フリーワード検索

おすすめタグ

2015.05.08 06:00

LOVELYZ ソ・ジスのデマ流布者に罰金刑…所属事務所が立場を発表

 

LOVELYZのメンバーソ・ジス。|写真:Woollimエンターテインメント

 

ガールズグループLOVELYZのメンバーであるソ・ジス(21)と関連したデマをインターネットに流布したネットユーザーらに対して、罰金刑が宣告された。

LOVELYZの所属事務所であるWoollimエンターテインメントは8日、ソウル西部地方検察庁と水原地方検察庁の安山地庁が、ソ・ジスのデマに関する捜査の結果、被告訴人のA氏と未成年者のB氏を虚偽事実の流布でそれぞれ罰金刑略式起訴および少年保護事件として送致したと明らかにした。

昨年11月、LOVELYZのデビュー直前、あるネットユーザーは「ソ・ジスに性的暴力行為を受けた」と主張。彼女と同性愛関係だったと主張するネットユーザーらも登場し、その証拠として、ソ・ジスと過去SNS上で交わした会話や写真などを掲載し、波紋が広がった。

これに対して、当時Woollimエンターテインメントはソ・ジスのデビューを暫定的に延期した。

◆以下は、Woollimエンターテインメントの公式立場

当社Woollimの所属グループ、LOVELYZのメンバー ソ・ジスのインターネット上のデマに関連した捜査結果、下記のような事実を申し上げます。
ソウル西部地方検察庁と水原地方検察庁の安山地庁は、ソ・ジスのデマに関する捜査の結果、被告訴人A氏と未成年者のB氏を虚偽事実の流布でそれぞれ罰金刑略式起訴および少年保護事件と送致しました。
控訴状には「被告人は、被害者を誹謗する目的で情報通信網を利用して、公然と嘘の事実をさらけ出し、被害者の名誉を毀損した」と摘示しました。
これは単純な名誉毀損だけでなく、ソ・ジスと関連するインターネット上の噂は事実無根であり、一人の個人を誹謗する目的の虚偽事実として度を超える行為であることを法律的に確認した結果です。
長い苦痛の末、虚偽事実の流布と誹謗行為に対する今回の捜査の結果で、事件の終止符を打つことになり、当社は今後も所属アーティストのオン・オフライン上の事実と異なる悪質的な名誉毀損行為に対して厳重に対処する立場であることをお伝えします。
いつもLOVELYZの活動に多くの関心と声援を送ってくださるみなさまに、もう一度感謝を申し上げます。

THE FACT|チョン・ジニョン記者

 


特集