フリーワード検索

おすすめタグ

2015.04.15 12:05

【会員レポ】4/9「THE CRISHOWⅢ」岡山公演レポ

「2015 JANG KEUN SUK THE CRISHOWⅢ」 IN OKAYAMA
岡山生まれ、岡山育ちの岡山UNAGIがレポートさせていただきます。
 
4月9日(木)…お天気は「晴れ時々…曇り時々…雨~!!」
晴れの国に雨を降らした“最強の雨男”…チャン・グンソク!
ぐんちゃんは、岡山で「桃太郎」より有名になった。(笑)

CRISHOWⅢの会場が発表された時は目を疑った。
「まさか、ぐんちゃんが岡山へ来てくれるなんて…」って。まさに、アンビリーバボー!!
驚きと、喜びとが入りまじり、だんだんハイテンションへ…。そして、幸運にもそのチケットを手にすることができた。

岡山で7回目となったCRISHOWⅢはどんどん進化していた。
いつものことながら、チャン・グンソクのステージは回数を重ねるごとにグレードアップしていく。
さすがおやぶん♥
CRISHOWⅠ・Ⅱは見せるステージだったけど、CRISHOWⅢの印象は、聞かせる…そして、心で感じるステージだと思う。「大切なものは、目には見えない…」人間チャン・グンソクを心で感じよう!!
 
また、CRISHOWⅢは映像とぐんちゃんの歌とのコラボがステキだった。
まるで、映画のワンシーンのような…
歌を聞かせながらも、俳優としての演技力も感じさせる。特に「風」は…「俳優チャン・グンソク」を感じる。
 
会場は岡山市民会館。外観は、昭和チックでレトロ。そして、会場も小さく狭い。
確かに、ぐんちゃんの「UNAGIたちのより近くに…」という思いを満たしてくれる場所だ。私も、高校生の時に立ったことのあるステージだった。
そのステージに、ぐんちゃんが立つ…なんだか、不思議。

19時、幕の向こうにチャン・グンソクのシルエットが見えた。UNAGIたちの歓声があがる…岡山でのCRISHOWⅢが、始まった。

オープニングの「春になれば」と「一つ傘の下」は、私の大好きな曲。
ステキな歌詞に、チャン・グンソクが「真心」という熱い魂を吹き込んだ曲だ。
「春になれば」は、これから桜が咲く季節になるたびに、思い出す曲になるだろう。
そして「一つ傘の下」では、早くも私の涙腺は崩壊しそうになった。
ぐんちゃんの歌声と映像のコラボが、本当に美しい。感動~!!

そして、オープニング後、幕が上がり登場したのは…黒いジャケット・白いシャツ・黒ネクタイ・ジーンズの我らが「おやぶん♥」。サラサラヘアーを横に分けた髪が、爽やかでカッコイイ~!
ぐんちゃんの登場で、一気に会場のUNAGIたちはヒートアップ~!!
 

トークでは、「桜よりチャン・グンソクでしょ?」とおちゃめにおどけてみたり「桃太郎」ネタを話してくれたり…。(笑)
いつもながら日本語のトークでUNAGIたちを楽しませてくれる。
UNAGIとの会話のやりとりでは「まぁ、まぁ、まぁ…」とか「はい、はい、はい…」と相づちを入れてくれるので、ぐんちゃんが外国人だということを忘れてしまう。

トークのなかで「チャンスが、あったらまた岡山へ来たい…」と言ってくれたことは、岡山UNAGIにとって本当に嬉しかった。ありがとう~!!ぐんちゃん~♥
もちろん「岡山の人~!」の問いかけには、全力で手を挙げた。(笑)
天気の話では、やっぱり雨が降ったことに、ぐんちゃんは大笑いしていた。

曲の方で印象に残ったのは、「大好きな曲」と言ってぐんちゃんが歌ってくれた「In My Dream」
この歌は、ハングルだけど本当にいつも心に響いてくる。それだけ、ぐんちゃんの思いが強い曲だと思う。
 
そして、初めて生で聞いた「Love letter」。
ぐんちゃんのとっても優しい歌声に鳥肌がたった。自作の歌詞もぐんちゃんの繊細さが感じられる。
こういう所も「チャン・グンソク」の魅力だと思う。
 
 
アンコールの「ひだまり」では、歌っているぐんちゃんの顔が「ひだまり」のように優しい。
ぐんちゃんの優しい笑顔が忘れられない。その笑顔が、大好き♥
 
そして、ぐんちゃんとUNAGIたちで力いっぱい歌った…「家に帰ろう」
もちろん、歌はマスター済み~!ぐんちゃんと一緒に歌ったこと絶対に忘れないよ!!
家…Home
そう!UNAGIたちの「Sweet Home」はいつだって「チャン・グンソク」だから…♥
 
 
あっと言う間の時間…。
「今日のことは、忘れないよ。だから、皆も忘れないで…」と言っていたぐんちゃん。
いつも言うこの言葉は、ぐんちゃんの心が昔と今も変わっていない証拠だと思う。UNAGIたちとの時間を、とても大切にしてくれる。
 
この日印象的だったのは、ぐんちゃんの視線はつねに会場全体…そして、遠くへ(遠くのUNAGIへ)と向けられていること。
今日も、いつものように「最善」をつくす「チャン・グンソク」がそこにいた。
 
「モノクローム」…また少し大人になった等身大の「人間チャン・グンソク」出会えた。今回のアルバムは、UNAGIにとっても忘れられないアルバムになった。
 
ぐんちゃんのおかげで、私の人生に忘れられない思い出がまた増えたよ。カムサハムニダ~♥
 
 
帰りの路面電車の中で走っているぐんちゃんの車を見つけた時は、もうビックリ~!!
UNAGIみんなで猛アピールしたら手を振ってくれたよね。嬉しかったよ。
そんな「UNAGI思いの優しい」ぐんちゃんに…これからも「Stand by U~♥」

最後に…ぐんちゃん、UNAGIさんたち、岡山へ来てくれてありがとう~♥
 


特集