フリーワード検索

おすすめタグ

2019.03.28 03:10

3/19 ソ・イングク 『FAN CONCERT in JAPAN 雪(ソル):レイム~一緒に過ごす僕らの季節~』レポ

ソ・イングク,SeoInGuk
©BS COMPANY/DREAM PASSPORT

 

今年デビュー10周年を迎え、歌手としても俳優としても大活躍のソ・イングクが、約2年6ヶ月ぶりとなる待望の来日公演『FAN CONCERT in JAPAN 雪(ソル):レイム~一緒に過ごす僕らの季節~』を東京、大阪の2都市で開催。今回KOARIでは3月19日開催の大阪・オリックス劇場での様子をレポートします。
 
眼鏡に淡いターコイズブルーのニットにデニムというラフな姿で登場したソ・イングク。
「みなさん、久しぶりに会えて嬉しいです!本当に嬉しいです!」と日本語で挨拶をし日本のファンとの久々の再会を喜んだ。

 

SeoInGuk,ソ・イングク
©BS COMPANY/DREAM PASSPORT

2部構成の今回のファンミーティング、1部ではMCに古家正亨を迎え軽快なトークが繰り広げられた。
まずは俳優ソ・イングクが今まで演じてきたキャラクターについてのトークコーナー。

演技初挑戦であり、一人二役を演じた『ラブレイン』について、「実は現代のシーンで演じた、“キム・ジョンソル”という役は元々存在しないキャラクターだったが、監督が80年代のシーンで演じた“キム・チャンモ”を気に入ってくれ、新たに役柄を作ってくれた」という裏話を話し客席からは大きな拍手が起こった。
「初演技にもかかわらず、それだけソ・イングクさんの演技が素晴らしかったということですね!」とMC古家さんから褒められると「そういうことですね(笑)」と冗談を言って会場の笑いを誘った。

また、初の主演作『応答せよ1997』の話題になると、ドラマ内の名セリフを再現してみせ、会場は大いに盛り上がった。
そして、俳優としての目標を聞かれると、「ソ・イングクという人が見えるのではなく、そのキャラクターをちゃんと見せることの出来る俳優になりたい」と熱く語っていた。

 

SeoInGuk,ソ・イングク
©BS COMPANY/DREAM PASSPORT
 
次に、事前にファンから募集していた質問コーナーでは、最近ハマっているものについて「ドライブにハマっている。スピードを出すのではなく、山道などを楽しむ」とのこと。

また、役作りで体重調整が必要な時などはどのようにダイエットしていますか?という質問には「運動と、健康な食事、そして睡眠です!でもオフの時にはまったく管理をしない。少し前に 『空から降る一億の星』のDVDのコメント撮りがあったが、体の管理を何もしていないときに撮った為、その映像の僕は太っています・・・。」といったこぼれ話も(笑)

その他の質問にも真剣に応え、質問者を見つけるとステージ上から直接声をかけていた姿がとても印象的だった。

 

SeoInGuk,ソ・イングク
©BS COMPANY/DREAM PASSPORT
 
2部は歌手ソ・イングクのコンサートステージ。
黒のスーツ姿に着替え、バンドを従え「生のバンド演奏でライブカフェのような雰囲気で準備したので、音源とは違う生のサウンドを楽しんでほしい」と語り、さすがの歌唱力でファンを魅了した。

そんなコンサートステージの1曲目は、春を迎える気持ちを込めたという『BOMTANABA(春のせいかも)』からスタート。
実は、この日の3日前に体調を壊して喉の調子が少し心配だったというソ・イングク。
ステージが始まる前に「音を外してしまったらごめんなさい」と語っていたが、そんな気配は一切なく、完璧な歌声で歌い上げファンを魅了した。

 

SeoInGuk,ソ・イングク
©BS COMPANY/DREAM PASSPORT

 

また、『空から降る一億の星』のOSTもメドレーで3曲歌い、共演したチョン・ソミンとのデュエット曲『星、僕たち』ではファンにマイクを向け、嬉しい大合唱となった。
その後のトークコーナーで、この『星、僕たち』について触れ、「韓国語の歌詞にも関わらず、一緒に歌ってくれてありがとう」と感激している様子を見せた。
 
そして直前に「バラードなのに息継ぎする場所が少なくて、自身の曲の中で歌うのが難しい曲TOP5に入るんですよ!(笑)」と語っていた『君という季節』は、日本語でしっとりと歌いあげ会場の感動を誘った。
 
アンコールでは、今回の公演のスタッフパーカーであるグレーのパーカー姿で登場。
『Time Machine』『Babe』の2曲を熱唱した後、日本語で「みなさん一緒に写真撮りましょう!」と声をかけ、ファンとの写真タイム。撮影中には、「ポーズはもっとこういう風に~!」とポーズ指導をするかわいい一面を見せた。
 
ラスト曲の『Everlasting Love』が歌い終わると、会場から“帰らないで~!”の声が鳴りやまず、さらにもう一曲『All For You』をファンと共に歌い、今回のファンミーティングは幕を閉じた。
俳優であり歌手でもある、そんな彼に魅せられた大満足のイベントとなった。

 

ソ・イングク関連商品を購入する
ソ・イングク関連記事を読む
ソ・イングク関連コラムを読む


特集