フリーワード検索

おすすめタグ

2015.07.13 02:20

[Photo]ソン・スンホン、生涯初の父親役にコメディ演技…“既存のイメージを壊したかった”

13日午前、ソウル・東大門MEGABOXにて映画「ミス・ワイフ」の制作報告会が行われ、カン・ヒョジン監督を始め主演を務めたオム・ジョンファとソン・スンホンが出席した。
 
本作品で生涯初の父親役を演じたソン・スンホン。「“お父さん”と呼ばれたのが初めてで正直ぎこちなかった」としながらも、「(前作の)『人間中毒(邦題:情愛中毒)』の時もそうだったが、自分の今までの既存のイメージを変えたかった。(今回演じた)ソンファンというキャラクターを演じなければ後悔していたと思う」と出演に至った経緯と自身が演じたキャラクターについての想いを語った。
 
また共演者のオム・ジョンファから「(ソン・スンホンは)結婚して娘が生まれたら完全に親バカになると思う」との発言が飛び出すと、ソン・スンホンは「僕には姪がいるが、やはりすごく可愛い。娘のほうが愛嬌があると思うので、結婚したら一人目は女の子がほしいと思っている」と語った。


ソン・スンホンと夫婦役を演じたオム・ジョンファ


 

 
「ミス・ワイフ」は成功したシングルの弁護士ヨヌ(オム・ジョンファ)が突然の事故により一晩で夫と二人の子供を持つ母になり一ヶ月間生活をしながら繰り広げられる愉快なストーリーを描いたコメディ映画。 劇中でソン・スンホンは家族が第一のごくごく平凡な父親ソンファン役を演じる。8月13日に韓国で公開予定。
 

 

韓国エンタメ総合情報サイト KOARI


特集