フリーワード検索

おすすめタグ

2016.01.05 10:36

[Photo] ファン・ジョンミンがカン・ドンウォンを絶賛!“絶対にもう一度共演したい”

 

4日午後、ソウル・アックジョンCGVにて映画「検事外伝」の制作報告会が行われ、イ・イルヒョン監督を始め、主演を務めたファン・ジョンミン、カン・ドンウォンが出席した。
 
今回が初共演となるファン・ジョンミンとカン・ドンウォン。この日ファン・ジョンミンはカン・ドンウォンと共演した印象について「とにかく素晴らしい俳優。台本の分析力も優れていて驚いた。明敏な人だと思う」とし、続けて「そのうえ顔もかっこいいし背も高い。短所が見つからない。あ、唯一あるとすれば牛肉が食べれないこと。豚肉ばかり食べる。でもそれも長所だ。ご飯を食べにいくと豚肉しか食べないから奢るとなると安くつく」と語った。加えて「今回、実際に二人のシーンが全体の30%程度とあまり多くなかったのでぜひもう一度共演したい」と、カン・ドンウォンを絶賛した。


殺人事件の犯人という汚名を着せられた検事ピョン・ジェウク役を演じたファン・ジョンミン


 

 

一方カン・ドンウォンは、今まで共演してきたキム・ユンソク、ソ・ガンホ、ハ・ジョンウなどのベテラン俳優たちに比べてファン・ジョンミンはどうかという質問に対し「過ぎ去った映画達は忘れていくタチなので…」としながらも、「(ファン・ジョンミンからの言葉に対して)もちろん光栄に思っています。僕の場合は皆さん先輩なのではっきりとした回答はちょっと…」と語り会場からは笑いが起こった。


ひょうきんで見栄っ張りな前科9犯のイケメン詐欺師ハン・チウォン役を演じたカン・ドンウォン


 

 
映画「検事外伝」は、殺人の汚名を着せられ逮捕された検事(ファン・ジョンミン)が、刑務所で出会った前科9犯のイケメン詐欺師(カン・ドンウォン)の容疑を明かして刑務所から出し、彼を動かしながら自身の汚名を晴らしていく犯罪コメディ映画。2月4日に韓国にて公開予定。
 
 
韓国エンタメ総合情報サイト KOARI


特集