フリーワード検索

おすすめタグ

2018.11.09 03:01

韓国ミュージカル『狂炎ソナタ』インタビュー映像公開!

韓国ミュージカル『狂炎ソナタ』インタビュー映像公開!
リョウク(SUPER JUNIOR)、シン・ウォンホ(CROSS GENE)、 KEN(VIXX)、イ・ジフンら作品の魅力を指南!
お気に入りのワンフレーズを披露するという大サービスも!!
2018年11月15日~11月25日 大阪、東京にて上演!!

[韓国エンタメニュース]

11月15日~18日に大阪、11月22日~25日に東京にて開催される韓国ミュージカル『狂炎ソナタ』(読み:カンヨムソナタ)。本作は、殺人を通して得るインスピレーションで世の中にない美しい音楽を完成させていく悲運な作曲家“J”と、自身の成功のため J を破滅に導 くクラシック界の著名な教授“K”、J の幼馴染で生まれつき天才的才能を持った作曲家“S”、 3人の音楽家たちの物語。

“J”役にはリョウク (SUPER JUNIOR)とシン・ウォンホ (CROSS GENE)、 “S”役には KEN(VIXX)、若手俳優キム・ジチョル、“K”役にはベテラン俳優イ・ジフン、イ・ソングン、 また韓国初演当時のオリジナルキャストであるパク・ハングン、キム・ジチョル、イ・ソングンによる公演もあり、この秋、最も注目されている韓国ミュージカルです。 この度、豪華キャストに期待も高まる中、各キャストからのインタビュー映像と、反響を呼んだ「LINE LIVE」時のダイジェスト&メイキング映像も公開されました。

【リョウク(SUPER JUNIOR)】 

本作の見どころを「過去と現在が行き来するストーリー展開も面白いです。一曲一曲を噛み 締めながら、見ていただけたら」と語るリョウク。自身が演じる“J”の魅力を「殺人犯ですが、 美しく表現されています。僕自身も上手く表現でき ているんじゃないかな」と、自信をうかがわせる満 面の笑みも印象的。また、一番好きなワンフレーズ として『色あせないように』を、自慢の美しいハイ ボイスで披露してくれたリョウク。愛嬌たっぷりの 映像に胸キュンすること間違いなしです。

【シン・ウォンホ(CRESS GENE)】
自身が演じる“J”を「劇中で一番変化に富んだキャラクターだと思います。“K”と“S”の間で常 に悩みに悩んで、変わっていく“J”の姿がとても魅力的だと思います」とスマートに分析する シン・ウォンホ。一番好きなワンフレーズとして、 『君は私の音楽』をあげ、「落ち着いた状態で歌う歌 です。むしろその淡々とした雰囲気から滲み出る悲し みが、とても良いと思います」と、本公演並みに“J” になりきり、心を込めて披露する姿に、心打たれるはずです。

【KEN(VIXX)】

 

「それぞれの俳優のカッコよさと歌声、音楽、ストーリーが魅力的です」と本作の見どころを語ったKEN。「カメラに向かってキメ顔を!」というスタッフのオーダーに、ムードメーカーらしく、様々な表情とポーズを披露してくれまし た。そして、一番好きなワンフレーズとして、『悲しいページ』をあげたKENに、リョウクから「歌ってください~」のオーダーが!美声を披露した彼に、リョウクの「上手だね~」の褒め言葉が飛び交い、仲慎ましい雰囲気が伝わってきます。

【イ・ジフン】

 

自身が演じる“K”の魅力を「少しヒステリックでありながら、狂気に満ちていてとても敏感は人」と表現したイ・ジフン。ベテラン俳優ならでは、「最後の最後まで役を研究しながら、音楽家としてのセクシーな姿もお見せしたいです」と探究心を見せます。一番好きなワンフレーズとして、自身の役柄ではない“J”の『君は私の音楽』をあげ、
「劇中でのクライマックスを飾る曲」として、特別に披露。「本番までわずかですが、全員が最善を尽くし

て練習していますので、会場にたくさん応援に来てください」とアピールしました。

彼らの語った作品の魅力や意気込み、チームワーク抜群のこの映像を体感すれば、本公演をより堪能できること間違いなしです!

【公式 HP】新‘s WAVE 公式 HP www.shinswave.com

韓国エンタメ総合情報サイトKOARI


特集