フリーワード検索

おすすめタグ

2019.04.10 02:01

ソ・ジソブ、江原道(カンウォンド)山火事の被災地域児童に5千万ウォン寄付

ソ・ジソブ,SoJiSub,

[韓国エンタメニュース]
 
 
俳優のソ・ジソブが韓国・江原道(カンウォンド)の山火事被害地域の児童のために寄付をした。

今月9日、国際救護開発NGOグッドネーバーズは、俳優のソ・ジソブが江原道(カンウォンド)地域で発生した山火事により被害を受けた児童たちに向けて5千万ウォンを寄付したと明らかにした。
 
今月4日、江原道で発生した今回の山火事は日本海近くの山々まで被害が拡大した。 政府は山火事の発生地域である固城郡(コソングン)、束草市(ソクチョシ)、江陵市(カンルンシ)、東海市(トンヘシ)、麟蹄郡(インジェグン)一帯を特別災難地域に指定した。

ソ・ジソブが渡した今回の寄付金は、山火事被害地域内の児童のための住居復旧および心理治療支援に使われる予定だ。彼は2006年、韓国内の水害地域復旧のための後援金寄付を皮切りに、グッドネーバーズと共に継続的に善行を行っている。2017年と2018年には、韓国内低所得世帯の児童の支援や虐待被害児童の心理治療支援のために寄付金を渡しており、これを機に年間1千万ウォン以上の支援をする会員が対象となる特別会員の集まりであるグッドネーバーズ「ザ・ネーバーズクラブ」にも登録された。彼が2017年から今年までグッドネーバーズに渡した寄付金は総額2億ウォンに上る。
 
ソ・ジソブは「今回の山火事で大きな被害を受けた地域住民の役に立てば幸いだ。」とし「一日も早く被害復旧が行われ、子どもたちが明るい笑顔を取り戻し日常生活に戻れることを願う。」と明らかにした。
 
一方、グッドネーバーズは江原道(カンウォンド)山火事の被災地域の住民を対象に緊急に必要な物品を届けるなど緊急支援を進めている。 グッドネーバーズ江原(カンウォン)本部を中心に被害状況を持続的にモニタリングしており、今後は児童心理治療など追加の緊急支援も進める予定だ。
 
 
写真提供:51K
 

韓国エンタメ総合情報サイトKOARI
 

ソ・ジソブ関連商品を購入する
ソ・ジソブ関連記事を読む
ソ・ジソブ関連コラムを読む


特集