フリーワード検索

おすすめタグ

2014.11.05 05:23

【会員レポ】11/1「TEAM H PARTY」埼玉公演レポ

2014年11月1日、さいたまスーパーアリーナにて「TEAM H PARTY Raining on the dance floor 埼玉公演」が開催されました。

1週間前の天気予報はずっと晴れ。
しかし、ついに、ついに、埼玉の地に雨が降りました。あたかもグンちゃんとBB(Big Brother)が天から降りてくるように。
そして、彼らは舞台で遊び、私達と彼らのパーティーが始まりました。

名古屋、福岡と参加し、進化していくTEAM Hを見て来て、いよいよ東京の私にとっての地元、埼玉。
更に進化してほしいと、期待いっぱい、夢いっぱい、ちょっぴり不安の隠し味もエッセンスとなり、ワクワク感いっぱいでした。

「Open the door」と共にDJのBBが登場。わかっていても、オープニングは心ときめきます。
グンちゃんはまだ来ない、いつ出てくるのかな?
1曲目が終わるんじゃないかと思うその瞬間、黒っぽい細身のスーツに身を包み、指から出るレーザーライトを振りかざし、せりから上がってきた我らがチャン・グンソク。
ポニーテールでの登場に「来たー!」と、ロング好きの私は心臓が飛び上がりました。
ロングを懐かしむウナギのことを考えてくれたんだなと、嬉しくて今まで待っていた気持ちが爆発しました。

と同時に、去年3月の北海道・月寒ドーム公演を思い出しました。
ドームの屋根と雪かきした雪の山を見間違えるほどすごい雪で寒かったー!
でも、会場の中は熱く燃え燃えの心に残るコンサートでした。
その時と同じポニーテール。
東京の私が瞬間思い出したのだから、北海道から来ていたウナギさん達は涙が出るくらい感激したのではないかしら。

ちなみにこの日は、名古屋、福岡では暑くても脱がなかった、最初のスーツの上着を脱ぎました。
なぜ?スリムなスーツの左肩の縫い目が破けてしまったからです。
ネクタイ取って、ワイシャツもズボンから出して、ボタンもはずすかと思ったら、それはしませんでした。残念。
大阪ではさらに進化したハプニングを楽しみにしています。

そして、とても温かい話がありました。BBへの思いの告白です。
グンちゃんが話し出します。
“子供の頃から芸能生活をしていて、目標や夢を持ち、この道に進ませてくれたお母さんに感謝している”…と。
でも、そんな中…

“今まで本当の友達と言える友達がいなかった。
BBは、一番遠くにいる友達であり、一番近くにいる友達、そんな友達がBB。
今ではBBのことを一生の友達と思っている”

BBはそう言われて、ちょっと照れくさそうというか、どういう顔をしていいのか戸惑っているようで、BB流に言うと“とても可愛い”表情をしていました。

そこから、アコースティックの「Driving to the highway」のギターのイントロが流れ、BBの雰囲気のある少しハスキーな声がリードし、そしてグンちゃんの甘くささやくようなソロが会場全体を包み込み、ウナギはみんなうっとりモード、夢の世界でした。
ほんとに、このアコースティックバージョン素敵。CDに収録されていたらいいのに!

どんなに冷凍になっても、ここで解凍するから、グンちゃんは好きにやっても大丈夫よ。

誰かのツイッターで「どんな風に冷凍になるのか楽しみにしていた」というのを見て、そういう楽しみ方もあるのねと、私も大阪では冷凍を期待しよう。
名古屋で見た感じでは、冷凍状態にあせるグンちゃんを見るのもなかなかです。

…私ってドSウナギ?

TEAM H関連商品はこちらから

■チャン・グンソクTEAM H アリーナツアー
http://www.jang-keunsuk.jp/team_h/
 
■チャン・グンソク JAPAN OFFICIAL FANCLUB
http://www.jang-keunsuk.jp/top.html
 
■「キレイな男」オフィシャルサイト
http://www.kirei-t.jp/
DVDレンタル・発売ついに開始!
リリース記念チャン・グンソクTカード登場!


特集