フリーワード検索

おすすめタグ

2020.02.25

ジョン・ヨンファ(from CNBLUE)の3rd Solo Album『FEEL THE Y’S CITY』明日発売!オフィシャルインタビューが公開!

 

[韓国エンタメニュース]

 

ジョン・ヨンファ(from CNBLUE)帰還! 2年半ぶり3枚目のソロアルバム完成

「多様な都市で構成される世界にように、僕の音楽世界も様々な音楽で構築されている」

 

――まずは、お帰りなさい! 昨年11月に約20ヵ月の兵役を終えられ、12月の『2019 FNC KINGDOM -WINTER FOREST CAMP-』で2年ぶりに日本でライブを行いましたが、どんな気持ちでしたか?

ライブはやっぱり、いいですね。「ステージが僕の居場所だ!」って改めて思えました。ずっとライブのときに使ってきましたが、「感無量」という言葉はこういうときに使うんだって実感しました。ライブができるって、本当に幸せです!

――2月26日には、除隊後初、3枚目となるソロアルバム『FEEL THE Y’S CITY』がリリースされます。アルバムタイトルの『FEEL THE Y’S CITY』には、どんな意味があるのでしょうか。

世界がさまざまな特色を持った都市で構成されているように、ヨンファという世界は、ジャズやポップス、ダンス曲など、たくさんのスタイル、たくさんのジャンルの曲=「Y(ヨンファ)’S CITY」で構成されているということを感じてほしい……という想いから付けたタイトルです。それに、僕がこれまで訪れた都市にインスパイアされた曲も収録されているんです。リード曲「The Moment」はドラマ撮影で滞在したパリ、「Summer Night In Heaven」は僕が大好きなハワイ、「Livin’ It Up」はNYに影響を受けて書いた曲です。それぞれの都市の雰囲気を感じてもらえると思うんだけど。

――リード曲「The Moment」は、パリに影響されたということですが。

はい。ドラマ『恋するパッケージツアー~パリから始まる最高の恋~』の撮影で2ヶ月フランスに滞在したのですが、その時もらったインスピレーションを歌詞で表現しました。

――曲の中に、パリの街の情景が生き生きと描かれていますね。「C’est la vie!(セラヴィ)」というフランス語の歌詞もヨンファさんらしいです(笑)。

そうでしょ? 名言ですよね。「C’est la vie!=これが人生さ」ってポジティブさを一番伝えたかったんです。

――「Melody」などリード曲になりそうな曲がたくさんある中、なぜ今回、「The Moment」をリード曲に?

僕が大好きな曲だから、というのが一番の理由です(笑)。今、こういうスタイルの曲をすごくやりたいんですよ。

――「The Moment」はビッグバンドジャズが用いられています。『FEEL THE Y’S CITY』は、全体的にジャズのカラーが強いアルバムですし、入隊前くらいからライブでもジャズのアレンジが増えてきた気がするのですが。

そうですね、まさに入隊するちょっと前からジャズにハマっていて。僕が今、一番興味のある音楽スタイルで、こういう感じでライブをするのが、このアルバムの大きな主旨のひとつなんです。

――ライブを想定して作ったアルバムということですね。

はい。僕はいつも、ライブを意識してアルバムを作っています。僕にとっては、ライブが一番重要だから。

――3月からは2年ぶりのソロライブツアー『JUNG YONG HWA JAPAN CONCERT 2020 “WELCOME TO THE Y’S CITY”』も開催されます。どんなツアーになりそうですか?

やっぱり、ジャズサウンドがアレンジの中心になると思います。ステージをジャズバーみたいな感じにするのもいいなぁと思っていて(笑)。ビッグバンドと一緒にやったりしたら、僕の新しい顔が見せられるんじゃないかな?

――それは、楽しみですね。ソロでは今回、「ジャズ」がメインになっていますが、もちろん「ロック」も忘れてないですよね?

ロックやりたいですよ! でもロックをやるならバンドですよね。まだ、CNBLUEのほかのメンバーは入隊中なので、彼らが除隊してから話します!

