フリーワード検索

おすすめタグ

2016.10.28 11:01

【会員レポ】10/16「TEAM H PARTY 2016-Monologue-」大阪公演レポ

10月16日、大阪城ホールで行われた“JANG KEUN SUK×BIG BROTHER TEAM H PARTY 2016 Monologue”初日公演に参戦してきました。
 
日程が決まった日から、ずーーっとカウントダウンしてきたこの日…大阪城ホールに着いてみると、たくさんのうなぎさんがグッズに並んでいたり、久しぶりに会ううなぎさん同士、楽しそうにTEAM Hの話をしていたり、皆さんのグンちゃんとTEAM Hへの愛を感じて「うわー、うなぎ界ってすごい!熱い!」と驚きました。
 
実は私、今年の5月にうなぎになったばかりの超新米。
一緒にうなぎになった母親との参加で、グンちゃんを見るのは初めてだったんです。
皆、それぞれが服やかばんを手作りしてTEAM H仕様にしていて見ているだけで楽しい!とても賑やかで私たちも更にドキドキしてきました。
 
 
さて、いよいよ開場の時間になり、列に並んでいるとなにやら空が暗くなりポツポツ雨が…。
周りのうなぎさんたちが「やっぱり降ったかぁ…さすがグンちゃん!」と笑っているのを聞いて、雨男伝説は本当だったんだ、とおかしくなりました(笑)。
 
会場に入り、自分の席に着いてステージを見上げると一気に緊張!!あと少しでここにグンちゃんとカート君が来るんだ!と思うと、気持ちが高まって既に泣きそうでした。
センターステージから逆のY字に伸びたようなステージが左右にあり、どの席から見ても二人の姿を楽しめるような新しい感じのステージ構成でした。
「もっとうなぎの近くにいきたい」といつも言ってくれるグンちゃんだからこそ、このステージが出来たのかなと思うとジーンとします。
 
 
照明が落ちて「Like a zombie」のPVが。映像が終わるとIntroが流れた次の瞬間TEAM Hの登場!!悲鳴に近い、割れんばかりの歓声が会場に響きました。
全身白の衣装に、髪は編み込みのグンちゃん…!(映画:イテウォン殺人事件 のピアソンに近い感じでした)
この衣装と髪型が悪い男な感じの雰囲気を醸し出し、かっこいいのなんの!!
いろんな色の照明に照らされ、ステージを歩く姿は、言葉にできないほどの綺麗さと迫力で鳥肌ものでした。

「My story」「Save me」「Raining on the dance floor」の後、カート君のDJ time。
グンちゃんは舞台裏へ行きスタッフの方に絡みながら(水をかけたり壁ドンして腰を振ってみたり。笑)後方の入り口から再び会場へ。スモークと水鉄砲でうなぎを攻撃。躊躇なく水を顔にぶっかけて、顔を隠すうなぎを見てにやにや(笑)、楽しそうな親分を見て私もにやにや(笑)。
一通り攻撃し終わると、ステージに戻り「As time goes by」が流れます。
さっきのいたずら顔から一変、真剣に歌う姿にまたキュン…!
「Beautiful change」 「Like a zombie」と曲は続きます。
「Like a zombie」ではステージ上に寝転がる親分にダンサーさん達が群がり、体を食べている演出でした。
一瞬でステージが不気味な雰囲気に変わり、ステージ上で蹲るグンちゃんの思いつめたような切ない表情に「さすが、俳優だな…」と見入ってしまいます。
 
 
「I just wanna have fun」「チャムルマンクムチャマッソ」「Do it on the speaker?」「What is your name?」「Wet」「Yoga fire」「WOW」と立て続けに曲が続き、ここまで踊りっぱなしの会場!
全体が大きなクラブのようで、恥ずかしい気持ちも忘れて思いきり曲に合わせて踊っていました。またグンサギライトがとっても綺麗で、会場が一つになっていました。
 
 
ここでこの日のMCを少し紹介しましょう。
「ここまで1時間とちょっとノンストップで来たけど大丈夫?若いころは全然大丈夫だったのに、30歳になったからか?今日は死ぬかとおもった」とグンソクちゃん(笑)
 
30歳になったという流れから「30歳になって変わったことは、お腹のポニョが…あ、俺じゃないよ」というコメントに
「え~~~」といううなぎのツッコミ(笑)。
「…だってボクシング始めて1週間で3キロ落ちたよ」
親分、ダイエットも頑張っているようです!(笑)
 
「この間久しぶりに会った大学時代の同級生が結婚して、赤ちゃんを抱っこしてた。ありえないでしょ?ありえなくはないけど…20代のころに比べて結婚が現実的になってきたよ。家族とごはんを食べてるときに、おばあちゃんから『結婚はいつするの?』って聞かれたら逃げ出したくなる」と話した後
「カートはいつ結婚したい?」というグンちゃんからの質問に
「………去年?」と答えるカート。会場爆笑!!
 
そして、うなぎに「結婚してみてどう?」って聞いたら会場シーーーン。これにはグンちゃん爆笑でした(笑)。
 
「この先体力が無くなってTEAM Hできなくなったらどうする?」というグンちゃんに「TEAM Hのクラシックしよう」って身振りで答えるカートくん。TEAM Hクラシック…ちょっと見てみたいかも。
 
 
MCでちょっと体力充電したところで、またPARTY開始です。
「うなぎ~、Kiss me~~!!」
グンちゃんの合図で「Kiss me」から始まり「Paradise」「Driving to the highway」「Firework」と。
みんなで一緒のフリをするのは一体感がとても気持ちよく、揃って動くライトも綺麗でした。
 
 
そしてアンコール!
もうアンコール!?もうすぐ終わってしまう…一気に悲しい気持ちになったところで「WE ARE」が!(PARTY続けたいなら踊って!なニュアンスの文字がスクリーンに!)。
最後まで楽しむしかない!
 
ステージを四方八方、ずーーっと歩き続けてくれて、ほんとーーに楽しそうに踊るグンちゃんとカート君。
グンちゃんの優しい笑顔を見ると、自然と自分も笑っています。(全うなぎ共通かな??)
最後は二人のお気に入りの曲「WOW」で。
グンちゃん曰く「WOW」はTEAM Hの「お・も・て・な・し」だそうで♥
しっかりもてなされました(笑)“wow wow”で手を挙げて踊るのが楽しすぎます。
 
 
最高のステージが終わった後は、ライブ中に踊りまくってぶつかりまくったまわりのうなぎさんたちと「楽しかったねーー!!」とハグまで!
初めて会った人たちで年齢もバラバラなのに、一緒の空間で歌って、踊って、もうすっかり仲良しになっていました。
TEAM Hのライブってすごい…こんなに一体感を感じるライブは人生初でした。
“グンちゃんが、TEAM Hが好き”という共通の気持ちでこうしてまた新しい出会いが生まれるのも二人のおかげですね。
なにより、あんなに楽しそうな母を見るのも久しぶりで、TEAM Hに感謝!
車でも、家に帰ってからも、CDを聴きながら一緒に踊ってしまいます。
本当に楽しいステージをありがとうございました。
 
 
親子そろって、一生うなぎ界からは卒業できないね…と誓った日でした(笑)。
 


特集