フリーワード検索

おすすめタグ

2017.05.04 10:08

【会員レポ】4/23「2017 KIM NAM GIL FANMEETING in JAPAN ROAD SHOW –The Way-」大阪公演レポ

「2017 KIM NAM GIL FANMEETING in JAPAN  ROAD SHOW –The Way-」大阪公演。
 
この日の公演は17:30からで、GOODSも15:00から発売ということもあり、14:30を過ぎた頃には長蛇の列でした。既にファンの皆さんのファンミーティングはここから始まっています。
15:30頃には早々と売切れたGOODSもありました。
 
一年ぶりのFAN MEETINGという事もあり、皆さん待望のステージが始まりました。
既にご承知の方も多いと思いますが、キム・ナムギル氏(以下ナムギル氏)のファンミーティングはエンターテインメント性に優れた見応えのあるショーですが、今回はトークショーがメインと映画の宣伝を兼ねて、ファンとの交流がメインのステージでした。
いつも感心させられるのですが、コンセプトやテーマが確立されていて、今回の「ROAD SHOW」はその名の通り「旅」をモチーフにしたテーマになっていました。
セットもハンモックやランタン、飯盒等の小物が配置されていました。
 
今回の司会も古家正亨氏でしたがナムギル氏との掛け合いや、ナムギル氏の言葉を一言一句漏らさず通訳してくださった通訳さんのお陰で、茶目っ気のあるお姿・イタズラ好きの少年の様なお姿、そして何よりも俳優キム・ナムギルとしてのポリシーや考え方を話すお姿はナムギル氏の誠実さが否応なしに伝わって来ました。
韓国を代表する映画俳優キム・ナムギル氏の姿をこれからも作品を通して見て行きたいと思いました。

第一部
大歓声の中「FOREVER」を唄いながらナムギル氏登場、正直立ち上がって盛り上がりたかったのですが、後ろを見ると誰も立っていらっしゃらなかったので、後ろの方が見づらいかと思い断念しましたが、途中マイクを会場に向けて下さった時は思い切り一緒に唄っていました。
ナムギル氏と観客が一体となって会場が温まった雰囲気の中トークショーが始まりました。
 
最初にナムギル氏の撮影した写真が次々と紹介されていきました。釜山駅、海雲台、屋台(ポジャンマッチャ布張馬車)、ナムギル氏の影の写真等々。
その一枚一枚に撮影した思いやエピソード等交えてのトークでしたが、夜景の写真の説明で「高い高層ビルの周りにある民家の明かりに人々の暮らしがある」というコメントにナムギル氏の人間味溢れる優しさを感じました。
 
次にナムギル氏の演じた作品と役名が5パターン紹介され、その中の誰と一緒に旅に行きたいか?観客に「行きたいキャラクターの時に一回だけ拍手して下さい」と言われました。
紹介されたのは「サメ」のハン・イス、「善徳女王」のピダム、「パイレーツ(海賊~海に行った山賊~)」のチャン・サジョン、「無頼漢~渇いた罪~」のチョン・ジェゴン、「パンドラ」のジェヒョク。
ピダムも人気でしたが、何といってもナムギル氏本人の性格とのシンクロ度で一番高い(ナムギル氏曰く)90%だった、最後に紹介された「パンドラ」のジェヒョクが優勝でした。
因みにナムギル氏はハン・イスを選ばれ、理由は「お金持ちだから」と、ここでも会場を笑いの渦に巻き込んでくれました。
 
 
第二部
ナムギル氏が観客席から「君は知らない」(ドラマ「野王」劇中歌)を唄いながら登場。今回はもみくちゃにされずにステージに到着、嬉しいサプライズです。
次回は1階席と2階席にも登場していただけると有難いと思いました。
 
その次は、事前アンケートに答えた方の「ナムギル氏にお願いしたいこと」のコーナーです。
「マイク無しの声で呼びかけて下さい」というお願いにナムギル氏は一生懸命に本気で叫んで呼びかけてらっしゃいました。
「日本語の歌を聞かせて下さい」ではアニメ「君の名は。」を所々歌詞が出てこない所は鼻歌で応えて下さいました。(鼻歌がまた耳障りが良く観客の皆様も耳を澄まして聴いてらっしゃいました)次回はフルコーラスで聴けるかも知れません。

「カメハメ波をやって下さい」というお願い、そして最後のお願いは何といっても「壁ドン・顎クイ・袖グル」です。これには皆様、羨望の目で見てらっしゃったのではないでしょうか?
お願いされた方の緊張し強張っている様子を拝見していると緊張感がこちらにも伝わってきました。本当に良かったですね。
 
ナムギル氏へのメッセージ紹介が沢山あり、楽しい時間はあっという間に過ぎ、エンディングの歌になってしまいました。
「初日」を熱唱して下さいました。唄っているナムギル氏はまた違った魅力で溢れかえっています。
勿論アンコールにも応えて下さり「愛してはいけないの」を唄ってくれました。
生歌は最高に良かったです。

もっともっと歌が聴きたいと思ったのは、会場の皆様も同じだったのではないでしょうか?2時間40分がとても短く感じました。
トークを饒舌にお話されるナムギル氏のショーは本当に退屈しませんが、次回は歌も沢山聴かせて下さい。
 
 
最後になりましたが嬉しいお知らせがあります。
映画『ワンデイ 悲しみが消えるまで』の紹介の後、現在韓国で30万人超動員されている映画ですが、日本で観客動員数50万人を超えたら、ナムギル氏が舞台挨拶で来日すると公約(?!)をしてくれました。
大阪、名古屋、東京、他の都市もあるかも?!
私も早速前売り券GETしました。映画を何度見に行くことになるかしら?!と思いつつ、次回の来日が早くも待ち遠しくなったのでした。

■DVD 発売情報

「2017 KIM NAM GIL “ROAD SHOW –The Way-”」(仮) 

価格 / 6,500(税別)  発売時期 / 2017 年 8 月初旬予定

仕様:50P 写真集付グランドサイズパッケージ 埼玉公演の模様を収録(公演終了後のインタビューも収録)    

販売サイト:https://www.koari.net/ 

 

■主演映画「ワン・デイ 悲しみが消えるまで」

2017 年 7 月 29 日(土) シネマート新宿、シネマート心斎橋他全国ロードショー

オフィシャルサイト http://www.finefilms.co.jp/oneday/ 

 

■公式ファンクラブ情報

Kim Nam Gil JAPAN OFFICIAL FANCLUB 「GiL Veot」 

https://www.namgil.jp/ 

※新規会員申込み受付中

※年会費 6,480 円(税込・入会金なし)

日本公式オフィシャルツイッター:@kngjapan(https://twitter.com/kngjapan

  





キム・ナムギル関連ニュースはこちら



キム・ナムギル関連商品はこちら
 


特集