フリーワード検索

おすすめタグ

2020.01.29 04:01

​パク・シネ×チョン・ジョンソ主演、映画「CALL」3月公開決定

CALL

 

[韓国エンタメニュース]

過激で新鮮な企画で韓国映画界の注目を集めているミステリースリラー映画「CALL」が来る3月に公開決定、強烈なビジュアルが見られ映画リリースポスターを公開した。
 
2020年韓国映画界に新しいミステリースリラーの誕生を知らせる映画「CALL」が来る3月公開を決定し、映画リリースポスターを公開した。映画「CALL」は、過去と現在、お互いに違う時代を生きている2人の女性が一通の電話で繋がり、そこから繰り広げられる物語を描いたミステリースリラーだ。
 
過去と未来が電話一通で繋がり全ての事が変わるという新鮮な企画で出発した「CALL」は、緊張感溢れる予測不可なストーリー、個性あふれるキャラクター、感覚的ミザンセーヌまで既存のミステリースリラージャンルとは差別化された魅力を披露するよていだ。
 
それだけでなく、作品ごとに様々な魅力を見せる女優パク・シネが過去を変える女性ソヨンを演じ、韓国映画界のブルーチップとして浮上した女優チョン・ジョンソが未来を変えようとする女性ヨンスクを演じる。2人はこれまでのフィルモグラフィーでは見せることの無かった新しい演技を披露すると期待が高まっている。ここにキム・ソンリョン、イ・エル、パク・ホサンなどが合流し完成した最強のキャスティングラインナップで今年最も気になるミステリースリラーの誕生を予告した。
 
公開されたポスターは、過去と未来を変えようとする2人の女性ソヨン(パク・シネ)とヨンスク(チョン・ジョンソ)が対称をおなす姿に様々な印象が加わり目を引く。また、正体不明の線で繋がったまま違う所を見つめている2人の姿は、2人の関係に対する好奇心と緊張感をもたらす。
 
特に『電話が鳴ると全ての事が変わる』という文言が、過去と現在の時間が出会い全ての事が変わる2人の女性の運命を予告する。
 
このように新しいミステリースリラー映画「CALL」は、ジャンル的面白さと新鮮な魅力で今年上半期すべてを魅惑する予定だ。また韓国にて3月に公開される。

写真提供:NEW

 
韓国エンタメ・トレンド情報サイト KOARI

 映画「CALL」関連記事を読む

パク・シネ関連商品を購入する
パク・シネ関連記事を読む
パク・シネ関連コラムを読む


特集