――ヨンファさんの思い描く世界の先にあるものは、やはり……。

「東京ドーム」です。日本デビューのときから目標に掲げてきましたから。あきらめかけたこともあるのですが、入隊のために音楽から離れた2年を過ごして、また夢に向かって進む決心をしました。僕は皆さんを信じて、皆さんは僕を信じて進んで行けば、いつか実現できると思っています。

――これから、「ジョン・ヨンファの第二章」が始まります。最後に、日本のファンへメッセージをお願いします。

2年間、待っていてくれてありがとうございます。アルバムを聴いて、僕の理想の場所に一緒に行きたいと思ってくれたら幸せです。アルバムを出した後には、ライブもあります。たくさん活動しますので、これからもよろしくお願いいします!

取材・文/坂本ゆかり

 
■ジョン・ヨンファ オフィシャルサイト
https://www.jungyonghwa.jp/
 

【リリース情報】

FEEL THE Y’S CITY

ジョン・ヨンファ(from CNBLUE)

2020年2月26日(水)

https://JungYongHwa.lnk.to/FYCPu

 
FNC JAPAN ONLINE STORE

ジョン・ヨンファ撮り下ろしオリジナルポストカード(全3種をランダムで1枚プレゼント)

https://store.emtg.jp/fncstore/products/detail.php?product_id=22505

 

 

初回限定盤

 

 

通常盤

 

 

BOICE限定盤

 

初回限定盤CD+DVD WPZL-31726~7  4,500円+税 

通常盤CD WPCL-13168  3,000円+税

BOICE限定盤CD+DVD WPZL-31728~9 5,000円+税 

 

●通常盤(CD) 

01.WELCOME TO THE Y’S CITY

02.The Moment

03.Summer Night In Heaven

04.She Knows Everything

05.Jellyfish

06.Fire & Rain

07.Melody

08.BROTHERS

09.Letter

10.Livin’ It Up

 
応募特典:シリアルコード②封入(初回プレス分のみ)

 

●初回盤(CD+DVD)

CD:通常盤と同内容

DVD:

「Letter / BROTHERS / Melody / Jellyfish / The Moment」 -Music Video-

「Letter / BROTHERS / Melody / Jellyfish / The Moment」 -The Making of Music Video-

 
応募特典:シリアルコード①封入

 

●BOICE限定盤(CD+DVD) 

CD:通常盤と同内容

DVD:

JUNG YONG HWA(from CNBLUE)Solo Fanmeeting 2019 in Japan -Y’s Home-

BEHIND THE SCENES

 
応募特典:シリアルコード③封入

 

▼公演概要

JUNG YONG HWA JAPAN CONCERT 2020 “WELCOME TO THE Y’S CITY”

【愛知】名古屋国際会議場センチュリーホール

2020年3月2日(月) 17:30開場 18:30開演

2020年3月3日(火) 17:30開場 18:30開演

 
【大阪】オリックス劇場

2020年3月11日(水) 17:30開場 18:30開演

2020年3月12日(木) 17:30開場 18:30開演

 
【神奈川】パシフィコ横浜国立大ホール

2020年3月14日(土) 17:00開場 18:00開演

2020年3月15日(日) 16:00開場 17:00開演

 
≪券種・料金≫

全席指定 10,500円(税込)

 

JUNG YONG HWA JAPAN CONCERT 2020 “WELCOME TO THE Y’S CITY” -Special Encore Live-

≪会場・公演日時≫

【東京】東京国際フォーラム ホールA

2020年4月7日(火) 18:00開場 19:00開演

2020年4月8日(水) 18:00開場 19:00開演

≪券種・料金≫

全席指定 10,500円(税込)

 

≪BOICE JAPAN先行受付期間≫

お申込み期間:2020年2月7日(金) 18:00~2020年2月26日(水) 23:59

当選発表・入金受付期間:2020年2月29日(土) 18:00~3月9日(月) 23:59

 

ジョン・ヨンファ オフィシャルサイト
https://www.jungyonghwa.jp/

CNBLUEオフィシャルサイト
https://cnblue-official.jp/

ジョン・ヨンファ(from CNBLUE)ワーナーミュージック・ジャパンサイト
https://wmg.jp/yonghwa/

CNBLUEワーナーミュージック・ジャパンサイト
https://wmg.jp/cnblue/

 

 CNBLUE関連商品を購入する
 ジョン・ヨンファ(CNBLUE)関連記事を読む
 CNBLUE関連コラムを読む


特集