フリーワード検索

おすすめタグ

2019.07.02 03:01

ジュノ(2PM)主演「妓房の郎子」スチールカット大放出!

ジュノ,2PM,チェ・グィファ,妓房の郎子
 
[韓国エンタメニュース]
 
 
韓国にて7月10日に封切りを控えたコメディ時代劇「妓房の郎子」が未公開スチールを大放出した。
 
今年の暑さを吹き飛ばす映画「妓房の郎子」は不景気の朝鮮、廃業危機の妓房を救うためイケメン郎子ホ・セクが朝鮮初の男性妓生(キーセン:朝鮮時代の芸者)になって繰り広げるコメディ時代劇。これまで様々なメディアを通じて広報映像および本編クリップが公開される度に映画がもたらす楽しさへの期待を集めてきた「妓房の郎子」が今度は笑い、ロマンス、ケミストリー、ドラマを垣間見せるスチールを大放出した。
 
まず、山の中を歩いているようだが走り回っているジュノ(2PM)、チェ・グィファのスチールは見るやいなや笑いを誘う。飛ぶように走るチェ・グィファが瞬間的に捕らえられたうえ、笑いを堪えることができない様子のジュノの表情は「妓房の郎子」の愉快な現場の雰囲気をそのまま伝えているようだ。それだけでなく、どこかに閉じこめられて深刻な表情で米俵をまとっているチェ・グィファとは違い、解脱したように笑っているジュノの姿は新しく斬新なコメディーを期待させている。
 
続いて、ジュノとチョン・ソミンが指きりをしながら恥ずかしがる雰囲気の後ろで目隠しをして座るチェ・グィファの様子は妙なバランスを取りながらどんなことが起きているのか好奇心を呼び起こす。
 
その反面ジュノ、チョン・ソミンのツーショットは見る者へ甘さを感じさせ、映画の二人が見せてくれるロマンスのへの期待を高めている。垣根を挟んでいるカット、月の光を受けながらじっと座っているシーンにも彼らの間に漂う切ない心がそのまま映し出されているようだ。
 
チョン・ソミン、コンミョン(5urprise)のカットは前のカットとは違い、多少真剣で緊張した雰囲気が目を引く。少し期待する表情でチョン・ソミンを見つめるコンミョンと宝石箱を持って困っている彼女の表情は重要なことが起きていることを暗示している。これは「妓房の郎子」のすべての人物が新たな局面を迎える重要なシーンの一つだ。
 
最後は自分の家と同じような“ヨンプンガク”の未来を憂えるイェ・ジウォンのシーン。妓房の安住者らしいカリスマを見せ、演技の経験を感じさせる。
 
ジュノ,2PM,チェ・グィファ,妓房の郎子,チョン・ソミン

ジュノ,2PM,チェ・グィファ,妓房の郎子,チョン・ソミン,コンミョン

ジュノ,2PM,チェ・グィファ,妓房の郎子,チョン・ソミン,イェ・ジウォン
 

 
このように映画の豊かな面白さとしっかりとした物語を垣間見ることができるスチールを大放出し、ウェルメイド時代劇としての面をアピールした「妓房の郎子」は韓国にて10日封切り予定だ。

写真提供: 映画「妓房の郎子」
 
 
韓国エンタメ総合情報サイトKOARI

a.cp_btnCTG {font-size: 124%;width: 300px; padding: 0.8em 0.8em;text-align: left;text-decoration: none; color: #ffffff; border: 2px solid #ff69b4; border-radius: 3px;display: block;transition: .4s;background: #ffc0cb;}a.cp_btnCTG:hover {background: #db7093;color: #fff;border: 2px solid #ffffff;}a.cp_btnCTG img{vertical-align: bottom;}

 

 

 

 

特集