フリーワード検索

おすすめタグ

2019.01.08 10:25

12月アンケート「第33回 ゴールデンディスク授賞式 みんなで大予想!!」結果発表!

ゴールデンディスク結果発表740

一年間に多くの人気を集めたK-POPアーティストを選出し決定する、公正性と客観性、権威を認められた大韓民国最高権威の音楽授賞式「ゴールデンディスクアワード」
33回目となった今回は、2019年1月5日と6日の二日間にわたり韓国・ソウル 高尺スカイドームにて大々的に開催されました。
 
それに先立ち、コアリでは「新人賞」「デジタル音源部門」「音盤部門」の3部門にわたり受賞アーティストを予想するアンケート「第33回 ゴールデンディスク授賞式 みんなで大予想!!」を実施いたしました。
 
 
さて、コアリ会員の皆さまが予想した受賞者と実際の受賞者は一致したでしょうか??
アンケート結果と実際の結果を見ていきましょう♪
 
 
まずはこちらの部門から~~!
 

 
「新人賞」
一生に一度のチャンスともいえる新人賞。それだけに価値の大きな賞ともいえますよね。
2018年、注目を集めた新人アーティストの中でコアリの会員の皆さまが選んだのは??
 
 
 
 IZ*ONE

「PRODUCE 48」から誕生した日韓合同グループ IZ*ONEが圧倒的投票率で1位に。
 
・一番人気があると思う。
 
・デビューする過程を見ている内にファンになりました。皆かわいい!
 
・歌もビジュアルもいい!期間限定での活動だけど日韓で頑張って欲しい。
 
 

 キム・ドンハン
 
・ダンスがうまい!
 
・JBJ時代からファンだから
 
 
 THE BOYZ
 
・ビジュアル、ダンス、歌唱力、どれも素晴らしく、日本でレギュラー番組を持っていますし、知名度が高いです。楽曲も耳に馴染みやすいメロディーラインでおばさんの私でもノリノリです♫
 
 
 
実際に受賞したのは…?

 
【デジタル音源部門】

(G)I-DLE

デジタル音源部門の新人賞はCUBEエンターテイメントから2018年にデビューした(G)I-DOL。
他のガールズグループとは一線を画した個性的なコンセプトと音楽性でデビューと当時に話題になりました。

(G)I-DOL – HANN(ALONE)


(G)I-DOL – I am[1st Mini Album]

【音盤部門】 

IZ*ONE

予想1位に選ばれたIZ*ONEが音盤部門の新人賞を獲得!
日韓合同グループということもあり2019年は日本での活動も予定されているので日本のファンの方達も会える機会が沢山あるのではないでしょうか?

IZ*ONE – La Vie en Rose


IZ*ONE – COLOR*IZ [1st Mini Album/COLOR ver.]

Stray Kids
 

IZ*ONEと共に音盤部門の新人賞を受賞したのはJYPのサバイバル番組から誕生したStray Kids!
JYPの練習生生活とサバイバル番組で鍛えられた実力とチームワークを誇り、今後の成長がますます気になるグループですね。

Stray Kids – I am YOU

Stray kids
Stray Kids – I am NOT [1st Mini Album]

 
 

続いて、デジタル音源部門を見てみましょう~!
 
 
 
「デジタル音源部門 大賞」
デジタル化にともないダウンロードやストリーミングが音楽市場の主流になる中で、特定のアーティストのファンでなくても気軽にデジタル音源をダウンロードしてスマートフォンで音楽を楽しむということも増えましたよね。
そんな中でコアリ会員の皆さまが選んだのは…?
 
 
 
 防弾少年団「FAKE LOVE」

2017年に続き2018年も世界を股にかけて活躍した防弾少年団が予想通り1位に。
 
・好きなアーティストばかりで悩みますが、やっぱりBTSでしょう。
 
・曲に込められたメッセージがある。歌もいいしパフォーマンスもすごいですよね!
 
・私はWanna One のファンなんですが、最近日本の音楽祭MAMAで初めて防弾少年団のステージを見て圧倒的なパフォーマンスに圧巻されました。
 
 
 EXO「Universe」
 
・ファンというのもあるけど、この歌は本当にいいです!
 
・やっぱりEXOがチェゴ!
 
