フリーワード検索

おすすめタグ

2016.08.19 11:29

「W」イ・ジョンソク&ハン・ヒョジュのロマンスブレーカーである真犯人の正体は?

イ・ジョンソク
 
[韓国エンタメニュース]

18日に放送されたMBC水木ドラマ「W」では、カン・チョル(イ・ジョンソク)の家族を殺した真犯人が10年ぶりに現れて宣戦布告をする姿が描かれた。

同日、ウェブ漫画の世界の中で真犯人はカン・チョルが所有する放送局Wチャンネルに侵入し、10人あまりの人たちに銃を乱射した後、カメラに向かって「カン・チョル、そこにいるのか?私の声が聞こえるか?」とカン・チョルに初めて顔を見せた。

さらに彼は「あまりにも探しているようだから私が来た。顔を見せてやろうと思って。10年以上私が現れずとても苦しかっただろう? 私もすごくつらかった。現れたかったけど方法がなくて」とし、「これが私だ。私の顔はどうだ?私はとても気に入っている。これからも会おう」と不気味な笑いを浮かべた後、現実世界に消えた。

その時刻、現実世界ではオ・ソンム(キム・ウィソン)の顔が消えるという状況が発生した。目、鼻、口が消えた彼の姿を発見した門下生パク・スボン(イ・シオン)は、衝撃的な彼の顔を見て気絶してしまった。

先立って、ウェブ漫画Wの作家オ・ソンムはカン・チョルが納得できる真犯人の顔に、自分自身を選んでいた。彼はスボンに「私でなければあいつが納得できるものか。カン・チョルが見た唯一の容疑者は私だからな」とし、真犯人の顔に自信を加えた。鋼鉄また、真犯人から恋人オ・ヨンジュ(ハン・ヒョジュ)を守るために別れを選び、彼女に対するすべての記憶を失った。

一方、自分も知らないうちにウェブ漫画の世界に引き込まれたオ・ヨンジュは、ニュースを通じて自分の父親が真犯人となったのを見て衝撃を受けた。また自分のことを覚えていないカン・チョルに残念さを感じた。

果たしてオ・ソンムは自分の顔を取り戻すことが出来るのか、またカン・チョルはオ・ヨンジュを思い出すことができるのかどうか、視聴者たちの関心を集めている。

「W」は毎週水木夜10時から放送中。

写真出処:「W」放送画面キャプチャ

韓国エンタメ総合情報サイトKOARI

「W」関連商品はこちら

「W」関連ニュースはこちら

 

特集