フリーワード検索

おすすめタグ

2015.07.14 05:00

東方神起 チャンミン「夜を歩く士」の弓を射るシーンでカリスマ爆発

 

 

写真:コンテンツK

 

「夜を歩く士」のシム・チャンミン(東方神起)が、弓を射るシーンで王世孫のカリスマをみせる。

MBC水木ドラマ「夜を歩く士」(脚本:チャン・ヒョンジュ、演出:イ・ソンジュン、制作:コンテンツK)側は14日、劇中、世孫イ・シュン役を演じるチャンミンのスチールカットを公開した。

スチールの中、イ・ユンは的に向かって弓を射る準備をするところだが、その的に縛られた人の姿がうっすらと見えており、その理由が気になるところだ。これは自分のあとを追いかけていた間者を捕まえたユンの姿で、凡庸ではないカリスマを感じさせる。
さらにこのシーンでは、ユンが間者を厳しく取り調べながらまなざしだけで相手を圧迫し、彼の鋭さが伝わってくる。また、国王で祖父のヒョンジョ(イ・スンジェ)とユンが、間者を間において見つめ合う姿は、二人の間で流れる冷たい空気とともに緊張感を与える。

ドラマの制作陣は、「今回のスチールは、ユンの非凡なところが分かる場面だ。特にここでユンとヒョンジョが対立するシーンは、第3話の見所の一つでもあるので、ぜひ本番を楽しみにしていただきたい」と期待を寄せた。

イ・ジュンギ、イ・ユビ、シム・チャンミン、イ・スヒョク、キム・ソウン、チャン・ヒジン、イ・スンジェという超豪華キャストに、「コーヒープリンス1号店」を手がけたチャン・ヒョンジュ脚本家、「太陽を抱く月」「奇皇后」などヒット時代劇を演出したイ・ソンジュン監督がタッグを組んだ作品として今夏最高の話題作となっている「夜を歩く士」の第3話は、7月15日の夜10時、韓国のMBCチャンネルから放送される。

THE FACT JAPAN

 

 


特集