 
 ヨン・ジュンヒョン「夕立ち」
 
・ジュニョンの切ない声が素敵すぎる。しかし一つ選ぶのは難しい
 

実際に受賞したのは…?

iKON「LOVE SCENARIO」

2018年、韓国で最も愛されたデジタル音源はiKONの「LOVE SCENARIO」でした!
一度聴くとつい口ずさんでしまうクセになるメロディでK-POP界でも大人気だったこの曲ですが、それだけでなく幼稚園や小学校でも替え歌にして歌われる等、国民的歌謡的な存在となったので納得の大賞受賞となりました。

iKON – LOVE SCENARIO

iKON
iKON – Return [正規2集]

 
「音盤部門 大賞」
最も売れたアルバムに与えられる音盤部門の大賞。
コアリの皆さんが投票したのは…?
 

 防弾少年団「LOVE YOURSELF 結 ‘Answer’」


 
デジタル音源と共に音盤部門でも1位に選ばれた防弾少年団!

・これまでのアルバムも素晴らしかったし、それを完結させる今回のアルバムも期待を裏切らないクォリティ。
 
・世界のBTSだから。アルバムを聴くと世界で認められる理由がわかります。
 
・ メインの曲だけでなく全ての曲が意味があり素晴らしい。
 
 
 
 東方神起「New Chapter #1:The Chance of Love」
 
・やっばり王者の風格のある音楽性とダンスの良さ。
 
・東方神起に大賞を取ってもらいたいという気持ちから!
 
 
 EXO「DON’T MESS UP MY TEMPO」
 
・さすがEXOと思わせるアルバム

実際に受賞したのは…?

防弾少年団「LOVE YOURSELF 結 ‘Answer’」

皆さまの予想通り、防弾少年団が音盤部門の大賞に!
昨年に続き2年連続での音盤部門大賞という記録を達成しました。
昨年からの世界での活躍を見ていると誰もが認める大賞受賞だったのでは?

防弾少年団 – IDOL

BTS
防弾少年団 – LOVE YOURSELF 結 ‘ANSWER’ [正規3集リパッケージ]

2018年も韓国国内だけでなく日本をはじめとするアジア各国を超え、ヨーロッパやアメリカでも大人気となったK-POP。
その牽引者である“BTS(防弾少年団)”が今回のゴールデンディスク授賞式でもデジタル音源部門&音盤部門を合わせてトータル6冠の栄誉となり存在感を見せました。

また、今回デジタル音源と音盤でそれぞれ大賞を受賞したiKONや防弾少年団のように自ら作詞や作曲をおこない、自分達の気持ちを音楽にして伝えるアーティストが増えて来ているように、K-POPが世界で認められ、愛される理由を再確認する授賞式となったように思います。

2019年も防弾少年団の快進撃が続くのか、それとも防弾少年団の人気を脅かすような強力なアーティストが登場するのか?
来年のゴールデンディスクにも乞うご期待です!

 


第33回 ゴールデンディスクアワード 受賞者リスト

<アルバム部門>

▲大賞:防弾少年団

▲本賞:NU’EST W、NCT127、Wanna One、TWICE、SEVENTEEN、故ジョンヒョン(SHINee)、MONSTA X、GOT7、防弾少年団、EXO

▲アイドルライブ人気:防弾少年団

▲網易雲音楽(NetEase Cloud Music)ゴールデンディスク人気賞:防弾少年団

▲ベストOST=Paul Kim(SBSドラマ「先にキスからしましょうか」OST)

▲新人賞:IZ*ONE、Stray Kids

 

<デジタル音源部門>

▲大賞:iKON「Love Scenario」

▲本賞:ロイ・キム、チョンハ、赤頬思春期、BLACK PINK、TWICE、iKON、MAMAMOO、MOMOLAND、防弾少年団、BIGBANG

▲ベストヒップホップ賞:ソン・ミンホ(Winner)

▲今年のバラード賞:イム・チャンジョン

▲ベストグループ賞(男性):Wanna One

▲ベストグループ賞(女性):GFRIEND

▲新人賞:(G)I-DLE

▲2019グローバルVLIVEトップ10ベストアーティスト:防弾少年団

▲コスモポリタンアーティスト賞:Wanna One、BLACK PINK

a.cp_btnCTG {font-size: 124%;width: 390px; padding: 0.8em 0.8em;text-align: left;text-decoration: none; color: #ffffff; border: 2px solid #ff69b4; border-radius: 3px;display: block;transition: .4s;background: #ffc0cb;}a.cp_btnCTG:hover {background: #db7093;color: #fff;border: 2px solid #ffffff;}a.cp_btnCTG img{vertical-align: bottom;}

 「ゴールデンディスクアワード」関連記事を読む
 


特集