍手喝采の中でミュージカル『ドラキュラ』の最後の公演を盛況裏に終えた。

 

キム・ジュンスは、4年ぶりの『ドラキュラ』再演で今年2月から4ヶ月間57公演をリードし、自身のミュージカルデビュー10周年と共に『ドラキュラ』総公演回数だけで“103回目”というを個人的にも意味深い成果を得た。

 

4年ぶりに“シャキュール”として帰ってきたキム・ジュンスの内攻はさらに深まり豊かになった。キム・ジュンスならではの強烈な赤いヘアーのように爆発的な歌唱力で一気に観客を魅了した。

 

『ドラキュラ』は、アイルランド小説家Bram Stokerの同名小説を脚色した作品で千年の間一人の女性だけを愛したドラキュラ伯爵の物語を描いている。キム・ジュンスは初演と再演当時、個性的な“ドラキュラ”キャラクターを作り上げ、“ドラキュラが持つ魔性の魅力を表現できる唯一の俳優”という賛辞を受け、ビジュアルからキャラクター解析、歴代級興行神話まで毎公演熱い話題になった主人公だった。

 

今年ミュージカルデビュー10周年を迎えたキム・ジュンスの3回目の『ドラキュラ』公演は毎公演最高の技量を見せつけ、去る6月2日に“『ドラキュラ』公演100回”という大記録を作った彼は、ドラキュラの悪魔的な気運を見せる時はカリスマ溢れる歌唱力で、またドラキュラの永遠の愛であるミナに心を表現する時はロマンチックなムードの柔らかい音色で完璧な感情の変奏を描き出し、没入度を高めた。

 

最後の公演を終えたキム・ジュンスは「『ドラキュラ』では初めて4ヶ月という長い日程を共にしたので様々な思いもよらない事がありましたし、制作陣とスタッフの皆さんが最善を尽くして舞台を守って下さったお陰でこのように無事に終演を迎えることが出来たということだけでも本当にありがたいです。厳しい状況の中でも毎回マスクをつけてステージを埋め尽くして下さった観客の皆さんのエネルギーで最後まで来ることが出来ました。『ドラキュラ』はデビュー10周年を迎える年に初めて披露した公演であるだけに特別な意味を持つ作品でもあり、最高と言えるくらい大切な作品です。またいつになるか分かりませんが、機会があれば『ドラキュラ』で帰ってきます」と感想を伝えた。

 

一方キム・ジュンスは来る6月16日開幕を控えている『モーツァルト!』の10周年公演で活動を続けていく予定だ。

 

 

写真提供:C-JeS Entertainment

 

 

韓国エンタメ・トレンド情報サイト KOARI

 

 韓国ミュージカル関連記事を読む
 韓国ミュージカル関連コラムを読む
 韓国ミュージカルOSTを購入する

ジュンス関連商品を購入する
ジュンス関連記事を読む


特集