フリーワード検索

おすすめタグ

2020.03.02 03:01

​パク・ミニョン、最新ドラマで伝えたいこととは…

パク・ミニョン
パク・ミニョン

 

[韓国エンタメニュース]

 

女優パク・ミニョンがドラマ「天気が良ければ訪ねて行きます」で再び注目を浴びている。

パク・ミニョンは、JTBC月火ドラマ「天気が良ければ訪ねて行きます」でモク・ヘウォン役を演じ、これまでとは違う姿を見せている。何の面白みも味わいもない人生と仕事に疲れたヘウォンは、幼い頃の思い出がある田舎(プッキョンリ)に戻り、春を待つキャラクターだ。

天気だけでなく心まで冬の真ん中にいるヘウォンは、無表情の時が大半だ。だが叔母のミョンヨ(ムン・ジョンヒ)が病気だという話を聞き、ひそかに彼女を手助けする姿からは無関心だが温かい心を持っている彼女の性格を垣間見ることができる。またヘウォンは、ウンソプ(ソ・ガンジュン)の片想い相手という事実を知って動揺もしたが、何事も無かったように行動しウンソプを気遣った。久しぶりに出会った友達を通じ笑顔を取り戻すかどうかのヘウォンを見て、視聴者達もまた共感と応援を送っている。

またヘウォンは、ボヨン(イム・セミ)の話が出るととても冷たい反応を見せウンソプとジャンウ(イ・ジェウク)を驚かせる。後になってみればボヨンに話した秘密が学校中に広まりヘウォンを困らせたのであった。唯一心を許したボヨンに裏切られたヘウォンの事情は心を悲しくさせ、これからの展開を期待させる。

パク・ミニョンは、モク・ヘウォン役を演じながら『キャラクターが以前に比べてとてもシックで暗い面がありますので笑う姿があまり無いです。ボヨンと高校生時代のシーンを撮影しながら今作で初めて笑いました』と語った。そして『笑う姿が多くないことで、これまで私が演じてきたキャラクター達とは違う一面を感じられると思います。無関心に見えますが誰よりも周囲の事を考えているキャラクターです。ヘウォンの傷が癒されていく過程をしっかりと演技し視聴者達の方々にヒーリングをお伝えできればと思っています』と加えた。

一方彼女が主演を務めるドラマ「天気が良ければ訪ねて行きます」は、韓国にて毎週月火曜午後9時30分より放送中だ。

 

写真提供:namoo actors

 

韓国エンタメ・トレンド情報サイト KOARI

 


【韓国ドラマピックアップ】
「天気が良ければ訪ねて行きます」あらすじやキャラクター詳細をみる

 

 

 

 ドラマ「天気が良ければ訪ねて行きます」関連記事を読む

 パク・ミニョン関連商品を購入する
 パク・ミニョン関連記事を読む
 パク・ミニョン関連コラムを読む


特集